見逃さないで!猫からの愛情表現を4つにまとめてみた

スポンサーリンク




今では世界中で不動の人気ぶりを見せる猫。気まぐれで自分本位だけど甘え上手、そんなマイペースなところに夢中になってしまう人が続出中です。
愛くるしい顔も魅力のひとつですが、人間の様に喋ったり、表情がくるくる変わるわけでもないので、猫がどんな風に思っているのか少しわかりにくいですよね。

普段はそっけない様に見える猫でも、愛情たっぷりに「大好き」とアピールしていることを知っていましたか?いつ、どんな風に愛情表現をしてくれるかは、マイペースな猫次第。せっかく猫から愛情表現されているのに見逃してしまったら、もったいないですよね!

そこで今回は、猫が私たちに見せてくれる愛情表現を紹介します。この行動パターンが理解できたら、今まで以上に猫とのコミュニケーションが取れちゃいますね♡

1.
ゆっくり瞬きをする

猫は見知らぬ人や他の猫に遭遇した時、警戒心から瞬きせずにじっと相手を見つめます。逆にその猫があなたを見て、じっと凝視せずゆっくりと瞬きしたら、それは満足と愛情の表れ!

わたしたちからも猫に対して同様にゆっくり瞬きをし、どれぐらい長い間、この「ゆっくりとした瞬き合戦」をお互いにしていられるか、その時間によって愛情の程度がわかるそうですよ。

猫の愛情表現

2.
グルーミング

猫同士がお互いを舐めあい毛繕いをするグルーミング。これは猫同士でも信頼し合わないと行わないそうで、衛生的な理由だけでなくストレス緩和の意味もあるんです。
もしあなたが、猫を撫でた時に舐め返してくれた時には、あなたを家族の一員として認めているというサイン。最大の愛情表現だそう。ザラッとした舌は少し痛いけど、これを知ったら我慢しちゃいますよね!

猫の愛情表現

保護猫カフェに猫付きマンションなど保護猫との新しい関わり方

2016.03.25

猫が快適に過ごせる部屋の作り方

2016.03.22

猫に嫌われるひとってどんな人?好かれる秘訣4選

2015.07.20

3.
お腹をもみもみ

子猫は本能的に、お母さん猫のミルクがよく出るようにお腹をもみもみします。飼い猫のほとんどは、大きくなっても飼い主に対しては子猫気分のままでいることが多く、うとうとしたときや甘えたいとき、暖かくて柔らかいものに触れた時などに、お母さん猫の感触を思い出してもみもみをするのです。
もみもみをしている猫はとてもリラックスしていて、楽しい時を思い出し、幸せな気分になっているとか。もし猫がもみもみしてきたら、信頼している相手に送る愛情表現なのです。

猫の愛情表現

4.
反応がそっけない

猫は犬と違って、目に見えてわかる愛情表現をすることはなく、あなたとの信頼関係が深いほど、むしろそっけない態度をとります。これは鳴いてアピールしなくても、わかってくれていると考えているからです。
黙って膝の上に乗っていたり、あなたのあとをついてきたり、気がついたらいつも近くにいたりしたら、猫からの愛情表現。名前を呼んでも反応がそっけない、それでもちゃんとあなたのことを飼い主と思っているので安心してくださいね!

猫の愛情表現


まとめ

どうでしたか。このツンデレな愛情表現こそ、猫のいちばんの魅力♡猫からの愛情表現を理解して、ぜひ楽しい猫ライフを送ってくださいね!

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!