人気のスコティッシュフォールド【飼い方・性格・歴史・特徴】

スポンサーリンク




「あれ?耳がない?」と一見思ってしまうスコティッシュフォールドは、前方にペタリと折れた小さな耳が最大の特徴です。

まん丸いお顔に、まん丸な目、コロンとまるみを帯びた体。

その容姿に合わせたかのような、穏やかで優しい性格に魅了されるのも納得です。

今回はそんなスコティッシュフォールドの歴史や性格、特徴をご紹介しています。

CMにも起用されているスコティッシュフォールドですが、立ち耳タイプのスコティッシュの話にも触れています。

短毛や長毛のタイプや、毛色のパターンなども具体的に説明していきます。

「なぜ耳が折れているのか」「長毛もいるのか」「スコ座りってなに?」などのほかに、かかりやすい病気や手入れのしかたもご紹介しているので是非参考にしてもらえればと思います。

歴史

スコティッシュフォールドの名前の由来は、Scottish Fold(Scottish/スコットランド  Fold/折りたたむ)「スコットランドの折りたたまれたもの」という意味で、現在の折れ耳の猫「スコティッシュフォールド」の名前にそのまま由来しています。

最初に発見された折れ耳の猫は、1960年代にスコットランドのテイサイド州にある農場で産まれた「スージー」という名前の全身がホワイトでロングヘアの折れ耳の猫でした。

スージーの折れた耳は、いくら時がたっても治らず、1963年になると子供を複数産むようになりました。

当初はスージーも、スージーから産まれた折れ耳の子猫たちも、地元で興味を引くだけでした。

折れ耳を作出しようとする動きの始まり

地元の羊飼いウィリアム&メアリー・ロスは、スージーの産んだ子猫のうちの折れ耳の子猫を1匹を引き取り、スヌークスと名付け他の猫種と交配させました。

ブリティッシュ・ショートヘアと交配したメス猫は、今度はホワイトのオス猫を生み、「スノーボール」と名付けられたこの折れ耳の猫は、地元のショーに出陳され少しづつ注目を集めるようになりました。

1966年には、GCCF(イギリスの猫血統登録団体)に登録し、スノーボールを土台として「スコティッシュフォールド」を正式な猫種として確立させようとしました。

当初GCCFは、スコティッシュフォールドの品種確立に協力的でしたが、後に骨格の異常が続発したことから、1971年には一度この猫種の登録と繁殖を中止する決定を下しました。

遺伝子学者が注目しアメリカへ

やがて遺伝子学者がスコティッシュフォールドに注目し始めました。

イギリスでの繁殖することが、できなくなったロス夫妻は、1971年に何匹かのスコティッシュフォールドをマサチューセッツ州ニュートンヴィルの遺伝子学者ニール・トッドの元に送りました。

子孫の何匹かがアメリカに送られ、イギリスでのスコティッシュフォールドの繁殖はアメリカに代わり品種確立のために様々な研究と繁殖が行われました。

1970年代後半までに、交配の際にブリティッシュショートヘアもしくはアメリカンショートヘア、エキゾチックショートヘアなどとの交配を行うことで、スコティッシュフォールドの個性を維持しつつ、遺伝疾患の影響を小さくできると結論付けました。

スコティッシュフォールドの確立

1977年スコティッシュフォールドはようやく、CFA(世界最大の愛猫協会)に品種猫として認められるようになりました。

CFAは猫の品種改良により遺伝的な欠陥を排除した各種血統猫の健康促進を最大の目的としている世界最大の愛猫協会として活動する団体のため、ここでの成果は大変大きなものでした。

スコティッシュフォールドの現在

初代のメスの猫が、長毛の遺伝子を持っていたため、後の世代にもロングヘアのスコティッシュフォールドは発見されますがその発生確率はとても低いとされていて、今でもロングヘアのスコティッシュフォールドは、希少な種類となっています。

スコティッシュフォールドの繁殖において、折れ耳を発現させる遺伝子には骨格上の問題が起こることがあるので、繁殖には注意が必要とされています。

スコティッシュフォールドの健康上の問題については、今もなお注意深く考察されていて、度々そのことが議論になることもあります。

性格

スコティッシュホールドは、猫特有のツンツンした感じがなく、忠実な性質で知られ、ペットで飼う場合にはどのような家庭環境にも順応しやすく静かで愛情深い猫です。

穏やかで温和、のんびりとしていて犬やほかのペットとも仲良くなれるほか、人にもすぐに懐いてくれます。

初めて猫を飼う人やお子さんのいる家庭にもすんなり溶け込んで家族の一員にすぐになれます。

家に遊びに来た人に対しても警戒心がなく、わりとすぐに喉を鳴らしてすり寄っていく可愛らしい性格です。

鳴き声があまり大きくなく優しい鳴き方をするので、マンション暮らしにも最適です。

運動を好まない

運動自体あまり好むタイプではないので室内飼いしやすい猫です。

軟骨が変形しやすい病気を持っているので、過激な運動はさせないほうがよいでしょう。

決して全く運動しないわけではなく、遊ぶのは大好きなのでおもちゃなどを使って一緒に遊んであげると喜びます。

運動量が少ない分、食が細いので食事を残してもそんなに心配はいりません。

特徴

スコティッシュフォールドのスタンダードは、ボディの状態に最も重点をおいています。

次に耳→尾です。

短い尾やこわばりは、骨の異常を示しています。

フォールドのスタンダードではすべての面で健康で均等のとれた柔軟な猫が要求されています。

ボディー
中くらいのがっしりした背骨の線が柔軟なボディです。

頭部
短く広がった鼻を持つ丸い顔


先端の丸い折れ曲がった耳

「帽子をかぶせた」ように頭にべったりはりついており、小さくきちんと折りたたまれた耳が理想です。


大きくて丸い


ある程度の長さが必要


先細の長い尾が好まれる

スコティッシュフォールドは意外と触ってみると、がっしりした体格をしています。

長毛と短毛の二種類があります。

折れ耳の猫と立ち耳のスコティッシュがいます。

折れ耳にならなかった立ち耳タイプのスコティッシュは、一般の猫より小さい、三角形の耳を持ちます。

スコティッシュフォールドの独特の耳

フォールドの独特の耳は生まれつきのものですが、どれぐらい折れ曲がるかは、成長するまではっきりしていません。

この遺伝子の同型接合性に付随する骨格障害は子猫の時には現れずに、成長とともに異常が現れます。

成長するに従って耳が立つ子もいます。

折れ耳の発生確率

スコティッシュフォールドは突然変異種であり、折れ耳の発生確率は3割程度と言われています。

立ち耳のスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドの立ち耳タイプで、ストレートスコティッシュと言われています。

性格もスコティッシュフォールドと同じく穏やかで優しいです。

遺伝上の理由から折れ耳タイプを作出する交配に、なくてはならない存在です。

折れ耳のスコティッシュフォールドとは別の猫種として扱い、スコティッシュストレートという名前で公認している団体もあります。(TICA)

某モバイルCMに出演している「ふて猫」「ふてにゃん」は、春馬くんというお名前のスコティッシュフォールドの立ち耳タイプです。

スコティッシュ・フォールド(ロングヘア)

スコティッシュフォールドの多彩な被毛の色は猫種開発のために選ばれた、雑種を含む多くの猫との異種交配によるものです。

厚い被毛の長さは様々で、厚いラフ(襟毛)とふさふさな大きな尾がさらに魅力を加えるのが、ロングヘアのスコティッシュフォールドです。

スコの毛は、柔らかで厚みがあり、ビロードのような触り心地が特徴です。

長毛にいたっては、その分全体がふんわりとゴージャスな印象になります。

しっぽと首回りの毛はとくに長くなり、耳の曲がり具合によっては、耳が輪郭に溶け込んでしまい、まん丸の顔に見えます。

発生確率が低いので、そう多くみかけることはありません。

スコ座りとは

スコティッシュフォールドは、腰を抜かしたような独特の座り方をすることがあります。

他の猫でもこのような座り方をする猫はいます。

 

「おっさん座り」と呼ばれたりしている姿勢の座り方で、見た目にユニークな座り方です。

他猫種でこの通称「おっさん座り」はお腹や股などをグルーミングしたり、きれいに舐めるためです。

スコ座りとも呼ばれる姿勢ですが、スコティッシュの場合には、腰や股関節の形成不全のためこのような座り方ができるとされています。

一般の猫がするような両手両足を畳む、「香箱座り」を苦手とするスコティッシュフォールドも多くいるようです。

旅の友ノートン

アメリカ人の作家ピーター・ゲザースは、ペットであるスコティッシュホールドの「ノートン」との旅の様子を綴った三部作2009~2010年に出版し、この猫種んも人気を押し上げました。

スコティッシュの子猫を贈られたゲーザスは、あっという間に、スコティッシュホールドに魅了され猫マニアになります。

ノートンは主人と一緒に世界を旅し、長時間のフライトにも同伴しレストランでは横に座っていました。

書籍の出版で大変有名になったノートン16歳で亡くなったときには、ニューヨークタイムズに死亡の記事が掲載されたほどでした。

なりやすい病気

遺伝性骨軟骨異形成症

猫の骨軟骨異形成の主な原因は遺伝です。

骨軟骨異形成を発症していた猫を、優先的に交配されて作り出された猫種について骨軟骨異形成が遺伝によって引き継がれます。

耳折れが特徴の猫は、耳の軟骨の発達が不十分です。

また骨軟骨異形成だけではなく、尻尾や手足の未発達、関節の軟骨の異常などを引き起こすリスクが他の猫種に比べて高くなっているいわれています。

猫の骨軟骨異形成の治療については、対症療法が基本となります。

骨軟骨異形成が1つの原因となって、疾患や異常を引き起こしている場合には、その症状を緩和するための処置をします。

異常が見られるときには、早めに受診します。

その猫種のもつ遺伝的な疾患のリスクをしっかり理解し飼うことも大事なことです。

骨瘤

遺伝性骨軟骨異形成症と呼ばれる病気の1つで、スコティッシュフォールドが多くかかりやすい病気です。

 

耳が折れていて尻尾が太く短い猫に、後ろ足に骨瘤(こつりゅう)と言われる骨でできた瘤ができる可能性が高いと言われています

骨瘤ができてしまった猫は、後ろ足の足根関節(踵の関節)に痛みが出て痛みによってないたり、歩くのを嫌がったり、ジャンプができなくなったりします。

この骨軟骨異形成症は優性遺伝であることが知られていて、折れ耳の猫同士の交配で重度に罹患するリスクが高まるとされています。

この病気の遺伝子を持っている猫は、若齢(生後3ヵ月~2年くらいの間)に発症し骨瘤ができてくる可能性があります。

骨瘤が重度でなくても、後ろ肢が軽度の関節炎になり跛行がみられることも多いです。

治療法は遺伝病である為、根本的な治療は難しく起こっている症状に対しての対処療法になります。

痛み止めやサプリメントによる内科療法、足根の関節を固定し安定化することで痛みを軽減する外科的な治療などがあります。

骨にコブのようなものが見つかったり、触られるのを嫌がる場所があったり、痛みを訴えるようなそぶりがあれば、すぐ動物病院へ連れて行きましょう。

※骨の変形について

骨の変形は成長期に起こり、成長期を過ぎれば変形は止まりますが、元に戻ることはありません。
症状は、折れ耳同士で交配させると高確率で発症します。
折れ耳同士でなくても出ることはありますが、折れ耳同士の比ではありません。

 

肥大型心筋症

遺伝性疾患は内臓に疾患を抱えていることも多いです。

内臓疾患は、外見から見抜くことはできません。

成長していくうちに症状が現れるので、飼い主が気づいて発見に至ることがほとんどです。

肥大型心筋症は、心臓の筋肉が内側に向かって厚くなり、心室が狭くなってしまうことで体に十分な血液を送ることが出来なくなってしまう病気です。

体に十分な血液を送ることが出来なくなるので、体はバランスをとるために心拍数を上げたり、血圧を上げたりします。

初期の段階では、目に見える症状はほぼありません。

代表的な症状

✔少しの運動で呼吸が荒くなってあまり動かない、呼吸困難が起きる
✔歩き方がおかしくなり、立てなくなる
✔歩くときなど痛がる

心臓の動きが悪くなると、血液の流れも悪くなり、血管や心臓の中で血液が固まって「血栓」となり、体のどこかの動脈に詰まって、塞栓症を起こします。

詰まる場所によって症状は様々ですが、特に多いのは、後ろ脚へ向かう動脈に血栓がつまり、急に麻痺がおこり、痛みが強く出る症状です。

大声を出して騒いだり、肉球が青かったり白かったりします。

この時、場合によっては死に至ることもあります。

いつもと違う場所におしっこをもらしたり、体の動かし方がおかしい場合にも注意が必要です。

多発性嚢胞腎

ゆっくりと進行する、一度起きてしまうと元に戻らない、遺伝性の腎臓の病気です。

徐々に進行し最終的には、多発性嚢胞腎は腎不全を引き起こし、食欲不振、多飲多尿、体重減少などの症状がでます。

この多発性嚢胞腎は、遺伝病で生まれつきのものです。

どちらかの親に、腎臓を構成するタンパク質を作り出すある遺伝子の異常があると、子どもに50%の確率で遺伝します。

現時点では、残念ながら、多発性嚢胞腎を治す内科的治療法はありません。

多発性嚢胞腎で、慢性腎不全に進行したネコでは、 様々な原因から生じた慢性腎不全に対する治療と同じような対処療法になります。

処方食により進行を遅くさせたり、脱水症状がでていれば皮下輸液をしたり、リン濃度のコントロールなどを行っていきます。

耳ダニ症

外耳道の表面にミミヒゼンダニが寄生して炎症を起こす病気です。

耳の手入れ不足や、感染している動物との接触によっても感染することがあります。

症状は、耳がかゆくなり、頭を振ったり、ひっかくようになります。

そのために、ひっかきすぎて出血や傷を伴うこともあります。

外耳炎を発症し、耳の臭いがきつくなり、しきりに頭を振り、黒い乾いた耳垢がでてくるのも特徴です。

外耳道を清潔にしダニを退治する薬を使って治療していきます。

体重・大きさ

メス 体重2.5~4kg 体長60cm程度
オス 体重4kg~6kg  体長60cm程度

寿命

スコティッシュフォールドの平均寿命は、10~13年位と言われています。

スコティッシュホールドは、他猫種よりも遺伝疾患が多いとされているために発症し重症化すると短命であることも多いようです。

これから飼おうと思っている人には、「こういう猫種なんだ」と初めから理解して飼いましょう。

個人的な意見としてはm病気になることが分かっているのに繁殖させるのはあまりに酷ではないでしょうか。

これ以上のスコティッシュの繁殖をやめさせるために、購入するのはおすすめしません。

毛色

スコティッシュフォールドの被毛は、短毛長毛どちらも密生しており、柔らかく滑らかなシルクのような手触りをしてとってもきれいです。

短毛長毛どちらも、とても多くの毛色とパターンがあります。

単色では、

・ホワイト
・ブラック
・レッド
・クリーム
・ブルー

及びこれらのシェイデッドやタビーがあり、それらにホワイトが入ることもあります。

ダイリュートキャリコ

グレー、クリーム、ホワイトの3色からなる三毛のことです。

ダイリュート(毛の色を薄くする突然変異遺伝子)なので、普通の三毛よりも色が薄め。

優しい色合いが人気です。

シルバータビー

アメリカンショートヘアーに似た縞模様です。

毛の色や模様には濃い薄いがあり、薄い方が人気があります。

レッドタビー

赤みを帯びた、明るい茶色の縞模様です。

クリームタビー&ホワイト

クリーム系の縞模様に、ホワイトが入っています。

クリーム系は印象がやわらかく、人気が高い毛色です。

トーティ

ブチ模様のことです。

模様の出方やカラーで印象が変わり、いろいろと個性が出ます。

トーティシェルは細かいモザイクのような模様を指します。

向いている食事

病気が多く身体の弱いスコティッシュフォールドは、少量でも栄養がとれる高タンパクのフードが向いています。

スコティッシュフォールドに向いている、安心・安全なフードを知りたい方は↓↓↓

モグニャンってどんなキャットフード?成分分析・口コミ・効果など

2017.12.07

手入れ・ケア

折れ耳のケア

耳のトラブルを起こしやすくダニなどもわくことがあるため、週に1回ほどイヤーローションとコットンを使って耳の中を優しく拭き取るようにします。

被毛のケア

抜け毛の多い猫種なのでこまめにブラッシングを行ってあげる必要があります。

ブラッシングを怠ると抜け毛やロングのスコティッシュフォールドの場合には毛玉が増えてしまい、猫がグルーミングをする際にそれらを飲み込んでしまう可能性が高まります。

それを防ぐためにもブラッシングはしてあげましょう。

皮膚被毛の清潔を保つうえでも大切ですし、触れることは病気の早期発見早期治療にもつながります。

猫の毛が抜ける時期とその理由〜対策をご紹介

2016.08.10

シャンプー

シャンプーは身体を清潔にするために必要な手入れではありますが、猫は本来濡れることを嫌うのであまり頻繁にシャンプーするのはストレスになります。

あまり無理をせず、臭いや汚れが気になる場合に適度にする位で問題ありません。

冬場のシャンプーは風邪をひかせないように注意します。

サロン費用

短毛タイプ ¥6,000~¥7,000
長毛タイプ ¥7,000~¥8,000

長毛で毛玉が多い場合にはバリカンなどで処理することもあるので毛玉料金が追加でかかることもあります。

飼うなら購入より里親になろう

日本でも動物愛護の精神が高まりつつあり、新しい犬を迎えるにあたり保護団体や里親サイトを利用する方も増えています。

新しい命を増やすまえに、いま愛情を必要としている成犬や成猫たちがたくさん待っています。

成犬成猫から飼うという選択肢は、これまで生きてきた環境により性格も様々ですが、保護されている期間にある程度の性格も把握されているため飼いやすいなどのメリットもあります。

12万~22万円位が価格相場のようですが、何十万というお金を出して購入するより、殺される命やお迎えを待っている子を保護しませんか。

保護団体・里親サイト

ペットのおうち:http://www.pet-home.jp/

事情によりペットを飼えなくなってしまった飼い主や、ペットを保護している保護活動者などと、ペットを飼いたい(里親になりたい)と考えている方が交流できる場所が「ペットのおうち」です。

会員登録を行えば、すぐに里親募集情報の投稿、里親申し込み(里親応募)、コミュニティの利用が可能です。

まとめ

今回はスコティッシュフォールドの歴史や性格、特徴をご紹介しました。

立ち耳タイプや短毛や長毛のタイプのスコティッシュの話にも触れています。

スコティッシュフォールドに魅了され、スコティッシュを旅をし続けた、アメリカの作家も紹介しています。

なぜ耳が折れているのか、なぜ長毛もいるのか、スコ座りってなに?などのほかに、かかりやすい病気や寿命、大きさ、日ごろの手入れのしかたもぜひ参考にしてもらえればと思います。

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です