【犬に靴を履かせるとこんなにメリットがある】おすすめ犬靴3選

スポンサーリンク




みなさんは靴を履いた犬に出会ったことはありますか。

「犬に靴?」と思う方も多いかと思いますが、実はおしゃれのために履いているというよりも、犬の肉球の保護を目的に履かせる方が多いのです。

肉球が怪我をしないように、一足持っていれば暑い夏の時期にアスファルトで火傷することも避けられますし、冷たい氷や雪によって凍傷の危険も避けられます。

散歩帰り、都度足を洗う手間も省け一石二鳥な犬の靴。

今回は既に定評のある、長く愛用できて作りがしっかりしている犬の靴を特集しました。

犬にも靴が必要なとき

上記にも触れたように、夏の時期はアスファルトはとても熱くなり50度以上になることもあります。

海で素足のまま砂の上を歩いた経験はありませんか?とてもじゃないけどゆっくりと歩けた物ではありません。

アスファルトも触ってみるとわかると思いますがとても高温になり、犬の肉球も悲鳴を上げてしまいます。

靴を履いていると分からないこともこのように考えると一目瞭然、冬の凍傷も同じ事がいえます。

他に、靴を履かせることによって滑りにくくする効果もあり、老犬は足腰が弱ってきているため滑りにくい靴を履かせることによって歩きやすくなります。

同じようにフローリングの部屋で元気よく走っている犬が、滑ってしまうのを目撃したことはありませんか?

滑ると言うことは怪我にも繋がりますので、未然に防ぐこともできます。

肉球を怪我しているときの保護や、怪我の防止、散歩時、足の汚れを防ぎ、危険な場所を歩かせるときには不可欠な存在とも言えます。

例えば災害時。割れたガラスが散乱する中、避難しなければならないときにあると便利!

我が家の犬も犬用の靴を持っているのですが、購入したきっかけは冬山登山するときに凍傷を避けるために購入しました。

川で泳がせるときにも使っています。川は海と違って石がゴロゴロしているため、爪が削れてしまい怪我してしまうからです。

富士登山の際にも使用し、愛犬を連れてアウトドアをするときにも活用しています。

そのため肉球に傷を付けてしまい、仕舞いには歩くことさえできなくなってしまうため、富士山のように溶岩がむき出しになっているところを歩かせるときには必要です。

他にも肉球を怪我しているときなどにも使っているので、一足持っていると便利ですよ^^

犬に靴を履かせるメリット

犬にとって情報をキャッチするためにも大切な肉球を守ることができること。

人間も足の裏を怪我してしまうと歩くのに困難です。犬にとっても肉球を怪我すると歩くのが嫌になってしまうので守ってあげることが大切。
靴を履かせることによって滑りにくくなり、老犬の歩行の手助けにもなります。またフローリングでの事故も防ぐことができます。

犬に靴を履かせるデメリット

性格にもよりますが、犬が靴を履いて歩く事に慣れていないため、最初に履かせたとき固まってしまい歩くことができなかったり、ピョンピョンと足を振り上げて変な歩き方になったりします。

初めて履いた靴が気になりなかなかいつも通り歩くことができません。

靴を履かせる日の目的がある場合は、前もって練習する必要があるかもしれません。

もう一つ大切なことは、長時間の使用は避けた方が良いです。

犬の体で唯一発汗機能があるのが肉球。

その肉球を靴が覆っているわけですから蒸れてしまいますので、肉球を痛める原因になります。

靴を履かせていても夏場のお散歩で利用するなら最小限の時間にしましょう。

土や芝生のある所まで使用し、高温になっていない場所に着いたら脱がせてあげると蒸れることなく快適に過ごせます。

靴を選ぶときの注意点と測り方

メーカーの採寸方法に従って、狂いが生じないようにきっちりと採寸してください。

小さすぎて爪が当たってしまっても、大きすぎて足が靴の中で遊ぶようでも歩きづらくなり、犬が靴に馴染めません。

オーダーメイドでない限りぴったりな靴になかなか出会えませんが、犬用の靴下もありますので調整もできますし、肉球と靴の摩擦も激減し、汗も吸い取ってくれるのでお勧めです。

足首のところで調整可能なマジックテープ仕様の靴を選ぶと、脱げにくくなります。

測り方はこのサイトが分かりやすく解説していますので、参考にどうぞ!

犬用靴 グリップトレックス

サイズもXXS-S~XLまで豊富に取り揃えてあり、色も鮮やかなブルーとレッドの他、シックなブラックがあります。

メッシュ仕様なので蒸れにくく、普段のお散歩から本格的なアウトドアまで様々な場面で活躍してくれます。

アウトドア専門メーカーが手がけた商品になっていますので、靴底も厚くなっているため、夏の暑いアスファルトや氷の上でも大活躍。

ベルト部分には、夜間でも安心な反射テープも付いています。

開口口も広く、足首のところがマジックテープ仕様になっていますので、フィット感も良く脱げにくく、汚れたら洗濯機や手洗いができますので、お手入れも簡単。

犬用靴 サミットトレックス

こちらの商品もサイズはXXS-S~XLまであります。

色はどこにいても目立つオレンジと落ち着いた色合いが素敵なグレーの2色から選ぶことができます。

こちらの商品は足首の上部まで覆う形になっていますので、コーギーやダックスフンドなど足の短い犬種には不向きです。

この靴の上にソックスが付いたことによって、靴の中に埃や砂利が入りにくくなっています。

靴底はラバーソール仕様になっていますので、柔らかく犬の動きに負担がかかりません。そのため普段の散歩などにも適した作りになっていて、反射テープも備わっているので夜間でも安心。

勿論、夏の火傷や冬の凍傷などから肉球を守り、瓦礫などの危険物からも守ってくれます。

こちらの商品も洗濯機または手洗いができますのでお手入れも簡単です。

犬用靴 アーバンウォーカー

サイズはXS~XLまで。
色はグレーのメッシュ生地に淡い黄色がアクセントとなった一色のみ。

特徴はとても柔らかな感触の生地で作られており、靴のことを知り尽くした、元ナイキ方がデザインしたという機能性抜群の商品です。

全体的にメッシュの生地を使っているため蒸れにくく、履き口も広く開口しますので履かせやすく脱がせやすい工夫がされています。

靴を購入するのが初めてという方にもお勧めになっています。

こちらの商品も夏の火傷や冬の凍傷、散歩の時には肉球を保護するために活躍してくれます。

手洗いの他、洗濯機でも洗うことができるのでお手入れも簡単です。

まとめ

いかがでしょうか。犬用の靴も人間同様に必要性を感じたことかと思います。

犬にとっても災害時や怪我したときの他にも、歩行の手助けをしてくれたり、怪我を未然に防ぐという効果があります。

こんな時にあったら良かったなと思う前に、日頃からひとつ用意してみてはいかがでしょうか。

犬猫自動給餌器のおすすめは?カメラ付きや特徴・値段まとめ

2017.09.27

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!