猫ゲージって必要?どれがいいの?おすすめ9選

スポンサーリンク




猫を飼うにあたり、キャットタワーは必須のアイテム。

著者も猫を多頭飼いしており、購入するまでは「大きいし結構値段も張るし、使わなかったら邪魔だな・・・・」と思っていましたが、実際に猫と生活してみると、避妊・去勢手術後に安静にさせたいときや、新参猫を迎え入れるとき、多頭飼いの家庭で隔離させたいときなど、猫を飼育している家庭なら1つ持っておくとなのかと重宝します。

今回は猫のゲージの必要性や選び方、アマゾンで人気の9種をご紹介します。

ゲージの必要性

猫と生活しているのでよく分かりますが、基本的に猫は自由に動きまわり、探検がすきな生き物なので、飼い主の都合によるゲージの中だけで飼うのは大反対です。

足腰の筋力ももちろん弱まりますし、あくまでも上記でも書いたようにゲージは要所要所で使用しましょう。

多頭飼い時や、急遽ねこを保護したときの安全スペースとして
手術後の安静を要するとき
子猫の安全を確保するために留守時に使用

著者はこんなときに実際に使用しています。

そしてこのようなシチュエーションはあまりないかもしれませんが、たまたまどこおかで飼われていたであろう猫を保護したときに、ゲージがあったことで飼い猫と隔離することができ猫も安心したようでぐーすか寝ていました。w

ゲージにいれてストレスは感じないの?

あんなに自由な生き物ですから、なんでもないときにゲージにいれると「にゃあにゃあ」鳴いて出せ出せアピールしますので、ストレス感じているはずです。

子猫のときは安全のため飼い主が留守のときだけ使用してもいいと思いますが、基本的に子猫のときの方が遊びたい・好奇心旺盛なので、相当なストレスや運動不足になると予想されます。

飼い主が部屋で安全に過ごせるよう、部屋を猫仕様に変えた方がいいですですが、実家や古い家など危険が多くどうしようもない場合は仕方ありません。

ただ、手術後の安静が必要なときは鳴かれても心を鬼にしてシカトし、ゲージ生活をさせました^^;

雑種猫♀キキ
あくまでもゲージは人間のためではなく猫にとって必要なときに使用するにゃ!

 

ゲージのおおまかな種類

大きくわけると外枠は

✔木材

✔プラスチック

の二種類で、どちらも柵には塗装のされたスチールが使用されています。

今回はアマゾンで売れているゲージを紹介しますが、売れているのはプラスチック×スチールのゲージです。

プラスチック×スチールが人気の理由

✔軽いので移動しやすい

✔掃除がしやすい

✔価格が安い

✔コンパクトで邪魔にならない

このような理由から人気のようです。

我家もこっちのタイプですが、とても使いやすいのでこのタイプをご紹介していきます。

ゲージの選び方

もし自宅にキャットタワー以外に高い場所が作れない場合、高さのあるものをチョイスするのをおすすめします。

高さがあることで、自ら好んで登ってくれるかもしれません^^

それと実際に使用していて思ったのは、隔離時に都度出さなくていいよう、トイレがいれられるスペースがあるゲージの方がいいです。

✔プラスチック×スチール素材

✔高さがあるゲージ(必要であれば)

✔トイレが入れられるゲージ(必要であれば)

個人的にこのポイントを押さえるとGOODですヾ(*´∀`*)ノ

ではアマゾンで売れているゲージをご紹介します。

9位アイリスオーヤマ カラースリムケージ 

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :91×50×170cm
本体重量:18500g

インテリアにも合う可愛らしいデザインのケージで、黒と2色です。

愛猫の飼育に適した、高さのある3段タイプ(我家も3段です)のケージです。 開閉に場所をとらないスライド扉です。

3段タイプには愛猫が楽しく遊べる棚板とハンモック付きで、ハンモックすきな子には嬉しいアイテムです。 (3段:ハンモック1枚、棚板2枚付き)

8位アイリスオーヤマ スリムキャットケージ 2段 

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :74.5×47×133.5cm
本体重量:13720g

愛猫の飼育に適した高さのある2段タイプ(同シリーズで3段もあり)のケージで、お部屋にスッキリ置けるスリムタイプです。

大きな扉でお掃除や物の出し入れがラクに行え、猫がゆっくりくつろげる大きめの丈夫な木製棚板が2枚付いていおり、転倒防止チェーン付きです。

7位アイリスオーヤマ ペットケージ  3段

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :93×63×178cm
本体重量 :20850g

猫の飼育に適した余裕のある3段タイプのケージです。

移動するのに便利なキャスター付きで、全ての段に扉が付きますのでペットや物の出し入れが簡単にできるので、使い勝手のいいゲージです。

6位コンビネーションサークル 3段セット

PCS-932:商品サイズ(約):幅93×奥行65×高さ122cm
PCS-930U:商品サイズ(約):幅93×奥行65×高さ60cm

コンビネーションサークル(セットで販売)を重ねた、3段広々快適セットです。

成長に合わせて、また家族が増えた時に対応できる、縦にも横にもつなげて増やせるサークルで、ペットやお部屋に合わせて組み合わせ自在です。

好みや設置場所に合わせて右開き、左開きを選べる優れものです。

5位マルカン キャットフレンドルーム スリム 2段 

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :79.5×50×131.5cm
本体重量:11363g

ワイドドアで出入りらくらく、お掃除も簡単な猫ちゃんのケージ。天面フェンスをフェンス下段に取り付ければ、1段での使用も可能です。

お手入れ簡単, 折りたたみ可, 高さ調整可なのに、お求めやすい価格が人気のようです。

4位アイリスオーヤマ ペットケージ  3段

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :93×63×178cm
本体重量:22200g

室内飼いのネコの飼育、上下運動にぴったりのペットケージです。全ての段に扉が付きますので、ペットや物の出し入れが簡単にできます。

下の段は大きめの扉なのでトイレの出し入れがしやすく、かんたん組み立てのジョイントパーツをはめこむだけでOK。

このアイテムの一番のポイントは、移動するのに便利なキャスター(ストッパーつき)がついていることです。

3位アイリスオーヤマ ペットケージ 2段 (93×63×121cm)

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :93×63×121cm
本体重量:15970g

こちらは上記で紹介したタイプの2段バージョンです。

ゲージに高さを求めていない方はこちらをどうぞ。

2位アイリスオーヤマ キャット ケージ ミニ ホワイト 2段

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :69×54.5×115cm
本体重量:12950g

コンパクトサイズで子猫にも最適なミニキャットケージです。

掃除の時やペットを取り出すのに便利な天井扉タイプで、大きな扉でお掃除や物の出し入れがラクに行えます。

猫がゆっくりくつろげる大きめの丈夫な木製棚板が2枚付きで、移動に便利なキャスター付きです。

1位アイリスオーヤマ コンビネーションサークル 2段 

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :93×65×122cm
本体重量:16000g

こちらは6位で紹介したタイプの、上段が付いていない2段タイプです。

成長に合わせて、また家族が増えた時に対応できる、縦にも横にもつなげて増やせるサークルです。

ペットに合わせて、お部屋に合わせて組み合わせ自在で、好み・設置場所に合わせて右開き、左開きを選べます。

※安全上、3段まで拡張できます。

まとめ

猫を飼っているなら、もしものときに備えてゲージは持っておくと◎

決して閉じ込めたりしないよう、あくまでの猫の安全や安静時などに使用しましょう。

いまはお手頃価格で品質のいい、色んなタイプのゲージが売っていますので、用途に合わせて購入するのをおすすめします。

キャットタワーどれにしよう?購入前に知っておきたい種類のこと

2017.10.04

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です