歯ブラシ嫌いな犬におすすめの歯磨きガム9選

皆さんは、ペットのデンタルケアってどうしていますか?

動物が長生きするためには健康で丈夫な歯が欠かせません。

歯垢が放置されることによって起こる歯周病は、口内が腫れて歯が抜け落ちるだけでなく、歯周病菌が血液に侵入し心臓や肺、腎臓など臓器の病気を引き起こすこともある怖い病気です。

こうした歯周病を防ぐには、日ごろからこまめにペットのデンタルケアをすることが何よりも大切です。

とはいえ、犬や猫にとってマズル(口の周り)を触られるのは決して気持ちの良いものではありません。

歯磨きを嫌がる子は多く、ペットのデンタルケアに四苦八苦する飼い主も多いのが実情です。

そんなときにおすすめなのが歯磨きガムです。

歯磨きガムは、噛むことによって歯垢の付着を防いで唾液の分泌を促し、口内を清潔に保つデンタルケアグッズです。

犬や猫が噛みやすいよう計算されつくられているので、歯ブラシを使うよりペットと飼い主双方の負担が少ないのがメリットといえます。

今回は数ある歯磨きガムの中から特におすすめなものを9選ピックアップしました。

一緒にペットのデンタルケアについて考えていきましょう!

 

ペットキッス 食後の歯みがきガム

牛の皮からつくった国産の歯磨きガム。

一本一本が細かな繊維を束ねたブラッシング構造なので、噛むごとに歯垢を浮かせて落とします。

噛みごたえがあるのに硬すぎないので、ペットの歯が欠ける心配もありません。

 

犬歯磨き用 アキレススティック

保存料、着色料、発色剤、酸化防止剤を使わない無添加の歯磨きガム。

鳥のすじ肉を乾燥させた素朴なつくりで、素材そのものの味を楽しむことができます。

デンタルケアの他に、育ち盛りの子犬の栄養補給にも。生後6か月から食べることができます。

 

犬用グリニーズニュートロジャパン

米国の獣医師がその歯磨き効果を認定したというデンタルガム。

自然素材を使い総合栄養食として健康にも配慮されています。

また消化吸収に優れ、体重が気になる室内犬のためにカロリーにも気を配っています。※猫用もあります。

 

犬用デンティフェアリー 

生後3ヶ月の子犬から食べられる歯磨きガム。

犬歯を研究して開発されたギザギザのスティックが、どこから噛んでも歯の隙間にフィットしてしっかり歯垢を落としてくれます。

1日1,2本を目安にあげると良いそうです。

 

犬用歯みがきガム げきかみ

牛皮ベースの生地を何層も重ねた構造でこびりついた歯垢をしっかりと絡めとります。

生地には牛皮の他に細かい気泡と合わさったコラーゲン繊維が使われているので、噛みごたえの中に程よいしなやかさがあるのがポイント。

中型犬、大型犬でも食べやすいように太めにつくられています。

 

犬用 和の究み歯みがきガム

国産の米粉と豚皮を使った歯磨きガム。香料、着色料、保存料を使わず、無添加で体に優しく仕上げました。

豚皮にはコラーゲンが多く含まれているので、噛むことで歯ぐきを健康に保ってくれます。

超小型犬でも食べやすいように、一粒一粒が小さめにつくられています。

 

ゴン太の歯磨き専用ガム アパタイトカルシウム入り 

リンゴフラボノイド、ビタミンE、歯のための食品素材をいわれる「POs-ca」など口内を健康に保つ成分が多く配合されている歯磨きガム。

牛皮コラーゲンの細かい繊維が束ねられているので、歯の隙間やでこぼこにもしっかりフィットして歯垢を落とします。

中型犬、大型犬におすすめのLサイズ。

 

アイリスオーヤマ 骨型歯みがきガムミルク味

大きめのガムがたっぷり40本入ったお徳用サイズ。

天然の牛皮を使ったミルク風味のガムで、噛みごたえがあるのでストレス解消にもぴったり。

取り出しやすいボトル型収納なのも嬉しいですね。生後10ヶ月からあげることができます。

 

7歳からのやわらかタイプミルク味歯みがきガム 

 

まとめ

おすすめ歯磨きガム9選、いかがでしたか。

ストレスなく続けられるように、歯磨き効果だけでなく食べやすさや味などの嗜好性にこだわったガムも多くありましたね。

ペットのデンタルケアは飼い主の大切な仕事です。

大切なペットが健康な歯で長生きできるように、私たちも気を付けていきたいですね。

犬に安心&安全なオススメな歯磨き粉とやり方

2015.08.11

この記事が気に入ったらシェアしよう!