犬のアトピー性皮膚炎に悩んでいる飼い主におすすめのサプリメント

犬のアトピーは、実に全体の10%(10頭に1頭)はアトピー性皮膚炎があるといわれており、実はとても多いことが分かっています。

アトピーにかかってしまうと、飼い主さんのケアは必須になり、常に部屋と皮膚を清潔にし、あれこれと手間がかかりますが、愛犬も家族なので「少しでも楽になったらいいな・・・」と、試行錯誤している方も多いと思います。

何より痒そうな姿を見るのは、飼い主としては辛いですよね。。。

現在犬のアトピーは、多くの動物病院・獣医はステロイド治療を推奨していることろがほとんどですが、ステロイドはとても強い薬なので、身体に負担はかかり、ステロイド依存症になってしまったり、ステロイドの副作用反応がでる犬が多くいます。

アトピーとはとても根気のいるアレルギーで、“ステロイド投薬をしたからすぐに治る”ってことは稀です。そのほとんどが、完治させるまでにかなりの時間を要することがほとんど。

ステロイドで長い期間治療を続けると、ステロイド治療で怖い“リバウンド”という症状に陥ってしまう子もいます。
※リバウンドとは・・・ステロイドを長期連用した際にステロイドを塗る前よりアトピーが悪化すること。

よかれと思ってステロイド治療をがんばってしていたにも関わらず、リバウンドしてしまって悪化するのでは、本末転倒です。

飼い主としては、なるべくリバウンドや副作用の強いステロイドに頼ることなく、犬のアトピーを根本から治していきたいというのが本音だと思います。

そんな根本治療を目指す飼い主さんにおすすめしたいのが、自然素材の薬「漢方薬のサプリメント」です。

漢方の成分の多くは、植物の根や茎、葉などからつくられており、化学合成が主流の現代の薬(西洋薬)とくらべると、漢方薬は一般に効き目がおだやかで、それだけ副作用が少なく、からだにも優しい薬といえます。

今回紹介する犬のサプリメントは、ステロイド治療ではなく漢方で体質改善を目指す愛犬にピッタリなものになっていますので、犬のアトピーで悩まれている飼い主さんはぜひ参考にしてみてください。 

アトピー犬に多い胃腸の弱さは乳酸サプリを

まず漢方で治して行く前に見直していくことがいくつかありますが、その1つが胃腸改善です。

アトピーの改善には胃腸の改善が必要不可欠ですが、アトピーになる子の多くは元々胃腸が弱いか、ストレスや環境の変化で胃腸が弱くなった為にアトピーの症状が出てしまったりします。

そもそもアトピーとは免疫系が過剰に反応してしまってアトピーを引き起こしてしまうのですが、免疫系は活発過ぎても体に害があることが研究で分かっています。

その免疫の活性をコントロールしているのも腸内の善玉菌であり、免疫が反応しすぎないように、免疫細胞のバランスを調節してくれるのです。

JOE
すすごいやつなんだね!乳酸菌って!
KIKI
腸内環境を整えるとうんちも臭くなくなるのよ!

アトピー改善を目指していくのには、まず乳酸菌のチカラを借りて、アレルギーの原因となる免疫バランスの正常化を図りましょう。

漢方薬サプリメントが向いている犬って?

高齢犬

自然素材で作られた薬なので、ステロイドなど強い薬に耐えられないシニア犬に向いています。

皮膚が弱い犬種

紹介するサプリメントの漢方には、免疫を高めてくれる効果もあるので、以下の犬種を飼われているor生まれつき皮膚が弱い犬に向いています。

■柴犬
■シーズー
■ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア
■ゴールデン・レトリバー
■ラブラドール・レトリバー
■ミニチュア・ダックスフント
■フレンチ・ブルドック
■ビーグル
■トイ・プードル

虚弱体質(特に胃腸)

小さい頃から病気がちや、あまり体力のない愛犬には漢方薬の方が負担がありません。

ステロイドを試してもだめだった過去がある犬

ステロイドの治療が合わなかった場合、これはもう他の治療法を考えるしかありませんので、漢方をおすすめします。

ステロイド治療でリバウンドしたor副作用が強くでた

よかれと思ったステロイドが、結局悪化させてしまうことになってしまったら、もうステロイド治療は避け他の治療法に思い切って替えましょう。

犬の漢方サプリメント「犬康食・ワンプレミアム」の漢方はどんなの?

15年間の販売実績がある、とても信頼性の高いサプリメントです。

ステロイド治療にも内服薬があり飲ませるタイプもありますが、これは漢方なので副作用の面ではコチラのほうが安心できるといえます。

主に、様々な効果に役立つ3種類の漢方薬でできています。

漢方薬の種類と効果

霊芝・・・漢方薬の中でも貴重なサルノコシカケ科のキノコ。

霊芝の効果
・免疫の調整作用がある(上がり下がりともに)
・高血圧・低血圧を改善する
・花粉症やアトピー性皮膚炎など様々なアレルギー疾患に効果
・ガンを予防および抑制
・血流の流れをよくし血栓予防

エゾウコギエキス・・・中国で2000年ものあいだ利用されてきた漢方の薬草で、あの高麗人参と同じウコギ科の植物です。

エゾウコギエキスの効果
アレルギー(花粉症、じんましんなど)を抑制
・学習能力や記憶力を改善し、認知症予防に有効
・ストレスや緊張や精神的不安定を緩和する
・老化防止、運動能力や性機能の回復に作用

田七人参・・・ウコギ科トチバニンジン属の多年草で、根っこの部分が田七人参です。

田七人参の効果
・肉体の疲労回復を促進
・免疫力を高める効果
・老化による血流の改善
・心臓病を予防
・自律神経のバランスを整える

「犬康食・ワンプレミアム」の漢方サプリをおすすめる3つの理由

1アレルギー性皮膚炎に効く漢方が2種類含まれていること

エゾウコギエキスと霊芝がその役割を果たします。
漢方なのでステロイド治療の副作用やリバウンドの症状がでてしまった場合も、安心して与えられます。

2アトピーに重要な自律神経を整える田七人参が配合されていること。

アトピーには自律神経を整えることが重要であると言われています。(※自律神経とは・・・体の機能をコントロールするための神経)

その理由は、免疫機能を作るには腸の働きが大切ですが、自律神経が乱れると腸に大きな悪影響を与えてしまい、これが免疫機能の乱れ・低下につながり、アトピーやリバウンドを誘発・悪化させてしまいます。

自律神経の乱れることによって「交感神経と副交感神経のバランスも乱れ、本来なら休息・睡眠すべき時間にも交感神経が優位になって快眠できない」などといったことにつながります。

睡眠に大きな支障が出ると、心身の疲れが取れずにストレスが溜まるだけでなく、「睡眠中に行われるはずの肌のターンオーバーもうまくいかず、その結果、バリア機能が低下して外部刺激に弱くなる」という状態にもなってしまいます。

ストレスもバリア機能の低下もアトピーやリバウンドの誘発・悪化に大きく関わる要素なので、自律神経の乱れはアトピーと大きな関わりがあります。

獣医さんよっては、犬のアトピー治療に漢方薬を推奨する獣医もいます。ステロイド治療に抵抗がある方には、うってつけの漢方といえるでしょう。

「痒い」「かきたくてもかけない」のストレスにエゾウコギエキスが効果あり

ストレスや緊張、精神的不安定を緩和する効果のあるエゾウコギエキスです。

痒くて痒くてたまらないストレスは、言葉の喋れない愛犬であっても相当な負担がかかることは安易に想像がつきます。

そんな精神的な面にも効果があるサプリメントだったのですが、効果や効能を考えるとアトピー犬には向いているサプリメントといえます。

リバウンドや副作用で苦しんだ子に、ぜひ試してもらいたいサプリメントです。

与えるときの量は?

漢方の独特な匂いに配慮し、匂いはチーズ風味にするなど工夫がされています。
基本的にはいつものご飯に混ぜるだけなので、飼い主に負担がありません。

小型犬・・・1日1粒
中型犬・・・1日1〜2粒
大型犬・・・1日2粒

「犬康食・ワンプレミアム」の気になるお値段

お値段は今ならキャンペーン中で、
定価3,888円が今なら送料無料+2,570円+10日分のおまけつき!
かなりお買い得!1人3袋まで購入可能なようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!