一人暮らしでフェレットって飼える?一人で飼うときの最低条件

スポンサーリンク




犬や猫、うさぎについで人気のあるペットと言われているフェレット。

今回は一人暮らしの方がフェレットを飼育する上で、一人暮らしに適している部分と注意しておきたいことをまとめました。

フェレットももちろん生き物なので、飼うならば責任をもって育る義務があり、飼う前によく生態について知っておく必要があります。

飼育前にこの記事を読んで「一人暮らしの自分でも飼えるのか?」を、検討してみてましょう!

一人暮らしに適している面

フェレットはよく眠る動物で、一日約16時間は眠ります。

短時間に激しく遊び、他の時間はぐっすりと眠るというサイクルです。

日中留守にする時間帯をフェレットの昼寝と休息時間にし、帰宅したら放し飼いにし掃除やコミュニケーションの時間を持ちます。

就寝時間に合わせて長い睡眠をとらせるなど、飼い主の時間帯に合わせて生活リズムをつくるようにしましょう。

散歩がないので忙しい人にも向いている

フェレットが散歩の必要があるかないかと聞かれたら「必要はない」動物です。

フェレットは室内で遊ばせるだけで十分な運動ができるので、忙しく散歩の時間が取れない人にもぴったりです。

本来夜行性だが人間の生活時間に合わせて生活できる

ペット用フェレットは、飼い主の生活時間に合わせることができるので一人暮らしでも相性の良い動物です。

ゲージのある場所を遮光カーテンで囲うなどして、明暗のリズムをきちんと作ることで、飼い主の都合にあわせて遊ぶ時間や休息の時間などを決めることができます。

一日の中に明るさと暗さを感じる時間をきちんとつくることはフェレットの体の生体リズムも正しく刻まれ健康にも良いことです。

抜け毛が少ない

フェレットは換毛期は春と秋の年に2回ありますが、、猫のように毛が抜けやすい類の動物ではありません。

なので時々のブラッシングで普段は十分ですが、換毛期にはいつもより多めのブラッシングが望ましです。

毛づくろいを自分でするため、抜け毛がそのまま体についていると飲み込んでしまい、抜け毛量が多い場合には毛球症になることもありますので、以下のようなジェルを舐めさせてあげると、便と一緒に排出されます。

一日最低1〜2時間は遊ぶ必要がある

一人遊びも好きですが、飼い主さんと遊ぶのも大好きなフェレット。

足にしがみついたり、甘噛みするのは遊びたいサインです。

特に小さいころは骨や筋肉を丈夫にするためにも、いろいろな動きをして遊ぶことが重要です。

よく寝るフェレットは、起きている時間はすごく短いですが、その分たっぷりと体を動かします。

とにかく起きている間は活動的なので、1日中ケージの中に閉じ込めているとストレスを抱えるようになります。

ストレスはフェレットの噛み癖につながったり、体調を悪くするなどの健康的にもよくありません。

できるだけ運動を兼ねて、一緒に遊ぶ時間を1~2時間程度を目安に作りましょう。

一人暮らしでは、帰宅後など放し飼いの時間にしてあげると掃除もしやすく、その間におもちゃや布を与えると一人でも楽しそうに遊んでくれます。

その姿にも癒されることでしょう。

フェレットの遊ばせ方

猫じゃらしやおもちゃを使って、フェレットの狩猟本能を満たしてあげましょう。

狭いトンネルに潜り込むのもフェレットの得意技です。

トンネルのおもちゃを用意する以外に、布の下に潜り込んで遊ばせるのもおすすめです。

メスのフェレットには10㎝ぐらいのぬいぐるみを与えてみましょう。

子供に見立てて巣に連れて帰る行動が見られます。

お母さんごっこをさせて、母性本能を満たしてあげましょう。

頭を使う遊び

フェレットの好奇心を満たす遊びもしましょう。

両手におやつを隠してどっちにあるか探させたり、新しいおもちゃの遊び方を考えさせることはとても良いことです。

ただの空き箱や紙袋もフェレットには探検ごっこの対象になります。

体を使う遊び

フェレットは寝ている時間が多く活動時間はそれほど多くはありませんが活動時間には十分に体を動かさせてあげましょう。

沢山運動してお腹を空かせて良い食事をとることは体を丈夫にするうえでとても大切です。

コミュニケーションを深める遊び

猫じゃらしで狩猟ごっこをしたり靴下やロープで引っ張りっこをして一緒に遊んだり、遊べる環境を作ってフェレットの遊びを見守りましょう。

フェレットが楽しんでいるときに側にいることで、一緒にいると楽しいと思ってもらえます。

アマゾンで人気のフェレット用おもちゃ

イタチ科の動物なので臭いがきつい

ペットを飼っていると、気になるのがにおいです。

フェレットは皮脂腺が多く、独特の体臭を発するため、特に一人暮らしのワンルームには注意が必要です。

シャンプーをすれば一時的ににおいは軽減されますが、完全に消すことはできません。

部屋の換気をまめにしたり、ハンモックを定期的に洗うなどしてにおいをこもらせないようにしましょう。

トイレやゲージも、掃除を怠れば当然匂います。

排泄の処理はこまめにし毎日簡単な掃除は欠かさずに、時々はゲージやトイレを丸ごと丸洗いし清潔に保つことが匂いの対処法になります。

部屋の消臭剤やフェレット用の匂い除去スプレー、空気清浄機を利用も軽減の効果があります。

おすすめの除菌&消臭スプレーはこちらの記事をどうぞ↓

犬猫ハムスターなどの臭い対策にはカンファペットがおすすめ

2017.01.04

病気がちで通院や入院などが多い

フェレットの寿命は、7~9歳ぐらいと言われています。

4歳で高齢期にさしかかり、高齢期にはいるとグンと病気が増えるのも特徴です。

その他に、フェレットに多いのが室内で放し飼いにしたときの事故やケガです。

✔排水溝や狭いところに侵入して窒息していた
✔走り回っているところを気づかづに踏んでしまった
✔おもちゃやリモコン、毒性のある観葉植物などの誤飲・誤食による事故
✔カーテンや高いところによじ登ろうとしての落下
✔電気コードをかじって感電

1か月の飼育費用は犬猫に比べかかりませんが、病気やケガによる通院入院が多いことは、飼う前に頭に入れておきたいポイントです。

フェレットがよくかかる病名や、治療費などをもっと詳しく知りたい方はこちら↓

フェレットの性格・特徴・病気・食事や寿命など

2018.01.12

飼育6年目!フェレットの病気予防法5つ

2015.05.26

フェレットを診れる病院があるか飼う前に確認

フェレットを飼うことを決めたら、近所にフェレットを診ることのできる動物病院を探しましょう。

動物病院自体を見つけることは簡単ですが、飼っている動物がフェレットとなると簡単にはいきません。

近所に動物病院があるからと安心せず、購入するペットショップに聞いてみたり、いくつかの動物病院に問い合わせをして「フェレットを診ることができるか」を確認する必要があります。

誤飲が多いので部屋は常に気を配る必要がある

フェレットは誤飲・誤食が非常に多い動物です。

特に好きなものはスポンジやゴムな噛み応えのあるものが好みです。

誤飲・誤食の多くは飼い主の注意で予防できます。

フェレットが好きな要注意異物リスト

放し飼いの時間を設ける場合には、離す前に危険なものがないかは十分にチェックしてから遊ばせましょう。

消しゴム、耳栓、イヤフォンの先端、リモコンのボタン、発砲スチロール、ビーチサンダル、ラバーサンダル、プラスチック製品、タオルなどの布類、ビニール袋

脱走をよくする

フェレットは脱走の名人です。

自分でゲージを開け逃げ出すこともあります。

気づかずに踏みつけてしまうなど、部屋の中で事故にあうことも少なくありません。

フェレットは帰巣本能がないのでいったん家の外に逃げ出してしまったら、帰ってくることはほとんど不可能です。

基本的なことを忘れずに脱走を未然に防ぐことが大切です。

フェレット専用のゲージを用意しましょう。

Amazonで一番売れているフェレットのゲージです↓

上記のゲージとよく一緒に売れている、高評価のフェレット用トイレです。

ケージ破りの対策としてナスカンを使用し、ケージをロックする方法もおすすめです。

ゲージから出して遊ばせる際には、窓に鍵がかかった状態でしまっているか、ドアが開いていないかを確認してから放しましょう。

なぜ脱走するのか?

好奇心に毛を纏わせた動物こそフェレットと言われるほど、好奇心旺盛のフェレットは飼い主と遊びたい一心で脱出を試みます。

一日の中で一緒に遊ぶ時間を持つようにしましょう。

心身ともに満足し脱走癖が軽減されます。

放し飼いにはしない

フェレットの死亡事故のほとんどは、室内で起きています。

一人暮らしの場合、留守にさせる時間も多いため不在の間中も放し飼いにするにはフェレットにとって危険がいっぱいです。

ゲージ半分、放し飼い半分といったようにしっかり分けて生活させましょう。

「ゲージ=フェレットの住処」としてしっかり環境をつくってあげることで、フェレットの持つ好奇心もゲージから出れたということで、十分に満たされます。

放し飼いだけの飼育の場合、部屋そのものが住処になってしまうため、部屋の外がフェレットの好奇心対象になってしまいます。

一人暮らしは特にフェレットの安全のためにもゲージ飼いにすることをおすすめします。

飼育経験者の記事はこちら↓

フェレット性格・特徴・飼育の注意点【飼育経験者談】

2016.08.10

電気代がかかる

ペット用フェレットの場合、室内で飼育されているので適温は24℃ぐらいです。

フェレットは温度調節が苦手なため、季節に合わせた環境をつくらなければなりません。

電気代がかかるのは夏場や梅雨時期、冬などの室内温度を調節する必要があるからです。

暑さ対策

平熱が38~40℃と高いフェレットは暑さには弱い動物です。

夏場は一日中エアコンをかけ、直射日光や外からの熱気で温度が上がる窓際にはゲージを近づけないなど注意が必要です。

室温が30℃を超えると命の危険もあります。

寒さ対策

暑さに比べてば寒さには強い方です。

あまりにも寒い日には体調を崩すこともあるのでゲージ下にパネルヒーターを置いたりエアコンをつけるなどして暖かくしてあげます。

湿気対策

フェレットは梅雨時期の湿気が大の苦手です。

高い気温と湿気で体調を崩しやすいので体調管理はしっかり行います。

部屋の理想的な湿度は40~65%です。

それ以上ある場合には、エアコンの除湿機能を利用し調整しましょう。

排出が多いので掃除はこまめに

他の動物よりも短腸のフェレットは、食べ物を摂取すると3時間から4時間で、排泄すると言われています。

もともとフェレットには決まった場所に排泄する、習性があり必ずと言っていいほど角になった部分をトイレにします。

毎回同じ場所に排泄するようにもなりますが、回数も多く匂いなどの衛生面からもこまめな掃除が必要です。

フェレットはきれい好きなのでトイレが汚れていると使わず他でしてしまうこともあります。

最低でも朝夕2回ぐらい排泄物をスコップなどでとり清潔を保ちましょう。

一人暮らしでフェレットを飼うための最低条件

毎日世話ができる
フェレットは他の動物にくらべ、飼いやすい動物ではありますが、健やかに飼うために、1日に遊ぶ時間をきちんと設け、ゲージやトイレなど毎日の掃除をできるかどうかが大事なポイントです。
収入が安定している
病気や事故によるケガの多いフェレットは、普段の出費はそう多くなくとも突然の出費がかかることがあります。
季節に合わせた環境を整えてあげることも生き物を飼ううえで必要なことなので収入が安定していることは最低限の条件になります。
空調設備が万全である
一人暮らしの部屋には色々なタイプがあります。
フェレットを飼うには空調設備が整っていることは必須条件です。
和室ではない
フェレットには穴掘りをする習性があります。
掘りまくって穴を開ける子もいれば何もしない子もいますが、穴掘りはしつけで直せるものではありません。
和室で畳やふすまがボロボロになることを考えると和室は不向きです。
ワンルームではない
シャンプーをしたり、ハンモックを交換したり、消臭剤などで臭いを軽減することはできます。
それでもフェレットはやはり臭うので、できればワンルームは避けた方がよいでしょう。
近所にフェレットを診れる病院がある
近くにフェレットを診てくれる病院がある フェレットを飼う際に一番先に確認したい条件です。
動物病院は沢山あっても、フェレットが得意ではない、または診療対象ではない動物病院は多くあります。
何かあった時に、すぐに見てもらうことのできる病院がきちんとあるかまずは確かめましょう。

まとめ

今回は一人暮らしでフェレットを飼うための注意点をご紹介しました。

睡眠時間やフェレットの性質、遊び時間や遊び方、フェレットの臭いは本当に大丈夫なのか、抜け毛ってあるの?トイレってどんな感じ?ワンルームでも飼えるのか?動物病院を選ぶコツや電気代のこと。etc..

最後に一人暮らしでフェレットを飼う際の最低限の条件チェックも載せました。

飼う前の参考にしてもらえれば幸いです。

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!