自宅で出来る犬の健康チェックと対策方法

愛犬には、健康で楽しく毎日を過ごしてもらいたいですよね。

そのためには動物病院での健康診断以外にも、日々の生活での健康チェックが重要となります。

スキンシップをとりながら愛犬の身体を観察する事は、病気の早期発見や予防だけでなく、犬にとっては、飼い主さんとの喜ばしいコミュニケーションになります。

今回は、いつくかチェック項目をお教えするので、ぜひ愛犬の健康管理に役立ててみてください。

毎日見るチェックポイント

一番大切なのは、普段との変化に気付く事が出来るかどうかです。

変化に気付く為には、普段の状態をきちんと把握しておかなければなりません。

たまにしか見ない獣医さんでは無く、毎日見てる飼い主さんだからこそ出来る事なので、しっかりチェックしましょう。

image01

食欲

食欲は健康のバロメーターなので、元気が無く食欲が全くない場合は、動物病院へ行きましょう。
引っ越しなどの生活環境が変化したことによるストレスから、食欲が無くなる場合もありますので、なるべくストレスを与えない工夫が必要となります。

排泄物

毎日のうんちやおしっこの色や量、においを把握しておきましょう。
血が混じっていたり、1日以上うんちが出なければ、動物病院へ相談して下さい。
成犬の一時的な下痢は様子見でも大丈夫ですが、体力のない幼犬や老犬の場合は、命にかかわりますので動物病院へ行きましょう。

呼吸

激しい運動をした後に、口を開けてハァハァするのは当然ですが、思い当たる節が無いのに息があがっていたり、口や鼻の色が悪くヒューヒューゼーゼーしていたら病気の疑いがあります。

高温になる場所にいて脱水症が疑われる場合は、体を冷やしてすぐに動物病院へ行きましょう。

歩き方

歩き方がおかしな場合は、足の痛みを我慢している事があります。
足に傷がある、肉球に何か刺さっているなどの外傷以外にも、骨や筋肉に異常がある場合もあります。足を引きずっていたり、血が出て腫れていたらすぐに動物病院へ連れて行って下さい。
犬は「痛い」と言えないので、飼い主さんの気付きが重要です。

行動

毎日の行動の変化には、加齢から来るものと病気の前兆となるものがあります。
普段より興奮しやすい、落ち着かない、よろけやすい、運動を嫌がるようになったなどの場合は様子を見たり、動物病院へ相談して下さい。
意識が低下していたり、痙攣を起こしていたら至急動物病院へ行きましょう。

飲水量

可能であれば、1日に与える量を決めておき、どれ位飲んだかを把握出来るようにしておきましょう。
あまりに飲み過ぎるようであれば、腎臓の異常や糖尿病など、様々な病気の可能性があるので、早期発見から治療を行えれば、病気の進行を遅らせる事ができます。

日頃のブラッシングやシャンプーの時に

犬の全身を触る時は、細かい部位をチェックするチャンスです。

信頼関係を築きながら、犬のボディチェックを行いましょう。

image02

皮膚や被毛

皮膚を痒がっていないか、湿疹の有無、フケや毛の状態、体臭の変化をチェックしましょう。

細菌が繁殖していたり、シャンプーが合わず炎症を起こしている場合は、獣医さんと相談して早めの対策が必要です。

お尻

うんちで汚れていないか、炎症が無いか、肛門線に分泌物が溜まってないかなどをチェックします。

お尻に違和感のある時は、床にお尻を擦り付けるような動作をするので、よく観察て下さい。

肛門線に分泌物が溜まっている場合はケアをしてあげましょう。

口、耳、目

口のチェックポイントは、歯石、におい、歯茎や舌の色です。

口腔内に異常があると食事を取りにくくなり、体重の減少などに繋がるので日常の歯磨きが大切です。

耳は、中をのぞいてにおい、傷、よごれなどをチェックします。

少しにおいがあり汚れていたら、洗浄液で耳を掃除してあげると、外耳炎の予防になります。

悪臭がしたり、犬が耳をかゆがっていたら、すでに外耳炎か他の病気になっている可能性があるので、動物病院へ行きましょう。

目は、左右を見比べてみたり、目やにの状態、目の色の変化、かゆがったり痛がっていないかを観察しましょう。

緑内障の疑いがあれば、すぐに動物病院へ行きましょう。

定期的に行うチェックポイント

1~2週間に1度はトータル的なチェックを行うと、より細やかな変化に気付く事が出来ます。

定期的に観察することで、病気の早期発見へと繋がる重要なポイントです。

image00

体重や体形

理想的な体重と体形を維持できるように、太りすぎや痩せ過ぎに注意しましょう。

食欲もあり元気はあるけれど、いつの間にか痩せていたり、急激な体重の変化があれば、動物病院へ相談しましょう。

胴体全体

胴体はしこりがないか、リンパ腺が腫れていないか、触ったときに痛がらないかなどがチェックポイントです。

普段と異なる箇所があれば、動物病院へ相談が必要となります。

毎日与えるドックフードは安心・安全なものを

人間同様、食は身体を作る基本となります。

となると、はやりコスト増しのために本来犬にとって必要のない炭水化物が豊富に使用されているもの、肉の原材料が怪しい・・・など、そういった不安のあるフードはおすすめできません。

でもドライフードにも様々な種類があり、どれがいいのか正直悩みますよね^^;

著者もしばらくフードジプシーでしたが、いまはこのドックフードに落ち着いています。

モグワンドックフードを選んだ理由

ヒューマングレード

ヒューマングレードとは、人が食べれるレベルの品質を使用したフードのことをいいます。
安値のフードには、腐敗間近のお肉が使用されていることがあり(もちろんすべてではありません)、安心できる品質のものを使用しています。

高タンパク・グレインフリー

犬は肉食に近い雑食の生き物です。

よって穀物の消化を苦手とし、その代わりにお肉が消化しやすい身体の構造をしており、本来犬は穀物を必要としません。

肉を主食としてきた、オオカミ由来の動物です。

コスト安な穀物を、かさ増しのために使用しているフードは市場にたくさん出回っていますので、私は必ず原材料を確認してから購入しています。

その点、このフードにはそういった品質の点で心配する必要がありませんので、安心して与えられます。

夏バテなどによる食欲不振がなくなった

毎年夏はバテて残すことが増えるのですが、このフードは素材そのままを凝縮し焼いた感じなので、香りが素材本来の匂いが(ややキツめ)犬にとっては食欲をそそられるようで、残すことがなくなりました。

定期購入すると割引される

食いつきが心配なら初回1袋→次回から定期購入ですると、お値段も10%〜20%お安くなり、毎月自動で届くサービスなので、都度注文する必要や切らしてしまうことがなく便利です。

愛犬を長生きさせたいならこのサプリメントがおすすめ

“犬の長生き”をコンセプトに、10年以上実績のあるサプリメント「犬康食ワン」。

すでにシニア突入したこにも、これからの老化対策としても◎。

犬のサプリと聞くと抵抗ある方もいるかもしれませんが、普段のご飯では摂りきれない栄養素がつまっており、健康でなるべく長生きしてほしい飼い主さんに、ぜひ毎日の食事に摂り入れることをおすすめします。

我家でも7,8歳ごろからサプリメントを積極的に与えており、天然成分である高級漢方からできているので安心して与えています。

とはいえ匂いはチーズ風味なので、漢方の匂いはしません。

食いつきもよくいつものフードに混ぜるだけなので、飼い主としてもお手軽で助かります^^;

まとめ

もし愛犬が病気になったとき、一番最初に気付いてあげられるのは飼い主さんです。

病気にいち早く気付き、早期治療を行えれば、犬と飼い主さんの負担も少なく済ませる事が可能となります。

健康チェックをしっかり行い、愛犬の健やかな生活を守っていきたいですね。

犬猫のプレミアムフードってどんなフード?にお答えします

2017.01.12

実はそのドックフード添加物だらけかも?!正しい選び方

2016.05.17

この記事が気に入ったらシェアしよう!