犬のマナーベルトって必要?【役割・必要性・注意点など】

犬の「マナーベルト」はご存知ですか。

ドライブしたり、ドッグランなどを使用する際に、付けているワンちゃんも多いかと思います。

しかし、まだ知らない飼い主さんも少なくないようなので、今回は「マナーベルト」とは何か、どういう時に必要かなどをご紹介します。

 

マナーベルトとは

犬のマーキングなどを防ぐために腰まわりに巻いて使用するアイテムです。

内側に給水シートや給水パットを内側に貼り、繰り返して使用するタイプと、使い捨て出来るタイプがあります。

マナーベルトはどんな役割をするの?

マーキング防止

犬のマーキングは、自分の縄張り意識からくるもので、様々な所にオシッコをかけて、自分の存在を他の犬にアピールする本能的な行動です。

名刺配りのような行動ですね。

特にオス犬がする行動ですが、未避妊のメス犬がすることもあります。

オス犬でも個体差があり、去勢手術の有無などでも左右されるようです。

普段のオシッコと、マーキングのオシッコは出る量が違うだけです。

しつけをしている犬であっても、本能的な行動なので避けられないこともあります。

そのため、マーキングしてほしくない場所ではマナーベルトはとても有効です。

交尾防止

マナーベルトは、交尾を防止する役割で使用できます。

去勢、避妊手術をしていてる場合は問題ありませんが、他の犬と接する場所ではトラブルを避けるためにもつけておくと安心です。

介護用品

シニア犬になると、尿漏れやトイレまで間に合わない、トイレの場所が分からないなどの理由で、汚してしまうこともあります。

マナーベルトをしておくと飼い主さんの介護の負担も多少ラクになるかもしれません。

マナーベルトはいつ使用するの?

マーキングしてほしくない場所、交尾してしまう可能性のある場所などで使用します。

  • ドッグラン
  • 公園
  • 車の中
  • 人の家
  • カフェやレストラン
  • 旅館やホテル
  • 犬が入ってもいい施設

マナーパンツ、おむつとの違い

マナーパンツは、お尻をすっぽり覆うパンツ型になっています。メス犬の生理中などにも使用するのでサニタリーパンツとも呼ばれています。

オス犬でも、マナーベルトよりマナーパンツの方がズレる心配がない、万が一ウンチをしてしまった場合もパンツだと安心などの理由で人気も高いようです。

また、おむつとの違いは吸収出来るオシッコの量です。

マナーベルトは、マーキングなどの少量のオシッコを想定しています。

排泄のオシッコの場合や、頻繁に交換できない長時間の使用の場合など、沢山オシッコが出る時にはおむつが安心ですね。

 

マナーベルトを使う際の注意点

サイズは合っているか

マナーベルトはマジックテープで装着できるようになっているものが多いですが、サイズが合わないと、漏れたり、身体にフィットせずに犬が嫌がったり、きつくて苦しかったりします。

腰回りやウエスト、お尻などの目安のサイズが記載されていると思うので、飼い犬のサイズをきちんと測ってから選びましょう。

まずは練習

犬も初めて装着する時には、驚いたり嫌がったり違和感を感じることもあります。

まずは自宅で、慣らしていく練習をしましょう。

あまりにも嫌がるようであれば無理矢理はせずに、また日にちを変えて少しずつゆっくりと慣らしていきましょう。

飼い主さんも付け方の練習にもなりますね。

マナーベルトを後ろに巻きすぎると、内股がこすれて、摩擦でかぶれたり切れてしまうので、装着後に歩き方やベルトに内股がこすれていないかなどチェックしてあげて下さい。

清潔に

マナーベルトが汚れたままでは、犬も気持ち悪いでしょうし、炎症を起こしたりかぶれる原因にもなります。

付けっぱなしにはせず、汚れていないかを度々チェックし、汚れていたら替えましょう。

お尻まわりの毛や皮膚などにも汚れが付いていたら、きれいに拭いてから交換しましょう。

常にマナーベルトの中は清潔な状態に。

皮膚の炎症や脱毛、かぶれなどの症状がみられた場合は動物病院で診てもらいましょう。

動物病院はどうやって決める?動物病院を選ぶ6つのポイント

2020.01.17

マナーベルトの商品紹介

ラディカ お出かけ 杢ロゴマナーベルト

可愛いマナーベルトですね。サイズは4種類です。

こちらはマナーベルトの内側にマナーパットなどを挟んで使うタイプです。

【素材】

前身頃綿100%
後身頃綿80%、ポリエステル20%
裏地綿50%、ポリエステル50%

【サイズ】

 ウエスト周りおなか幅腰測幅
24~31cm12cm9cm
29~36cm14.5cm10.5cm
34~41cm16cm11.5cm
LL39~46cm18.5cm13cm

 

 

 

マナーウェア 男の子用 Mサイズ 小~中型犬用

ユニ・チャーム ペットの使い捨てマナーベルトです。

お出かけ・お部屋でのマーキング・そそうに安心。洋服感覚のおしゃれなデザイン。

くるっと巻くだけスリムフィット形状で、やわらか全面通気シートで、ムレを防いでお肌さらさら。6時間分のおしっこを吸収しモレ安心。

こちらは男の子用としてベルトタイプになっていますが、パンツタイプは女の子用として販売されています。

こちらの商品はMサイズ42枚入りですが、サイズはSSS~Lの5種類、様々な枚数で販売されています。

サイズ適応胴まわり適応体重代表的な犬種(成犬時)
SSS 超小型犬用15~30cm1.5~3.0kgチワワ、ヨークシャーテリア、パピヨン、ミニチュアピンシャー、子犬など
SS 超小~小型犬用30~35cm2.5~4.0kgミニチュアダックス、トイプードル、チワワ、ヨークシャーテリア、パピヨン、ポメラニアン、マルチーズなど
S 小型犬用35~40cm3.5~6.0kgポメラニアン、ミニチュアダックス、トイプードル、シーズー、マルチーズなど
M 小~中型犬用40~45cm5.5~7.5kg豆柴、パグ、シーズー、ミニチュアシュナウザーなど
L 中型犬用45~50cm7.0~10.0kg柴犬、パグ、コーギー、ビーグル、フレンチブルドッグなど

※上記の表は目安です。愛犬の成長度合い、体型によりサイズが異なる場合があります。

 

OHBABYKA 犬用 マナーベルト マナーバンド オムツカバー 2点セット (M, MGNK0104)

オムツで排泄をケアしながら「安心して今まで通りの生活を続ける」ことをサポートする、「動きやすく」、「肌にやさしく」、「長時間モレ安心」のオス専用。

アメリカからのブランド「OHBABYKA」は、中国に生産工場を持つベビー商品のメーカーです。

こちらの商品はMサイズで2枚組です。洗い替えがあると便利ですね。

他のサイズ、色、デザインもあります。

サイズ胴回り
30~36cm
M34~40cm
42~50cm

ウェストはマジックテープで調節可能。

伸縮性のゴムが腰のラインにフィット。歩いても走ってもズレにくく、脱げにくい構造になっています。

 

マナーベルト内に装着するマナーパット

マナーベルトの中に装着する吸収用のマナーパッドをご紹介します。

マナーパッドを使用しなくてもいいマナーベルトでも、パッドを敷くことでより吸水性がアップします。

また、マナーパッドだけを捨てたり、洗えばいいので、手軽ですね。

使い捨てマナーベルトにはパッドは必要ありません。

P.one 男の子&女の子のためのマナーパッド S 45枚

Sサイズ45枚入りです。

おしっこを瞬間パワフル吸収。

愛犬の生理・マーキング・おもらし・介護のほか、お出かけ時のマナーなど、様々なシーンで大活躍です。

消臭シートと抗菌ポリマーの力でニオイ対策も安心。専用(別売)のマナーホルダーとの併用で衛生・経済的にご使用頂けます。

 

洗えるマナーパット (2枚入り) M

洗えて何度も使えるから経済的 マナーベルト用の替えパット。

現在お持ちの製品や生理パンツにもお勧めです。

こちらの商品はMサイズになります。サイズによって価格も変わります。

SS7×7cm
9×9cm
11×11cm
12×12cm

 

洗えるマナーパット (2枚入り) M

洗えるマナーパット (2枚入り) M

880円(05/30 20:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

マナーベルトで気持ちよく暮らしましょう

昔に比べ、犬と一緒に出かけられる場所、他の犬とコミュニケーションがとれる場所も増えましたね。

その分、トラブルも増えています。マナーを守ってお互いが気持ちよく過ごせるようにしたいものです。

マナーベルトはその一つだと思います。装着するだけで、周りの人の安心にも繋がりますね。

ドッグランやドッグカフェによっては装着をしないと利用できないところも増えてきています。

また、病気や介護の時にもとても便利です。いざという時に使えるように普段から慣らしておいても無駄ではないでしょう。

ぜひ、このような便利なグッズを利用して、愛犬との時間を楽しんでください。

 



この記事が気に入ったらシェアしよう!