猫の歯周病予防!歯磨きのやり方とおすすめアイテム7選

スポンサーリンク




愛猫にも歯磨きが必要ですが、みなさんはちゃんとケアできていますか。

今回はどうやったらいいか分からない飼い主さんのために、猫の歯磨きのやり方、歯周病の怖さ、猫歯磨きおすすめアイテムをご紹介していこうと思います。

猫って虫歯になるの?歯磨きの必要性

猫の口内は、人間と違いアルカリ性です。虫歯菌は、酸性の環境でないと繁殖しにくいため、猫には虫歯がありません。

しかし、歯周病には犬よりもなりやすいと言われています。

歯周病になれば最悪歯がなくなり、フードが食べられなくなります。

人間のように差し歯というものはないので、一生柔らかいゼリーあるいは液状のフードを食べ続けなければならない猫生になってしまいます。

また、歯磨きを怠ることで口内炎をも生じてしまいます。

猫は口内炎にもなりやすく、そうすると、痛がってフードを食べられなくなる、あるいは、ヨダレを垂らし続けての生活となります。

人間のように放置しておけば治るということもないのです。病気が見つかってからでは対症療法しかできないので、あらかじめ歯磨きをするでの「予防」が大切なのです。

猫が歯磨きを嫌がる・・・コツは?

犬でさえ嫌がる歯磨き。自立心と警戒心が一段と高い猫の歯磨きは大変です。どうすればうまく歯磨きが出来るのかというと、そのコツは「慣れさせること」にあります。

まずは飼い主に慣れさせることが必要です。日々、たくさん愛情を注いで信頼関係を築き、身体のどこを触っても怒らないようにしつけていきましょう。

そして、次は口周りのお触りに慣れさせます。口の周りを触ったり、口の中に手を入れたり、一定時間口を開けさせたり・・・、時間がかかりますので、少しずつ進めていきます。

最後は歯ブラシや布などで歯をこすられることに慣れさせます。ここまで来れば、比較的簡単に達成できる猫ちゃんが多いです。

数ヶ月は絶対にかかりますので、焦らず、怒らず、気を張らずに進めることがポイントです。

猫の歯磨きのやり方

①猫の頭部を手でつかみ、上唇を親指でめくり上げて歯を露出させます。

②猫用歯ブラシ、指先にガーゼを巻きつけたものなどを用い、猫用の歯磨き粉を使用して、優しくこすっていきます。

③ときどき休憩を挟み、たくさん褒めます。最初はご褒美におやつをあげたり、歯磨き粉の代わりにペースト状のフードを付けて慣らしたりすることも、上達の秘訣です。

参考動画

もっと詳しく知りたい方はこちら↓

猫の歯ブラシのやり方とおすすめの歯磨き粉

2017.11.15

おすすめ猫の歯磨きアイテム厳選2種

猫はそのまま歯磨き粉を飲み込みますので、安全な物を与えたいですよね。

管理人家の猫が実際に使用し、動物病院などでも置いてある歯磨き粉や、オーガニック(天然由来成分)のものを中心にご紹介していきます。

 

犬猫用歯磨きペースト チキンフレーバー

チキンフレーバーなので、我家の歯みがき嫌いな猫も、舐めたくて近寄ってきますw

これは我が家でもずっとリピートしており、2匹ともお腹をこわす、などといったことは今まで一度もありません。

この歯みがきは動物病院でも置いてあるのを、よく見かけます^^

大豆由来の歯磨き粉

歯磨きなしでOKです。

口内に垂らすだけの簡単オーラルケア特に歯周病が気になる猫ちゃんに。

天然成分の大豆脂肪酸を使用し、安全性・毒性試験(経口・眼刺激・皮膚刺激)を行って安全性が問題ないことが証明されています。

 

まとめ

歯磨きを怠ると、歯垢の蓄積、歯周病、口内炎だけにとどまらず、その細菌が体中に巡り、臓器の病気を引き起こすなど、命にもかかわってきます。

愛猫の健康維持のために、歯磨きを好きにさせることから、ゆっくりと進めていくことを
お勧めします。

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!