キャットタワーどれにしよう?購入前に知っておきたい種類のこと

スポンサーリンク




一口にキャットタワーといっても、今やその種類やタイプは様々で、飼い主としては他のグッズよりどうしても値が張るため、購入後に使ってくれるか?不安がある方もいるかと思います。

今回は猫の飼い始めや成長段階に合わせて、キャットタワーの購入を考えている方に、おすすめのキャットタワーを特集しました。

愛猫の年齢や性格によって、合いそうなものを見つけるための選択肢は昔に比べ格段に増え、キャットタワーのタイプや、年齢にあうもの、また高いところが苦手な子へのポイントを幅広くおさえています。

それだけでなく、最近ではインテリアに置くことも意識したオシャレなものや省スペースだけれども遊ぶ機能満載の飼い主さんにも猫ちゃんにも嬉しいものもご紹介しています。

なんとなく目に入ったキャットタワーを購入してしまい、あとから全然うちの子に合わなかった…..。と後悔しないよう、愛猫に合いそうなキャットタワーを見つけてほしいと思います。

キャットタワーの必要性

元々野生で単独行動で生きてきた猫は、木登り名人といわれるように、高いところを好む傾向があります。

それは獲物を捕るためでもあり、外敵から身を守るためでもあります。

上下に立体的な動きをするのは、猫本来の自然な行動です。

なわばり意識も強いので、自分だけの居場所や猫本来の動きが自然とできる場所をつくってあげることは、ストレスをためさせないためにもとても大切なことです。

また、外に出ない猫は犬とは異なり、散歩などで運動量をコントロールすることは難しい動物です。

さらに日中の大半は寝て過ごすことが多いので、肥りやすい傾向にあります。
飼い主さんの愛猫への健康管理は必須です。
無理強いすることなく、本能を満たしながら、健康管理もできるアイテムがキャットタワーです。

また、飼い主さん目線でも、家具を傷つけたくなかったり、危険な場所に上ってほしくないなという場所を避けるためにも、キャットタワーは嬉しいアイテムなのです。

キャットタワーの種類

キャットタワーは種類が色々ある分、値段も安いものから高いものまであり、タイプは大きく分けると、突っ張り棒のタイプと、据え置きタイプの2つになります。

つっぱりタイプのメリット・デメリット

突っ張りタイプは、天井まで高さを出せるため、高いところが大好きな猫にとってたまらない遊び場です。

支柱が1本のものと2本のものがありますが、多頭飼いなどの場合には、猫がすれ違うことができないため、2本のものが安定性や遊ぶスペースとしてはおすすめです。

デメリットは、一度設置すると移動するのが大変です。中には釘などで固定しなければいけなものもあるので、賃貸の場合には、そこのチェックも必要です。

据え置きタイプのメリット・デメリット

据え置きタイプは、床に置くだけで移動がしやすいため模様替えや、猫ちゃんの生活スタイルの変化に合わせて楽に移動ができます。

サイズも背の高いもので180㎝位なので掃除もしやすく、愛猫の可愛い姿が、自分の目の高さで見れるのも嬉しいところです。

ただ、突っ張り棒タイプとは違い、固定されているわけではありません。

走り回って飛び乗ったときなど、傾いたり倒れたりすることもあるので、元気な猫の場合には、土台がしっかりしているもの、安定しているものを選ぶことも必要です。

高いことろが苦手な猫には手作りで

猫は、元々高いところが好きと言われていますが、実際のところ十人十色、性格も様々で、中には高いところは苦手なタイプの子もいます。

そんな子には、無理に高さのあるタワーを用意してあげるよりも、身近なもので程よい高さを作ってあげることで、安心して楽しく過ごしてくれます。

例えば、タンスの上にお気に入りのベッドを置いてあげたり、お手製の段ボールを積み上げたものをお気に入りの場所においてあげるといいです。

わずかな高さでも、上り下りの動きは猫本来の自然な動きなので、積み上げた段ボールに穴をあけてトンネルをつくったり、大好きなタオルやモフモフしたブランケットを入れたりすると、それだけでも十分に快適に生活できます。

猫の年齡に合わせて選ぶ

子猫にはミニタワーを

キャットタワー選びは、愛猫の年齢も考慮して選ぶことが大切です。

子猫のうちは、まだ怖い経験をしていないため、人の赤ちゃんと同様、好奇心が先にむくむく成長しはじめます。

そんな時期に選ぶキャットタワーは高さのあるものではなく、ミニサイズのタワーを選んであげましょう。

小さい時期に、怖いもの知らずで高いところに上り、変に落下したりするとそれがトラウマとなり臆病な子になってしまうこともあります。

子猫にはまず、成長過程を見守りながら安心して遊べるミニタワーをおすすめします。

シニア猫には登りやすい階段付きを

シニアになると少しずつ動きもおっとりとし、足腰も弱くなるためジャンプをして高いところに行くことが大変になります。

そんなシニア猫に選んであげたいものは、階段付きやスロープ付きのタワーです。

楽に登れるようなキャットタワーを選びなおしてあげることは、シニア猫が毎日を楽しく穏やかに過ごすうえで大切です。

子猫におすすめのミニタワー

・ノビノビ爪とぎできるよう、高さは52cmを超えます。
・猫ちゃんの体型に合わせたロングポール爪とぎで、ストレッチにも最適です。
・ポールの直径は7cmで、太目のしっかり安定したポールです。
・組み立てカンタン、コンパクトでも、しっかり遊べます。

シンプルなつくりで、5分で組み立て可能で高さもちょうど背伸びをしたぐらいなので、子猫ちゃんのファーストタワーに丁度いいサイズ感になっています。

シニア猫おすすめの階段付きタワー

・幅広の階段が床面から設置されているタイプなので、シニア猫が登りやすいです。
・高さが148㎝で、人の目線の範囲内のため安心して見守れます。
・全部の柱に、爪とぎがついているので、上に登りずらくなってきたシニア猫ちゃんでも、低い場所で爪とぎができ快適です。
・ハンモック、ベッド、ねずみのおもちゃ付きで、台座もしっかり重みがあります。

猫は7歳位からシニア(中・高齢期)と言われています。
平均寿命を考えると、一生の約半分の時間はシニア生活ということになります。そんなシニア生活も快適に過ごせるキャットタワーは、階段付きのものがおすすめです。

突っ張り棒タイプのキャットタワー

・突っ張り棒タイプで、高い位置にハウスがついているので、猫も満足できるタイプです。
・オフホワイトの生地で部屋に馴染みやすいカラーです。
・ステップ台はすべて円形になっているため、突っ張りタイプながらすっきりとした印象です。

突っ張り棒タイプのキャットタワーの中でも、色やデザインがシンプルなデザインなので、どんな部屋にも置いても違和感なく使えます。

高さがあり、見晴らしのいいポイントがいくつもあるので、高いところを好む猫におすすめです。
くつろぐ愛猫の姿に飼い主さんも嬉しくなりそうです。

ハンモック付きキャットタワー

・サイズ が(約)幅123cm×奥行40cm×高さ235~255cmの天井突っ張り型で安定感のあるタワーです。
・高さがあるので、見晴らしよく遊べるので高いところが好きな猫におすすめです。
・肌触りのいいスエード調のカゴや休んだり隠れたりできるペットハウスがあります。
・段もたくさんあるので登りやすくダイナミックにあそべます。
・ハンモックで休むスペースが3つあり、そのうちの1つはゆらゆら揺れるタイプなので、飽きることなく楽しめます。

ふわふわ感触の良いハンモックがでゆらゆらと寝たり、猫パンチしたり多様に遊べます。
著者の友人の猫達もハンモックが大好きでひとつのハンモックに2頭一緒に入ってる姿を見ると、もうメロメロです。

大人気!アイリスオーヤマのキャットタワー

・据え置きタイプ。高さが120㎝、土台が53㎝の正方形なので部屋を圧迫することのないサイズで人気です。
・隠れ家トンネルが2種類あり、潜ったり、くぐったり、休むスペースにもなります。
・取り外し可能なハンモック付きです。
・支柱は爪とぎができるようになっていますが、さらに爪とぎもできるスロープもあるのでどこでも快適です。
・踊り場は肉球の可愛いデザインです。

ロータイプですが、猫の遊び場として多機能をコンパクトに凝縮したタワーで、毎日過ごすのが楽しくなりそうです。

据え置きタイプのキャットタワー

・150㎝の据え置きキャットタワーでカラーも豊富です。
・支柱の留め具が埋め込み式になり丈夫に改良されました。
・交換簡単の爪とぎカバーで長く愛用頂けます。
・部屋のレイアウトに合わせて、階段の位置は変えられます。

カラーが豊富なので、部屋に合わせて選べるのが魅力です。また、使用者の声に応えて、ポールの太さや、使いやすさなども改良されているため、より良いつくりになっています。

場所を取らないスリムなキャットタワー

・天井への調整は伸縮パイプでらくら調整できます。
・ジョイントしてネジ止めだけで、組み立て簡単です。
・棚板やハンモックは各段45度刻みで回転させて、好きな位置で固定できます。
・奥行きが少なく、スペースをとらないスリムなデザインです。

天井まで高くタワーを組めるので、高い場所が好きな猫にはうってつけのキャットタワーです。すっきりしたデザインが、お部屋のインテリアとしてもスペースとしても飼い主さんにも嬉しい限りです。
また、こちらのメーカー、ボンビさんは、ペットショップやサロンにも提供しているメーカーさんのため、基本的につくりはしっかりしている点でも安心です。

まとめ

猫が自由気ままに自分の判断で生活できるのは、猫の良さでもあります。

ただ、現代の人間の生活に合わせた、猫ライフというものは、猫の性質からいくと少し窮屈でつまらないものかもしれません。

ですが猫自身はそれすら、気づかず生活をしているかもしれません。

しなやかにのびのびと、木登りだってできるし、高いところから綺麗にジャンプすることも得意な動物です。

猫本来の動きができることは、猫の喜びでもあり、その楽しさを教えてあげられるのは、飼い主さんです。

いかがでしたか。
これらを参考に愛猫にあった、楽しくハッピーになれるお城、キャットタワーをぜひ見つけていただければ、嬉しい限りです。

猫のシステムトイレってどんなの?おすすめ売れ筋ランキング10位

2016.12.12

知ってた?猫の何気ない行動にはこんな猫心理があった

2016.05.02

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!