トイプードルの特徴・性格・病気・飼い方など

スポンサーリンク




くるくるとした巻き毛が愛らしいトイプードル。

カットの仕方によって色々な表情を楽しむことができ、最近ではテディーベアカットが人気を呼んでいるようです。

2017年人気犬種ランキングで1位のトイプードルは、町中でもよくみかけますよね。

トイプードルは頭が良く、小型犬の中でも躾やお手入れもしやすいことからとても人気の犬種で、毛も殆ど抜けませんので、抜け毛のお掃除も楽です。

これから家族に迎えたいと思っている方や、既に家族として迎えている方にもわかりやすく、もっとトイプードルの魅力や、性格、かかりやすい病気についてなど紹介してみたいと思います。

トイプードルの性格

多くの小型犬は、負けん気が強く吠え癖など出てしまうことが多いのですが、トイプードルの性格は温厚で、社交的なことから他の犬とのトラブルも少なく、すぐにお友達もできます。

飼い主には甘えん坊な一面も見せますが、それがまたかわいいです。

トイプードルの一番の利点とも言えるのがその賢さ。そのため躾もしやすく犬を飼うのが初めての方にも向いています。

その頭の良さからずるがしこい部分もあり、良いことも悪いことも覚えが早いと言うこと。

トイプードルの体重・大きさ・寿命

体重 雄・雌共に4kgまで
体高 雄・雌共に24cm~28cmまで
平均寿命  12歳~15歳

 

トイプードルの歴史

トイプードルの仲間には、一番大きなサイズのスタンダードプードル・ミディアムプードル・ミニチュアプードルなどがいます。

スタンダードプードルが小型化に改良され、トイプードルが誕生しました。

一般的に原産国はフランスの貴婦人に愛されていたことから、フランス原産と言われていますが、紀元前からプードルらしき犬がローマ皇帝の記念碑に彫られていることが報告されています。

ただ、この彫刻された犬がプードルの祖先であるかどうかは定かではありません。

また、中央アジアの説や南欧という説などもありはっきりとした記録はありませんが、ドイツ原産のバーベットが有力と言う説もあります。

毛色の種類

レッド・アプリコット・ホワイト・ブラック・ブルー・グレー・ブラウン・カフェオレ・クリーム・シルバーなどたくさんの毛色が存在します。

レッドやアプリコット、ブラウンはテディベアカットが一番似合う色として人気がありますが、他の毛色のトイプードルと比べて、協調性に欠けていると言われていて、躾が難しくなります。

ブラックは一番飼いやすい色で、服従心や賢さに優れていて、ホワイトは一番甘えん坊ですが、社交性に優れています。

シルバーの幼犬は黒い色をしていますが、成長に伴い美しいシルバーの被毛になります。ブラックやホワイトには劣りますが、他の犬種から比べるととても躾がしやすいです。

かかりやすい病気

白内障・緑内障

水晶体が白濁する白内障。

激しい痛みを伴う緑内障などが挙げられ、放っておくと失明の危険性があります。

てんかん

痙攣をしたり泡を吹いたりする発作が、数秒から数分続きます。発作が治まるといつもの状態が戻りますが、何度も繰り返すようであれば投薬が必要です。

副腎皮質機能亢進症

いわゆるクッシング症のことで、ホルモンのバランスが崩れたときに様々な症状が出ます。

膝蓋骨脱臼

小型犬に多く見られ、落下などによって発症します。

小型犬に置いては先天的な場合もあり、産まれたときから形成異常による物と、後天的な要素としては、ソファーやベッドなどから飛び降りて膝蓋骨脱臼になることが多いので、普段から気をつけましょう。

先天的難聴

トイプードルに多く見られる先天的な難聴。

トイプードルのMIX犬

チワワ×トイプードル=チワプー
トイプードルの賢さと、負けん気の強いチワワは、躾の面でも比較的しやすいと言えます。大きさは、チワワとトイプードルの中間くらいの大きさになります。
トイプードル×ポメラニアン=ポメプー
クルクルと巻き毛がかわいい被毛が特徴で、毛も抜けにくく賢い性格です。
トイプードル×シーズー=シープー
人懐こく、穏やかな性格で、誰からも愛される飼いやすいMIX犬。
トイプードル×ヨークシャー・テリア=ヨープー
ヨークシャー・テリアの勇敢で頑固な性格と利発なプードルのMIX犬。
トイプードル×マルチーズ=マルプー
軽くカールした被毛は、絹糸のようにしなやかですが、トリミングの必要があります。
トイプードル×ミニチュアダックスフンド=ダップー
ミニチュアダックスフンドの胴長で短足の容姿が現れることが多く、活発な性格です。
トイプードル×キャバリアキングチャールズスパニエル=キャバプー
キャバリアキングチャールズスパニエルの優雅な性格と、利発なトイプードルの性格を受け継いでおっとりとした性格です。
トイプードル×アメリカンコッカースパニエル=コッカプー
ちょうどどちらの特徴も捉えたMIX犬で、抜け我が少ないです。

トイプードルの飼育方法

トイプードルはとても賢い犬種ですが、躾の必要がないと言うことではありません。

幼犬の時にはどの犬種でも、人間と一緒に暮らしていくためのルールを学ばせなければいけません。

賢いとは、教えたことは他の犬種に比べ覚えるのが早いと言うことであり、しっかりと主従関係を築く必要はあります。

いくら覚えが早いと言っても、どんなに賢い犬でも、1回や2回教えただけで理解できることではありません。

同じことを何度も繰り返し教える根気も必要で、トイプードルが飼いやすいと言っても、どの犬種にも見られる甘噛みや吠えると言った行動が見られます。

幼犬の時にじゃれているつもりが、いつの間にかかみ癖となってしまうこともあります。

必要な運動量

運動量は家の中で活発に動き回って遊ぶようなら、十分に足りている場合もありますが、社会性を身につけるためにも、1日に2回10分~20分程度でも良いので、外の環境に馴染ませることが大切になります。

外では家族以外の人もたくさんいたり、他の犬にも出会いますので社会性が身につき、ストレス発散させることにも繋がりますので精神状態も安定します。

幼犬の時から色々な人に撫でてもらったり、他の犬との交流を交えながら、外の環境に慣らせることによって、社会性が身につき無駄吠えなどの問題行動を起こしにくくなります。

外の世界を知っておくのはだいじなことなんだわん!

躾の方法

子犬を迎えたら主従関係を家族一人一人がしっかり築くようにすることが大切で、ボディタッチによる躾が重要になります。

1.飼い主が床に足を伸ばした状態で座る

2.その上に子犬を仰向けにして寝かせ胸やおなかなど体全体を触る

3.特に犬は、口周りや足の先っぽに触られるのを嫌いますが、嫌がるところだからこそ慣らすことが必要です。

4.マズルを優しく両手で包み込むようにしてから、顔の形に添って後ろ方向へ撫でていきます。

5.これは、犬の口元へ手をさしのべたとき噛む行為をなくすことができます。

6.足先へのタッチは、爪切りなどケアの時に役立ちます。

参考動画

最初は嫌がるかもしれませんが、我慢させることが肝心で、こうした行動を毎日繰り返すことによって我慢をさせることを覚え、主従関係が成り立ちます。

かみ癖対策

乳歯が抜ける頃になると、小型犬に限らずどの犬でも甘噛み行動が見られ、この時にちゃんと躾をしないとかみ癖が付いてしまいます。

私たち人間は、親に叱られたり兄弟、友達などから遊びや喧嘩を通じて殴ると痛いと言うことを学んで育ちます。

犬の場合も同じように教育や経験を通じて学んでいくのですが、その段階に到達する前に親や兄弟と引き離されてしまうことによって、噛んだら相手が痛いと言うことを学ぶ機会がありません。

犬が噛んで、飼い主が叱っているつもりでもそれは遊んでくれているとしか理解していない場合があります。

体罰も遊んでくれているか、恐怖にしか感じることができず、根本的に相手が痛くて悲しい思いをしていると言うことが通じないため、治すことができないのです。

犬が痛いと感じたとき、「キャン!」と鳴きます。これは意思表示で相手に痛いことを伝えているのです。

噛まれたら犬にも分かるように、ジェスチャーを交え大げさに悲しいという表現をすることが大切。
そして、むやみに噛むことがいけないと押さえつけるのではなく、噛んで遊べるおもちゃなどを与えるようにしましょう。

それでも躾に不安がある場合は、ドッグトレーナーに相談したり、パピートレーニングに参加して、子犬同士のふれあいから学ぶこともひとつの方法です。

トイプードルの手入れ・ケア方法

トイプードルの手入れは、ブラッシングをこまめにしてあげてください。

シングルコートなのでスリッカーやコームなどを使用し、耳の掃除も大切で、定期的にイヤーローションを使って手入れをし、耳の中の毛を抜くことも忘れないようにしてください。

犬のトリミングを自宅でやる方法と必要アイテムを5選

2016.10.25

耳の掃除は慣れないとちょっと大変で、犬が動いてしまうと怪我の元にもなり、トリミングへ連れて行けばセットでしてくれるのでその方が安心できます。

サロンの費用

トイプードルはカットしてあげないと伸び続けてしまうので、定期的にトリミングへ連れて行く必要があります。

トリミングへ連れて行く頻度は、カットの仕方にもよりますが、およそ1ヶ月~1ヶ月半に1度くらいの割合で行うのが一般的のようです。

トイプードルのカットは、シャンプー・カット・爪切り・耳掃除・肛門線絞りなどがセットになっている場合が殆どで、地域やお店によって料金は異なりますが、6,000~9,000円位が相場になっています。

被毛に毛玉がある場合は別料金になります。

元トリミングスタッフが教える犬用サロンの選び方

2016.05.17

トイプードルの価格相場

トイプードルの価格相場は10万円~20万円ほどで、被毛の色でも違いがあります。

ブリーダーで購入する場合はもう少し高額になります。

飼う場合はブリーダー、ペットショップ、里親?

ブリーダーの方が高く設定されていますが、ペットショップは、店内で子犬を展示して売るのが目的なので、子犬が産まれた環境や、親が健康な個体なのかなどを把握していません。

ブリーダーへ直接見に行けば、どのような環境で産まれ育ち、親の様子も見ることができるので先天的な病気を持っているかなどの情報も得やすくなります。

✔里親サイトの選択肢

里親の施設にいる犬たちは、それぞれの事情があって新しい飼い主さん現れるのを待っています。

里親の施設にいる犬の殆どは成犬ですが、施設の管理者の方々から愛情を込めて管理され、新しい飼い主さんのところに引き取られてからもかわいがってもらえるように躾がされていることも多く、飼いやすいという利点があります。

特に初めて犬を飼う方や、小さなお子さんがいる家庭、自分の年齢が気になりだした方にお勧めです。

幼犬の時は、イタズラや躾の面で苦労される方々も多く見かけますが、成犬の場合は既にその段階から卒業していることも多いので、とても飼いやすいと思います。

トイプードルの里親募集サイトもありますので、一度検討してみては?1匹でも多くの犬たちが、自分だけを愛してくれる幸せな家庭に恵まれると嬉しいです。

ペットのおうち
http://www.pet-home.jp/dogs/cg_1089/

ジモティー
https://jmty.jp/all/pet-dog/g-1873

ペットの命
https://satooya.wancat.info/dog/toy-poodle

まとめ

トイプードルは、頭も良く抜け毛が殆どないことから飼いやすく、常に人気犬種の上位にランクインしています。

トイプードルの飼育を検討している方や、既に家族として迎えている方にも新しい発見に繋がる場として、トイプードルの魅力や飼育方法、かかりやすい病気についてまとめてみました。

これから飼う方はあらかじめ犬種について知っておくと、しつけや病気など対策をとることができ、既に飼っている方は特にかかりやすい病気に注目するといいでしょう。

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!