フェレット性格・寿命・種類・選び方・ファーム・病気など

スポンサーリンク




著者はフェレットを飼育しています。

今、新しく家に迎えるペットを探していて、フェレットなんてどうだろう…と思ったあなた。

今まで飼った事のないペットを初めて迎える時は、誰だってワクワクします。

でもフェレットと生活する事について、どれだけの事を知っていますか。

ペットショップの人は、「飼いやすい動物ですぐ慣れますよ」「トイレもすぐ覚えてくれて、しつけもしやすいですよ」とはいいますが、なかなかお店ではフェレットを飼う事についての難しさは聞かせてくれません。

私は今までにフェレットを3回、合計6匹飼育しましたが、とても優れた魅力と飼育のむつかしさを合わせ持ったペットだと感じました。

お迎えする前に、もう一度フェレット飼育時のメリット・デメリットをよく知って、あなたのライフスタイルに合った動物かどうかよく検討してみましょう。

この記事の内容はこんな感じ

フェレットの歴史

フェレットはヨーロッパケナガイタチをルーツとする動物で、現在のフェレットに野生種はいません。

完全な肉食動物で、とても賢くもの覚えがいいと言われています。

今から3000年前にはエジプトなどで飼われていたという記録があり、人類と長い歴史をともに歩んできました。

フェレットは昔、穴の中にいる獲物を追い出して狩りを助ける役割を果たしていました。

近年になってからは、航海時の大敵となるネズミ駆除にフェレットを乗せている船が多かったようです。

特性を生かし、細いパイプの中に電線を通す仕事をしていたフェレットたちもいました。

身体に紐をつけてパイプに入れ、反対側から呼ぶとフェレットが走ってきたところを抱き留めて、パイプに残った紐で電線を通します。

人になつき、しなやかな身体で細い穴の中を駆け回るのが好きなフェレットの性質をうまく使った仕事です。

イギリスでのミレニアムコンサートでは、ロンドンのグリニッジ公園での配線工事やダイアナ妃とチャールズ皇太子の結婚式の際にも、ロイヤルパークの配線工事で活躍しました。

現在はアメリカ合衆国やニュージランド、カナダ等にフェレットを繁殖させる大規模なファームがあります。

出身ファームごとにマーシャル、カナディアン、パスバレー、ミスティック、マウンテンビューなど、ファームの名称が冠されて販売されており、世界中にペットとして普及しています。

フェレットの体重・大きさ

メス 体重0.6~1kg 体長35~45cm
オス 体重1~2kg 体長40~50cm

オスのほうが大柄ですが、去勢手術をしているとがっちりした体型にはならないため性別による体重差はなくなります。

去勢避妊をしたフェレットの体重は一般的に0.8~1.2kg程度です。

手術をしていない場合には季節によって体重差があり、夏は冬より体重が40%ほど減ります。

フェレットの寿命

7~9歳と言われています。

4歳で高齢期にさしかかり、高齢期にはいるとグンと病気が増えるのも特徴です。

視力はあまり良くないですが、変わりに嗅覚と聴覚は発達していて、動体視力はある程度優れており、動くものに対して反応を示します。

フェレットの体の特徴

他の特徴としては歯が特徴的であり、フェレットは犬歯が発達しており、歯の本数は上下で36本あります。

内訳は(上顎:前歯6本、犬歯2本、小さな奥歯6本、大きな奥歯2本)、(下顎:前歯6本、犬歯2本、小さな奥歯8本、大きな奥歯2本)です。

体温は38℃で人間より高く、体温調整機能が未発達なため40℃を超えやすい動物です。(参照元:wikipedia

目は顔の正面よりやや外側についています。
左右それぞれに見える範囲は広く270度程度ありますが、高い場所から高さを判断するのは苦手です。
視力そのものはよくありません。
すぐれた聴力をもっていて高周波の音も聞き取れます。
生産ファームを示す刺青が耳に入っていることがあります。
四肢と指
短くしっかりした四肢を持ち指は前後とも5本あります。
鋭い爪は穴掘りをするのに適しています。
猫のように爪を引っ込めることはできません。
皮膚
皮膚は丈夫で首筋と肩の皮膚は厚みがあります。
フェレットの皮膚には皮脂腺が多く独特の体臭(麝香臭)を発します。
避妊去勢手術をしていないフェレットは繁殖シーズンになると皮脂の分泌量が増え、体臭が強くなり下毛が黄ばみ、被毛がべたつきます。
被毛
フェレットの被毛は、アンダーコートとガードヘアの二層になっています。
換毛期は年2回で、春には短めの夏毛に、秋には長めの冬毛に生え変わります。
冬毛の方が明るい毛色になるのが一般的です。

フェレットの肛門腺

フェレットの肛門の脇には、よく発達した肛門腺があります。

まだ若いフェレットなどは、恐怖を感じた時など匂いのきつい液を分泌します。

一般的に販売されているフェレットは、肛門腺除去手術を済ませています。

フェレットの毛色種類

よく見かける種類だけまとめました。

セーブル
もっともポピュラーな毛色です。上毛は濃い茶色で下毛は白からクリーム色。目の色は黒か濃いめの茶色で、鼻の色はこげ茶や茶色が基本です。アメリカから輸入されるものはヨーロッパに比べて全体に体色が薄い。
ブラックセーブル
上毛は艶のある艶のある黒色から黒に近い茶色。下毛は白色からクリーム色。目の色は黒か濃いめの茶色で鼻の色は主に黒です。全体に体色が濃く、顔まで黒い子は成体まで色を維持します。
ライトセーブル
上毛は濃い茶色から茶色。下毛は白からクリーム色。目の色は黒か濃いめの茶色で、鼻の色は茶色やベージュ色やピンクです。セーブルに比べるとやや淡いカラーになります。顔が真っ白になる個体が多いです。
シナモン
上毛はやや赤身の強い薄茶色で、独特な光沢があります。下毛は白からクリーム色。目の色は茶色やブドウ色で、鼻の色はピンクです。子供の時は、長毛部分の先端の色がシナモンパウダーに近い色をしていますが、成長してくると幼体期に比べ長毛部分が黒色になる個体が多いようです。
バタースコッチ
上毛は茶色からミルクチョコレート色。下毛は白からクリーム色。目の色はこげ茶からブドウ色で、鼻の色は主にピンクです。全体的には黄色みを帯びていますが、カラーの濃淡やパターンも豊富です。
シャンパン
上毛は小麦色(黄褐色)です。下毛は白からクリーム色。目の色は茶やブドウ色で、鼻の色はピンクです。ファームによって、ピンクゴールドやジンジャーとも呼ばれています。

参照元:koiwa-pet

まためずらしい品種に、目が黒くて体の毛は白いホワイトファー・ブラックアイ、毛が赤褐色でゴールデンレトリバーのような色をしたゴールデンなどという品種もいます。

しかし実際には、厳密にどのタイプともいいきれないような中間的な個体もたくさんいます。

フェレットの購入方法

まずは色々なフェレットを見て、それからどんなフェレットと暮らすのかを決めましょう。

お店を探す

最近ではフェレットも色々なペットショップで扱っていますが、品種フェレットやブランドフェレットなどいろいろなタイプを見るには、フェレット専門店か、フェレットをたくさん扱っている小動物の専門店に行くのがおすすめです。

もし近くにそういう専門的なペットショップがない場合には、小動物の雑誌やインターネットなどで調べてみましょう。

色々な品種を扱う専門店は、普通のフェレットよりも値段が高いブランドフェレットが多いのですが、フェレットフードやハンモック、おやつ、シャンプーなど色々な専門品も手に入ります。

また、飼育に関する知識や、フェレットを診てくれる獣医さんに関する情報、フェレット愛好会の入会手続きなど、フェレットに関する情報も豊富ですから、行っておいて損はありません。

ファームを選んで購入する

いま市場に出回っている9割のフェレットが、ファームで繁殖されています。

ファームとはフェレットが作られた繁殖場のことで、アメリカ合衆国やカナダ、ニュージーランドにあります。

フェレットが日本に上陸しはじめた当初、まだ避妊・去勢せれていなかったり、臭腺が付いたままのフェレットも輸入されていました。

これに対し当時、アメリカのマーシャル社だけが、避妊・去勢、臭腺除去、ワクチン接種、証明書(繁殖証明書)付きだったため、「スーパーフェレット」と呼ばれました。

その後、さまざまなファーム産のフェレットたちも避妊・去勢、臭腺除去、ワクチン接種済みになってきたため、これらの処置を施されたフェレット全般をスーパーフェレットと呼ぶようになったのです。

現在売られているフェレットは、避妊・去勢、臭腺除去されたスーパーフェレットであることが当たり前になりました。

さらに、ファームによる性格、体つきの違い、品種の違いなどでフェレットを選ぶことができます。

一部では、マーシャル社のフェレットは性格がおとなしく顔は丸顔、ヨーロッパ産はやや大柄でがっしりした体型、カナダ産は色々なカラーの子が多い、などと言われています。

ファームごとにさまざまな改良がなされて、現在のようにペットとして最適なフェレットが誕生し世界中で愛されています。

現在国内のペットショップで販売されているフェレットの9割以上は海外のファームから輸入されています。

ファームによって性質や特徴は少しづつ異なり、それが、それぞれの個性になっています。

マーシャルフェレット

アメリカニューヨーク州に本社を置き、世界唯一のペット用フェレットの専門会社。

日本国内でも成体・関連商品ともに圧倒的なシェアを誇っています。

✔生体の特徴

  1. 耳に入れ墨、背中にマイクロチップを埋め込んでいる。
  2. カラーバリエーションも年々増加している。
  3. 体は比較的細目な個体が多い。
  4. 性格は噛みぐせの少ないおとなしい子が多いといわれています。

パスバレーフェレット

マーシャル社に次いで人気が高いのがアメリカ東部のペンシルバニア州にあるパスバレーファーム。

「最高品質のフェレットとフード」をスローガンに掲げていて、マーシャル社の次に人気が高いです。

✔生体の特徴

  1. カラーバリエーションが豊富でしっかりとした体つきをしている。
  2. 顔が丸い個体が多い。
  3. ベビーのときは少し噛み癖がある。

カナディアンフェレット

カナダのバンクーバーにあるのがリアルカナディアン社。

しっかりとした体つきと耳の入れ墨が特徴。

✔生体の特徴

  1. がっちした骨太の体つきが特徴。
  2. カラーバリエーションが豊富。
  3. 少し噛み癖があるのでしつけが必要。

ミスティックフェレット

ニュージーランドの北島にあるのがミスティックフェレット。

お腹にファームマークの入れ墨があるのが特徴。

✔生体の特徴

  1. カラーバリエーションはあまり多くないが、少しずつ新カラー出てきている。
  2. 大きくなる個体が多い。
  3. ベビーのときは少し噛み癖があのでしつけが必要。

里親になる

フェレットも、犬猫同様里親になる選択肢もあります。

日本でも動物愛護の精神が高まりつつあり、新しいペットを迎えるにあたり保護団体や里親サイトを利用する方も増えています。

新しい命を増やすまえに、いま愛情を必要としているペットたちがたくさん待っています。

おとなにった状態から飼うという選択肢は、これまで生きてきた環境により性格も様々ですが、保護されている期間にある程度の性格も把握されているため飼いやすいなどのメリットもあります。

何万というお金を出して購入するより、殺される命やお迎えを待っている子を保護しませんか。

里親サイト:ペットのおうち

事情によりペットを飼えなくなってしまった飼い主や、ペットを保護している保護活動者などと、ペットを飼いたい(里親になりたい)と考えている方が交流できる場所が「ペットのおうち」です。

会員登録を行えば、すぐに里親募集情報の投稿、里親申し込み(里親応募)、コミュニティの利用が可能です。

健康なフェレットの選び方

抱っこされたとき、力強く暴れる子を選びましょう。

体全体にしっかりとした手応えがあって、重い感じのする子は健康な証拠。

持ったときに、小さくはないのに軽い感じのする子はやめましょう。

ポイント①

ひっくり返して、お腹からお尻をチェック。

お腹の皮膚がブルーになっているこはやめましょう。

原因は不明ですが、体調不良だと青くなってくるころがあります。

肛門のまわりにうんちがついている子も、下痢をしているので避けます。

ポイント②

産毛から大人の毛になるときと、春と秋には自然に抜け毛が多くなりますが、特定の場所だけハゲができている子は、皮膚病の恐れあり。

また、ケガをしていたり、イボや腫瘍がないか、皮膚をよくチェックしましょう。

ポイント③

爪の根元の皮がむけている子は避けます。

俗に「フェレットの水虫」といっていますが、伝染することがあるようで、

ポイント④

顔をよくみて、鼻水・涙・口臭がある子はやめておきましょう。

特に、鼻水や涙は、寝起きなら健康な子でも多少は出ますが、まわりの毛がベタッとしているときは慢性的に出ている証拠。

歯も黒ずんでいたり、曲がっていないかチェック。

ポイント⑤

性格も重要。

遊びたくて近づいてくる子がいいでしょう。

多少やんちゃでも、大人になれば落ち着きます。

逆にケージの奥に逃げていくようなシャイな子も、怖がりなので、いきなり噛み付くことも。

遊び好き、でもあまり噛まない子がベストです。

 

飼育するなら北海道では届け出が必要

北海道では、フェレット・プレーリードッグを特定移入動物として指定しています。

特定移入動物とは逃げ出して野生化することによって、在来種への危害や農業被害などが懸念される動物のことを指します。

特定移入動物の飼養について特定移入動物を飼い始めたときは、30日以内に届出をしなければなりません。(届出は無料)

北海道動物の愛護及び管理に関する条例の概要参考:
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/aigo/jyoureigaiyou.htm

もっと詳しくフェレットのことを知りたい方は↓

フェレットの種類・毛色・値段・歴史・身体特徴など

2018.03.11

自宅での飼育場所を考える

ケージは室内のできるだけ静かな場所に置きましょう。

直接日光に当てないように注意し、エアコンの風が直接当たらないようにすることも大切です。

ベランダは蚊によるフィラリアの危険があるので、避けるのが賢明です。

フェレットは寒さに強く暑さが苦手

フェレットは、ふさふさの毛皮を持っていますから、寒さには強い動物です。

よほどの寒冷地でなければ、室内で暖房なしで過ごせます。

ですから、冬場のケージの置き場所は、それほど頭を悩ませずに済みます。

問題は夏。

フェレットは暑さに弱いので、気温が30度近くになると、口を開いてハァハァ息が荒くなり、32℃くらいになると、体が伸び切って動かなくなります。

こうなると少々危険です。

特に生後一年未満の幼いフェレットは、高温には気をつけましょう。

春や秋、特に春の日差しは強く、気温は25℃ぐらいでも、直射日光にもとでは熱射病になることもあります。

人がちょっと涼しく感じるぐらいの気温、それがフェレットの適温です。

四季折々、日の当たらない涼しい場所にケージを置いてあげるといいでしょう。

フェレットの暑さ対策

暑さに弱いフェレットには、暑さ対策が必要です。

基本的には、人間がそばにいてやればそれほど心配はいりません。

人がいれば、扇風機やエアコンなどで暑さに対策するので、フェレットもそれで大丈夫です。

ただ、体を毛皮で覆われているフェレットは、人間のように体中から汗を出して体温を下げることができません。

風に当たるだけでは、少ししか涼しくなりません。

走り回った後のフェレットは、扇風機で涼むだけでは、体温を下げることができず、熱中症になって死んでしまうこともあります。

フェレットに合わせてエアコンを使用したり、暑い時間の散歩は避けます。

室内でも気温が35℃にもなるような日には、エアコンが必要です。

ずっと家に誰かがいるというのも難しいことなので、外出するときには、エアコンを28〜29℃ぐらに設定して出かけるようにしてください。

エアコンをつけていても、直射日光が当たるところでは、フェレットの体温は上昇します。

外出中に日の向きが変わって直射日光が当たらないように注意して、ケージの置き場所を決めましょう。

エアコン以外では、ペット用の暖房器具がおすすめです。

そのほかにも、保冷剤を応用したものや、ペット用の扇風機などもありますが、こういったタイプは、閉め切った室内ではそれほど有効ではありません。

風通しのよいところにケージを置いて、補助的に使用しましょう。

フェレットの性格

フェレットの魅力は、なんと言ってもその愛くるしさ。

外見だけではなく、実は愛情表現もとても豊かで多彩です。

とにかく遊ぶのが大好きで、毎朝ケージを開けたら元気に飛び出て来て、じゃれついて遊びをねだります。

雑種猫♂うに
ぼくと一緒にゃ〜

基本的にほとんどが従順で、頭もよいので、芸を仕込むと覚える子もいます。

人間や犬猫に物怖じせず、見知らぬ相手にも気軽に寄っていくフレンドリーな動物です。

初対面の相手でも平気にしていることも多く、べたべた執拗に甘えてくる動物ではありませんが、飼い主には特別な親しみをもって懐きます。

image07

ネコは子ネコの時は動くもの全てに好奇心旺盛で、ありとあらゆるものにじゃれつき、大人になると次第に気性が落ち着いてじゃれ遊びもほどほどになりますが、フェレットはその子ネコの時期が生涯続くような性格をしています。

抱きしめたら頬を舐めてくれるし、疲れたら膝の上やあなたの服の中に入って眠ります。

フェレットの性格によって適正もありますが、寝床を作ってやれば、毎晩一緒のベッドで眠る事も可能です。

フェレットは眠くなると、大好きな人に寄り添って寝る習性があり、フェレットの信頼関係が強くなればなるほど、フェレットからも豊かな愛情表現のプレゼントがあります。

鳴き方でわかるフェレットのきもち

フェレットは犬のように無駄吠えすることはありませんが、感情などは声にだして伝えることのできる動物です。

フェレットのきもち、体調などは鳴き声から判断することができます。

何か新しいものを見つけると背中を丸め「クックッ」と声をあげて遊びに誘い出す行動をみせることがあります。

興奮したときや警戒をしているときは「シューッ」と鳴いて後ずさりする行動をします。

驚いたり、怖いとき、痛いときには「キャ」「キューッ」という鳴き方をします。

鳴き声を聞き分けることで、フェレットが今どのような気持ちなのか参考にすることができます。

潜る習性と収集癖

フェレットは元々巣にもぐったり、物を集めたがる性質をもっています。

自分のねぐらに、お気に入りの物を隠してしまうことがあります。

餌などを隠して置くこともあるので、古くなっているものは処分するようにしましょう。

フェレットは、狭い空間や暗いところに潜り込むのが大好きです。

家の中で放して遊ばせる場合には、洗濯機や冷蔵庫、家具の裏などの危険な場所は前もってゲートを置くなど注意が必要です。

潜るためのトンネルやねぐらを作ってあげると良いでしょう。

噛癖

フェレットは噛癖もあります。

スポンジ系のものやコルク、ゴム製品など噛みちぎって遊び、それらを飲み込んで腸閉塞を起こしやすいので注意が必要です。

電気コードなども危険!ビニール袋などのカサカサした音には敏感で興味を示します。

お気に入りの場所にもっていき引きちぎっていたり、ビニール袋の取っ手部分が首に引っかかってしまうこともあるため、危ないものは置かない、片付けるが鉄則です。

他動物とフェレットは共存できるか

多くのフェレットは穏やかなでフレンドリーなため、犬猫といっしょに穏やかに生活することができますが、フェレットよりも小型の動物を飼う場合には、近づけないようにしましょう。

フェレットは完全な肉食動物で、狩猟・攻撃本能があるため、中には獲物として捕らえようとすることもあります。

犬と同居させる場合にも、フェレットの動きを獲物と勘違いし攻撃する犬種もいるため先住犬の性格を考慮するなど、やや注意が必要です。

フェレットのしつけについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

フェレットのしつけ方法【トイレ・噛み癖】

2018.02.22

フェレットの知能ってどのくらい?

飼った事ない人は、フェレットの大きさから判断して「モルモットやウサギと同じくらいの頭の良さかな?」なんて想像をしますが、飼った私の感想としては「ウサギの上、ネコの下」くらいです。

image03

自分の家族と、初対面の人間とはきちんと見分けますし、家族内でも相手によって対応は変わります。

例えば「お母さんとお兄ちゃんは甘えるとよく遊んでくれるからいつもじゃれるけど、お父さんとお姉ちゃんは遊んでくれないからたまにしかじゃれないでおこう」

くらいの事は、余裕で理解しているよう。

同じ家族でも、一緒に過ごす時間が長ければ長い人ほど、心を許してくれます。

飼っていてもこちらの事をどう思ってるのかわかりにくいペットでは味気ない、と思っている人には実に適していると言えます。

雑種猫♀キキ
ふ〜ん、そんな感情豊かななんて知らなかったにゃ〜

フェレットの生活習慣

フェレットには昼行性、夜行性に分かれるような性質がほとんどなく、犬のように朝晩決まった時間に散歩に行く等のケアは必要ありません。

フレブル♂承太郎
ぼくは散歩いかないとストレス溜まるからね!

もちろん1日に最低2時間はケージから出して部屋でたっぷり遊ばせてやる必要はありますが、その時間がたとえ朝と夜だろうが、昼と深夜になろうがあまり問題にはなりません。

帰宅してケージを開ければ、それが何時だろうと元気よく飛び出て来て「お帰りなさい!」とじゃれついてくれます。

image00

「今日は会社が遅出だったから午前中ずっと遊んで、明日は朝が早いから朝に30分だけ遊んで、深夜帰宅してから1時間半くらい遊ぶ」なんて忙しい一人暮らしの人の生活にも、フレキシブルに対応できる性質をしています。

都会で働き盛りの、単身アパート住まいの人にも飼うことができるペットです。

フェレットの抜け毛は少なめ

フェレットにも年2回の換毛期はありますが、ウサギやイヌほど派手には抜け替わりません。

こまめにブラッシングをして掃除機を毎日かけていれば、それほど抜け毛の多さには悩まされませんよ。

image05

フェレットはイタチの仲間で、泳ぎが得意で水陸両用生活をしていた名残で、毛が太く脂があり、水はけの良い構造をしています。

うさぎのように、綿毛のようなこまかいフワフワの毛がたっぷりあると、毛が部屋中を飛び回りますがフェレットの毛は重くてあまり飛びません。

うさぎ、ネコで喘息になる人でも、フェレット、犬だと大丈夫だという場合もあり、掃除も比較的楽ですよ。

雑種猫♀キキ
ママはいつもわたしの毛でくしゃみしてるにゃ〜ごめんにゃ♡

フェレット独特の臭いがある

フェレットはイタチ科の動物。

イタチ科の動物は、全て肛門の近くに臭腺という臭いを分泌する器官を持っていて、なわばりの主張や敵への威嚇時に臭いを発します。

フェレットにももちろん臭腺はありますが、全てのフェレットはペットショップに並ぶ前に臭腺と生殖器官を手術で除去されています。

それでもやはり独特の臭いを発し、どうしてもネコ、イヌ、ウサギよりは動物的な臭いのペットに分類されます。

image01

我家でのフェレットの臭い対策

こまめな掃除、2~3週間に一度のシャンプー、ハンモックやクッション、布類のこまめな洗濯などが挙げられますが、完全に無臭で飼うのは無理と思った方がよいでしょう。

フェレットの体臭は耳の中にたまる耳あかから来る臭いも強いので、耳掃除をこまめにする事も大事です。

初めて嗅いだ時は「臭いなあ」と思う事がほとんどですが、臭いが気になる人におすすめなのがカンファペット消臭スプレーです。

これは飼育している私が実際に使用していますが、ペットが舐めても安心なのに消臭効果&殺菌効果抜群です。

雑種猫♂うに
これはぼくたちも使ってるにゃ♡
フレブル♂承太郎
ぼくはいつも、うんち後はこれで拭いてもらってるわん!

食品大手の企業もこの消臭スプレーを導入しているそうで、信頼できる会社が開発しているものです。

※商品に関してはこちらの記事を参考にしてください。

かかりやすい病気の種類

インスリノーマの症状

インスリノーマとは、すい臓に腫瘍ができることで、生命に関わるような低血糖をひきおこす病気です。

一般的には中年(3歳)以降に多発します。

すい臓は、血糖値を下げる働きをするインスリンというホルモンを分泌して、常に血糖をコントロールしていますが、そのホルモンが必要以上に分泌されてしまうのがインスリノーマです。

逆に分泌がたりなくなる病気が糖尿病です。

フェレットのインスリノーマは、高齢のフェレットに一般的にみられる腫瘍性の病気で、完治は困難ですが、早期に発見できれば手術や内服薬にて一定期間良好に保つことができます。

初期症状は、よく観察すると、時々ボーッとしたり、視線が宙をさまよう感じみられます。

そのような状態の時は血糖値が低くなっているときですが、血糖値が上がるとまた自然に元に戻ります。

インスリノーマでは通常、食欲や元気は特に変化はありません。

よだれを流したり、口元を手で掻いたり、ふらつきがみられ、進行すると歩けなくなり、やがては昏睡状態におちいります。
昏睡状態におちいった時は、お湯で薄めたはちみつなどをなめさせて(なめない時は歯茎にすりこむ)至急に血糖値を上げなければ危険です。

リンパ腫の症状

リンパ腫は、血液中にある白血球の一つであるリンパ球が癌化する血液における癌の一種です。

高齢のフェレットによくみられ、病変の位置により症状が異なります。

一般的な症状は元気がない、食欲がない、体重が減るといった症状があらわれますが明確にわかりにくいため見逃すことも多く気づいた時には進行していたということも少なくありません。

フェレットの皮膚型リンパ腫症状例

✔リンパ節に出来た場合
リンパ節が大きく腫れあがりしこりとして気づくことがあります。

✔胸腔内にできた場合
肺を圧迫するため呼吸困難などを起こします。

✔腹腔内にできた場合
消化管を圧迫するため食欲不振になったり、下痢や便秘、排尿困難がみられます。

✔脊髄にできた場合
麻痺などの神経症状がでます。

リンパ腫は症状が出る周期と、収まる周期(寛解期)が周期的に起こります。

手術は行わず、抗がん剤による化学療法を行います。

副腎疾患の症状

フェレットの副腎疾患は「性ホルモンが必要以上に作られてしまう」ことが特徴です。

性ホルモンは発情をコントロールするホルモンです。

副腎疾患によって性ホルモン過剰になると、発情と同じような症状が現れます。

フェレットは飼う時点のほとんどが避妊・去勢手術済みなので、実際には本当に発情しているわけではありません。

性ホルモンには、いわゆる「女性ホルモン」と「男性ホルモン」がありますが、どちらが過剰になるかはそのフェレットにより異なります。

一般には、性別に関わらず、女性ホルモンである「エストロゲン」が過剰になるケースが多いとされています。

症状は貧血や排尿障害、脱毛やメスであれば外陰部の腫れなどが現れることがあります。

外陰部の腫れや貧血は特にメスに多く、排尿障害は特にオスに多いで、脱毛はどちらにもあらわれる症状の1つです。

中には検査で副腎に異常が確認されても、症状が現れないケースもあります。

副腎疾患は早期に発見し、早期に治療を始めることでうまく付き合っていけるケースも少なくありません。

若いフェレットの中にはしっぽだけが脱毛をしまう場合がありますが、副腎疾患ではないケースが多いともいわれています。

副腎疾患の治療には、内科療法・外科療法があります。

手術を適応できる条件を満たしている場合は、基本的に外科手術により副腎を摘出します。

内科治療では、副腎疾患の症状を軽減することができます。

もっと詳しく知りたい方は↓

フェレットがなりやすい病気一覧【症状・治療法・予防法】

2018.02.12

 

フェレットはどんな物を食べているの?

フェレットは肉食動物です。

ペットとして飼われているフェレットの中には野菜や果物が好きな個体もいますが主食は動物性たんぱく質が豊富な食べ物です。

消化管が短いため、植物質の食べ物を消化するのには適していません。

フェレット専用の総合栄養食を用いるのが望ましいでしょう。

フェレットが一日に必要な カロリーは約200~300Kcal/キロと言われています。

フードのメーカーによっても異なるので、しっかり栄養管理してあげることが大切です。

フェレットは5~10回ほどに分けて食べますが、えさ入れの中にはいつもドライフードが入っている状態を保ち、一日2~3回に分けて補充します。

Amazonで人気のあるフェレットのフードです↓

フェレットは餌の合間に水もよく飲み、一日におおよそ75~100mlの水を飲むと言われています。

特に夏場は脱水を起こさせないためにも水を切らさないよう注意が必要です。

生後3カ月未満のフェレットはドライフードをうまく食べてくれないこともあるため、この時期はフードをぬるま湯でふやかしてから与えましょう。

生後3カ月ぐらいからは、少しずつ固さに変化をもたせながらドライフードの割合を増やしていけば、いずれドライフードだけでも食べてくれるようになります。

こちらの記事もおすすめです↓

フェレットに危険な食べ物・おすすめフードとおやつ・餌の選び方・回数と量

2018.03.28

1ヶ月の飼育費用

1か月のおおよその飼育費用は、電気代やそのた雑費も含めると15,000円程度と考えておくと安心です。

食費

フェレット用のフードが販売されており食事の量に違いはあるので一概にはいえませんが、1か月おおよそ1000円から2000円程度です。

トイレシーツ・トイレ砂

感染病なども含め衛生的に考えるとこまめに変えてあげるのが良いでしょう。

1か月1000円かからない程度です。

電気代

室温は15~23℃程度、湿度は30~50%に保つようにします。

気温の変化に弱いのもフェレットの特徴で、特に夏はクーラーのつけっぱなしは必須で電気代がかかります。

地域によっては夏・冬、エアコンが欠かせません。

エアコンを使う時期には1か月10,000円ぐらいはみておきましょう。

ワクチンや予防接種の費用

フェレットは、年1回の予防接種やフィラリアの薬など季節による維持費も頭に入れておきたいポイントです。

予防接種費用:6,000円~10,000円

ジステンパー
ジステンパー感染症は急性あるいは亜急性に呼吸器、消化器、中枢神経系に症状が現れ、ときに致死的となる恐ろしい熱性疾患です。
ペットショップでの購入時に、すでにファーム(繁殖場)にてワクチン接種が1回済んでいます。
おうちに迎えてから2-3週間隔で2回注射を追加することが重要で、ワクチン接種歴が不明な場合も同様です。
その後は1年ごとに1回の追加接種を推奨しています。

フィラリア予防薬費用:1か月あたり500~1,000円程度、蚊のいるシーズンは毎月服用。

フィラリア予防薬
フィラリア症は犬糸状虫症ともいわれ、蚊の吸血で感染します。
ワンちゃんにとって非常に重要な病気ですが、フェレットさんにも感染することが知られています。
フェレットさんはワンちゃんに比べて身体が小さいこともあり、感染すると重症になりやすく、治療も難しい病気です。
予防法が確立されているので、しっかりと予防をすることが重要です。

健康診断内容とおおよその費用

フェレットの寿命は、犬猫よりも短く4歳ごろでシニアの年齢になります。

犬猫よりも速い段階でシニア期による病気もグンと増えてくるため、年に一度は健康診断をすることをオススメします。

健康診断では一般的に

✔体重測定
✔触診
✔血液検査
✔耳ダニ

などを調べます。

費用は内容にもよりますが、5,000~10,000円程度はみておきましょう。

身体の手入れやケア方法

フェレットは被毛を舐めて毛づくろいをするので、抜け毛が身体から落ちずについていると舐めとって飲み込んでしまいます。

その毛が胃にたまると毛球症になってしまい、抜け毛を取り除くために時々ブラッシングしてあげましょう。換毛期(春・秋)にはこまめにブラッシングし、専用のジェルを食べさせると便と一緒に毛が排出されます。

空気が乾燥しているときには静電気を防ぐために、グルーミングスプレーを使用しましょう。

冬場の手入れのコツ

冬の乾燥時期には被毛に埃がつきやすくなります。

そんなときに便利なグッズが、ペット用の舐めてもOKな拭き取りシートです。

シャンプーは必要?

フェレットは時々シャンプーをしますが、洗いすぎには注意しましょう。

本来フェレットには体を濡らす必要はありませんが、人間の生活環境の中では月1~2度程度で十分です。

シャンプーの頻度を増やすよりも、体を毎日拭いてあげたり普段いるねぐらやハンモックなどを取り換えてあげる方が負担にはなりません。

耳掃除は必須

フェレットは耳垢が溜まりやすい動物です。

耳の中を衛生的に保つため、汚れていたら週に1度を目安に耳掃除をしましょう。

イヤークリーナーを耳の中に垂らしすこし揉みこみます。

良く揉んで浮き上がった耳垢を、綿棒でかるく拭き取る程度で十分です。

嫌がる子も多いため、耳の奥まで綿棒を入れる必要はありません。

爪切り

フェレットの爪はかぎ爪で穴掘りをするのに適していますが、ペットとして飼われているフェレットは爪を研ぐ機会は少ないため定期的な爪切りは必要です。

月に一度を目安に、爪切りをします。

爪には欠陥が通っているので先端の尖っているところだけ切ります。

フェレットの体を保定する人と爪を切る人の二人係で行うのが安全ですがフェレットの大好物であるチューブ入りの栄養補助食品を使って切るのもおすすめです。

フェレットを仰向けに抱き、腹部に栄養補助食品を塗っておくととても熱心に舐めるのでその間に爪を切るという方法です。

フェレット飼育時の注意点

ここでは実際に飼育しているからこそ分かる、飼育の注意点をお教えします。

誤飲

フェレットはとにかく好奇心旺盛なので、とくに誤飲には気をつけましょう。

珍しいものを見つけたら匂いをかいで、口にくわえて噛んだり振り回したり放り投げたり…そんなところがとても愛らしいのですが、一番多い事故が部屋にある物の誤飲。

特にベビーフェレットは可愛い顔に似合わずたいへんな悪食で、フェレットの消化できない野菜や果物やお菓子も食べてしまうし、まさか食べるとは思わなかったような物を平気で食べます。

フェレットがよく誤飲するもの

どこの家にでも転がっているような物まで、無邪気に食べてしまいます。

消しゴム、粘土、クレヨン、石けん、耳せん、ウレタンスリッパ、人用の塗り薬、絵の具、ウェットティッシュ、靴下やタオルなどの柔らかい布

誤飲をすると消化できない物は細い腸で詰まり、腸閉塞になって開腹手術をする事になったり、手遅れになると死んでしまう事もよくあります。

フェレットの手術費などは、こちらを参考にしてください→早馬動物病院

脱走に注意

見た目よりもかなり細い隙間をくぐり抜ける事もできる骨の構造をしていて、思いもよらない事故につながります。

わずかに開いていた窓の隙間をすり抜けて高層階から落下してしまったり、機械の隙間に入り込んで出られなくなってしまったり。

私の知り合いの家では、稼働している洗濯機の内部に下側から入り込んでしまい、洗濯が終わってフタを開けたらフェレットが中で溺れてしまっていたそうです。

危険を及ぼす物は排除必須

フェレットを事故から救うには、フェレットに危険を及ぼす物をフェレットの届く範囲から徹底的に排除するしかありません。

消しゴムを食べているところをどんなに叱っても、フェレットに食べて良い物といけない物を教え込む事はできません。

フレブル♂承太郎
ぼくは猫じゃらし飲み込んだとき、手術して取り出したわん
雑種猫♀キキ
ほんとにぃにはばかにゃ(呆)

飼育時にはフェレットを安全に遊ばせる、広いスペースを確保しましょう。

物が散らかり放題のワンルームだったら、お迎えする前に徹底的に整理整頓をして、小さな隙間は全てふさいで下さい。

それが悲しい事故を少しでも減らす為に、私達飼い主ができる事です。 

まとめ

どんな動物でも長所と欠点はあり、そして同じ種類の動物だったとしても1匹1匹ぜんぜん違う性格をしています。

ここに挙げた長所と短所は代表的なもので、飼い主によってもそのフェレットによっても全然当てはまらない場合はあります。

「こう書いてあったけどうちの子は全然違うな…」「書いてなかったけどこんなに良い所がまだまだあるんじゃないか!」なんて、あなたなりのフェレットの魅力をどんどん発見してもらえるのが一番。

フェレットの1年は人間の7年。飛ぶように過ぎて行きます。

いっぱい一緒に過ごして、たくさんの良い所を見つけ、欠点をあなたの愛で補ってあげてくださいね。

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!