使いやすいおすすめの犬用歯ブラシ7選

スポンサーリンク

愛犬にはできるだけ長生きしてほしい!だから事前に防げる病気はとことん防ぎたい!そう思っている飼い主さんがほとんどだと思います。しかし意外と見落としがちな予防がひとつ・・・。それは、「歯磨き」です。
愛犬の歯磨きを怠ると、歯周病、口臭、歯の病気、そして内臓疾患につながる場合もあります。また、犬の歯の治療は全身麻酔が主流なので、麻酔による身体の負担や、治療費用の負担が重くのしかかります。
 

JOE
歯磨きって、たいせつだわん!
そこで、重要になってくるのが毎日の歯磨き。最近ではさまざまなデンタルケアグッズが出てきていますが、歯の内側・外側・隙間の汚れもしっかりと取ってくれる「歯ブラシ」が健康な歯を保つためには一番効果的です。
今回は、愛犬の歯の健康を守るために始めるデンタルケアでおすすめしたい犬用歯ブラシをご紹介します!

おすすめ犬用歯ブラシ シグワン

360℃型で角度を気にせず磨ける人気の犬用歯ブラシ。約2万本の超極細毛の柔らかい曲線ブラシで歯のすき間の汚れまでしっかり除去。歯磨き初心者や超小型犬ににおすすめです。

おすすめ犬用歯ブラシ PETKISSツインヘッド歯ブラシ

超極細毛ブラシ・波型スポンジブラシを備えたツインヘッド歯ブラシ。ツインヘッドブラシを使い分けて歯面とすき間、歯周ポケットの汚れをしっかりキャッチ!スポンジブラシは歯茎にやさしくフィットするので高齢犬におすすめ。

 

おすすめ犬用歯ブラシ コンボデジタルブラシ

力が強い大型犬向き!丈夫なヘッドやハンドルを備えた歯ブラシ。
歯茎マッサージ用の指ブラシとセットになっているため一石二鳥♪
両端には大小のブラシがついているので、用途に合わせて使い分けれます。

おすすめ犬用歯ブラシ 犬口ケア 

愛犬のタイプによってヘッドの大きさ・ブラシの堅さが選べる歯ブラシ。ヘッドの厚さも薄く、ブラシ部が柄に対して15℃傾斜しているので磨きやすい!基本のブラシの堅さは「ふつう」を、歯茎に触れると嫌がったり歯茎に炎症を起こしている愛犬には「やわらかい」ブラシをおすすめします。

おすすめ犬用歯ブラシ シズ公 ティースブラシ

使用部位に合わせてブラシを2種類の角度にセットできる歯ブラシ。
ブラシは交換式。ブラシサイズもコンパクトなので、歯の隅々までブラッシングできます。
柄部分は15℃傾斜で歯の表面に対して直角にブラシ毛をたてて磨くと効果的!

画像引用元:mind up  

おすすめ犬用歯ブラシ ミルクわん歯ブラシ

磨く向きは自由自在!抗菌作用もバッチリな360℃型歯ブラシ。ブラシにはミルク成分が配合されているので、唾液が出やすいと同時に唾液の抗菌作用で虫歯予防が期待できます。

画像引用元:http://www.petz-route.co.jp/ 

おすすめ犬用歯ブラシ 歯垢トルトル

0.07mmの超極細毛がぎっしり!コロコロするだけで歯垢除去や歯茎マッサージにもなる歯ブラシ。届きにくい奥歯もコンパクトなローラーで楽々お掃除できます。こすらないから出血もしにくくお口に優しい♪猫ちゃん用のもああります!

画像引用元:PEPPY

まとめ

いかがでしたか?たかが歯ブラシ・・・かもしれませんが、質感・形・機能など最近ではいろいろな種類のものが出回っています。犬それぞれの性格が異なるように、好きな歯ブラシのタイプも異なってくるでしょう。是非、愛犬と相性の良い歯ブラシを見つけてください。毎日の歯磨きで愛犬の歯の健康を守りましょう!

犬猫の安心&安全なオススメな歯磨き粉

2015.08.11

犬の歯磨きのやり方と必要性のまとめ5つ

2015.08.07

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!