猫用おすすめ爪とぎamazonランキング9選

スポンサーリンク

猫の爪とぎアイテムは、たくさんの種類があって迷ってしまうほど。爪への負担、置き場所、安全性、コストパフォーマンス、お洒落な見ため、などを考慮して、オススメしたい2016年Amazonで購入できるアイテムをご紹介します。

どうして猫は爪とぎをするの?

古くなった爪の外層を取り除くという、人間で言う爪切りのためというのはもちろんですが、その他にも理由があります。

爪で対象物に傷をつけることで肉球に存在する臭腺から発せられる自分の臭いを付け、縄張りを主張する
身体のストレッチのため
ストレス解消

どれも本能から来るものですので、爪とぎを止めさせることは出来ません。
大切な家具などを傷つけられないためにも、爪とぎを買っていつでもガリガリできるようにしておきましょう。

爪とぎ対策に必要なことは?

あなたの愛猫は、家や家具を傷つけるクセがありますか?
もしそうなら回避するために、正しい場所に設置し、愛猫が好んで爪をとぐアイテムを色々試して好みを見つけましょう。
種類は以下のように、様々なタイプがあります。

立てたときに30cm以上の高さがある
  猫は、横の広さよりも縦の高さがある方を好みます。爪をとぐときも然り。ある程度の高さがないと満足出来ないからです。

安定感がある
爪をといでいるときに揺れたり動いたりすると、愛猫は安心して爪とぎが出来ません。満足せずに壁に移行してしまいますので、安定感はしっかりと見極めましょう。

固すぎず柔らかくない
固すぎる爪とぎ板などを使用すると爪が割れてしまいます。一方、柔らかすぎだと、愛猫は満足出来ません。適度な堅さのものを選ぶと良いでしょう。

爪とぎアイテムを選ぶ際のポイントは?

それぞれの猫ちゃんによって、好みの爪とぎアイテムや設置場所というのは変わってきます。

どのアイテムも2000円前後とリーズナブルなので、いくつか購入して様子を見てみると良いかもしれません。

その際に大切なのが設置場所です。たとえアイテムは気に入っていたとしても設置場所がお気に召さなければ使用しないでしょうし、逆に、アイテムが気に入っていなかったとしても設置場所がしっくりくれば使用するようになるためです。

愛猫が家の中でリラックスしている場所はどこか、トイレはどこでしているか、高いところ・狭いところ・暗いところ・涼しいところなど、お気に入りの場所はあるかなど、その性格や嗜好をチェックしながら適宜配置換えなどをする必要があります。

基本的なこととしてトイレの付近は避け、愛猫がリラックスできる場所や縄張りを主張したいであろう場所(玄関など)に複数設置してあげると、家具や壁などを壊されずに済むと思います。

1位 どこでもツメとぎタワー

Sサイズでも高さが55cmと程よい高さ。
小型あるいは力の強くない猫ちゃんにオススメです。

2位 ガリガリサークル スクラッチャー

猫ちゃんがすっぽり丸くなってくつろげるサークル型の爪とぎ。素材は段ボールで、底面は硬質性、側面は軟質性になっています。

猫が興味を示さないときに、ふりかけるマタタビも付いています。

KIKI
キキもこれ使ってるにゃ♡

3位 ガリガリウォール

こちらは壁に沿って置くタイプの爪とぎなので、倒れる心配もありません。
高さも71cmと十分あります。

4位 ガリガリソファスクラッチャー インテリア 

インテリア性のあるお洒落なソファ型爪とぎです。

目が細かく固めの段ボールを使用しているので、研ぎカスが出にくくなっています。興味を示さないときに、ふりかけるマタタビ付きです。

5位 スクラッチ・アンド・レスト

からだにフィットするボウル型爪とぎ。

爪とぎだけではなく、上に乗ってリラックスする休憩場所としても使えます。

6位 どこでもツメとぎ お昼ねタワー

高さは15cm程度とそれほど高くはないのですが、上に飛び乗ってのの爪とぎ、おもちゃで遊びながら爪とぎ、様々な使い方が出来るアイテムです。

7位  ダストレス ネコの爪とぎスリム

特殊コーティングが施されたダンボールを使用しているので、かきクズが飛びにくい仕様になっています。

底面には、傷付け防止と滑り止め防止のゴム脚が付いているので、フローリングでも安心です。

8位 バリバリ ツリー

猫が大好きな段ボール素材でできたポール型の爪とぎです。爪とぎ部分が交換できるので経済的ですね。

9位 コーナーガード

壁や角っこでガリガリ・・・梁や柱、ソファや家具の角が好きな猫ちゃんにオススメなのがこちら。
角にぴったり置け、上部には見晴し台付きなので、愛猫の欲求不満といたずら防止に役立ちます。

番外編 猫つめとぎ ファンタジートンネル

ダンボール屋さんが作った、猫の爪とぎ用のファンタジートンネルです。

冒険好きな猫ちゃんは、暗いところに入るのも、トンネルをくぐるのも大好き。
その習性を利用して作られたのがこちらです。

段ボールで来ているのに丈夫で長持ちします。

まとめ

上述の通り、愛猫が爪とぎをするのは縄張り意識や自己ケアといったものが主な理由とされていますが、それをすることで、ストレス発散効果をもたらします。
ガリガリして爪もさっぱり、縄張りも主張できて、気持ちが良いのです。是非、愛猫のために、ランキングを参考に、爪とぎアイテムを検討して頂ければと思います。

猫に関連する記事はこちら↓

ミニチュア・ダックスフンドの特徴とオススメのドライフード

2016.05.04

殺処分反対!対策のうちの1つ「地域猫」って?

2016.04.21

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!