フェレットのしつけ方法【トイレ・噛み癖】

フェレットを既に飼育されていて、噛み癖やトイレのしつけに悩んでいる方に、今回はフェレットのしつけについていまとめました。

人間だけの間隔でしつけると、フェレットから信頼を失ってしまい、せっかく良い関係をを築いてきたことが台無しになってしまう可能性があります。

フェレットの生態をよく知ることで、信頼関係を維持したまましつけることができます。

今回はフェレットという生態にとって、一番ベストなしつけ方をお教えしていきます。

スポンサーリンク

フェレットが噛む理由

フェレットの中には噛み癖の強い子がいます。

噛むのは乱暴な性格のようにおもわれがちですが、フェレットの中には理由があって噛んでいることも少なくありません。

まずは、フェレットが噛む理由を知ることが大切です。

そのうえで、しつけをするようにしましょう。

子どものフェレットの場合

子どものフェレットの場合、じゃれついて噛むことがあります。

成長するにつれて落ち着いてきますが、こうした遊びも成長期には必要ですが、人の手を噛むことを習慣化させるのはいいことではありません。

乳歯が生え変わる生後6~8週には、歯がむず痒く噛むこともありますが、どちらの場合にもおもちゃを与えるなどして人の手を噛ませないようにします。

恐怖や不安

慣れていない環境で突然、体をつかまれたり、逃げだすことができな場合などには、身を守るために必死で噛みついてくることがあります。

焦らずに穏やかな気持ちでやさしく接するようにします。

一度噛まれると接するときに飼い主も「怖い」と感じてしまいますがこうした不安感はフェレットにも伝わります。

驚き

急にフェレットの体に触れたり、顔の前に手を差し出すとびっくりして、反射的に噛みつくことがあります。

こうしたこともフェレットの怖いと感じる体験になってしまうので注意が必要です。

体調が悪い

体に痛みがあったり、体調がすぐれないときには無理にかまおうとすると身を守ろうとして噛みついてくることがあります。

普段噛んだりしないフェレットが急に攻撃的になったときには、体調が悪い可能性もあります。

お腹が空いている

一度に与える食事の量が少なすぎたり、食事の間隔が空きすぎていると、噛んでくることがあります。

特にまだ子どものフェレットは一度にたくさんの量は食べられません。

頻繁に少量ずつ与える必要があります。

そのほかの理由

✔運動不足で欲求不満
✔遊びに夢中になっているのを邪魔されたとき

迎え入れたフェレットをまずはよく観察し、どのような状況のときに噛みついてくるのか知ることが大切です。

噛み癖を治すには、長い目で根気強く教えていくようにしましょう。

噛み癖を治すしつけ方法

1.噛まれたらそのタイミングで叱る

「噛む行動=ダメ」を結びつけなければあとから叱っても、フェレットには理解できません。

噛まれたタイミングで叱ることが大事です。

2.首筋をつかんで引き離し、目を合わせながら低い声で「ダメ」「いけない」など短い言葉で叱る(伝える)

すぐに噛まなくなるわけではありません。
抵抗して噛もうとする子もいますが、落ち着いてから放すようにします。

3.指などを噛まれたらフェレットの口奥にそのまま指をグッと押しこみ、それ以上噛めないようにする。

アグアグ噛めないとわかるとフェレットから静かに放してきます。

叱るときには、真剣な顔や声でしっかり伝えるようにしましょう。

遊んでいるときと、叱られているときの表情や声のトーンにギャップがあるほうが理解しやすく効果があります。

叱ったからと言って、すぐに覚えるわけではありません。

愛情をもって根気強く、教えることが大切です。

スポンサーリンク

噛み癖を治すときにやってはダメなこと

頭を叩いたり、鼻(フェレットの急所)をピンと弾くことはしない
痛い思いをすることで反射的に狂暴になってしまったり、恐怖心を余計に強くしてしまうことで、信頼関係を失って近づいてこなくなる場合があります。
名前を呼んで叱らない
フェレットの名前を呼びながら叱ると、「名前=嫌なこと」と覚えてしまいます。
おやつで釣って、噛むことをやめさせる
おやつで釣って噛むことを止めさせるのは、「噛めばおやつを貰える」と間違って覚えてしまいます。
叱ったあとに、おやつをあげる
叱ったあとにおやつを与えることも良くありません。おやつを使ったしつけは、名前を呼んだら来るようにするとき(ご褒美)などに使うようにします。

トイレのしつけ

フェレットは隅の方で排泄する習慣があります。

まずはケージ内でのトイレを教えていきます。

最初は大きめのトイレを用意し、慣れてきたらケージにあったトイレにしてあげましょう。

フェレットはトイレをするときに後ろに歩くという癖があるので、後ろ歩きをしたらトイレまで連れて行ってあげます。

寝起きのタイミングでトイレをする子が多いので、そのチャンスを逃さないようにトイレのしつけをするようにします。

うまく出来たら褒めてあげます。

始めのうちは、トイレ砂やトイレシーツに排泄物のにおいがわずかに残るようにしておきます。

もし粗相をしてしまっても叱らずに、ノーリアクションで掃除をします。

匂いが残っているとそこにまたしてしまうのでしっかり消臭するようにしましょう。

フェレットはキレイ好きです。

普段使っているトイレが汚れていると、そこを避けて粗相するようになるので排泄物は早めに処理するようにします。

ケージ内で覚えたらサークルなどの囲いを使って少しずつ行動範囲を増やしてあげ、いつでもトイレに行けるようにケージは開いたままにしておきます。

慣れてきたら部屋に放してあげます。

遊んでいるときも目を離さずに、後ろ歩きをしたらトイレに連れていってあげましょう。

名前を覚えさせる・名前を呼んだら来るようにする

フェレットに名前を覚えさせるしつけには、大好物のおやつを使うようにします。

一番のポイントは、「名前=良いこと・嬉しいこと・気持ちいいこと」と覚えてもらうことです。

おやつを与えるときには、常に「〇〇ちゃん、おやつだよ~」「〇〇くん、はい、おやつ」と声をかけるようにしましょう。

リラックスしているときなども、優しい声で名前を呼んであげましょう。

一緒に遊ぶ場合、ノリノリになっているときにはおもちゃを使って「おいで」と声をかけるようにしていきます。

部屋で遊ばせていて姿が見えなくなったときや危険なことをしそうになっているときなどに、呼び戻すことが容易になります。

ゲージ生活に慣らす

十分な運動を与えることはもちろんですが、狭いケージの中でも時間を過ごせるようにさせておくことも大切です。

無理にしつける必要はありません。

動物病院に入院することになったり、災害時に連れて避難する場合に少しでもストレスが軽減されるようにしておくといざというときに役立ちます。

「キャリーバッグ=病院」と苦手なものにさせないように、日ごろから寝床として扉をオープンにさせておいたり、キャリーバッグの中でおやつを与えたりしておきます。

ケージ以外の安心できる場所をつくっておきましょう。

まとめ

フェレットにも感情があるので、理由があって噛んでいることがほとんどです。

なぜ噛むのか理由を考えてあげ、その不満を取り除くようにしてあげましょう。

トイレのしつけなども含め、やはり感情のある生き物なので、よく話しかけコミュニケーションを取っていくことが大事です。

 



この記事が気に入ったらシェアしよう!