寒さに強いわけじゃない!うさぎの寒さ対策

雪の上を元気にピョンピョン跳ねているイメージのあるうさぎですが、決して寒さに強いわけではありません。野生のうさぎも、地面を掘って暖かい地中で過ごしています。

ペットとして飼われているうさぎにも、寒さ対策は必要です。朝晩が冷えてきたかな…と思ったら、冬支度をしてあげましょう。

うさぎの快適環境

うさぎにとって最適な温度は18~25度、湿度40~60%といわれています。季節ごとにみると、冬では22~25度が快適に過ごせる温度とされています。

一日を通しての温度差、温度変化はうさぎの身体に負担になり、体調を崩す原因にもなります。

 

寒さ対策

エアコンやストーブ

エアコンやストーブなどで室内の温度を調整しましょう。

直接温風がかからないように工夫したり、暖房器具の近くにケージを置いて温度が上がりすぎてしまったということがないように十分注意しましょう。

また乾燥しすぎもよくないので、湿度にも気を配りたいですね。

温度計湿度計があると、一目で分かるので便利です。

 

ハウス

うさぎ用のハウスであれば、穴ぐらのようになっているので自分の体温でも暖かく感じます。また狭い空間があると、うさぎも落ち着くといわれています。

ハウスの素材は色々とありますが、かじって食べてしまう子もいるので、藁などの牧草で食べても大丈夫な素材の物を選ぶと安心ですね。

 

ペット用ヒーター

ペット用のヒーターも、とても便利です。しかし、ヒーターの選び方、使い方には十分に気を付けましょう。

かじるのが好きなうさぎには電気コードはとても魅力的です。とても危険なので、コードを噛んでも大丈夫なように対策してあるヒーターを選ぶといいですね。

また、ゲージの床全体がヒーターで占領しないようにしましょう。暑すぎた場合に、ヒーターから降りて過ごせる場所が必要です。

 

ケージ周り

床に直接ケージを置いている場合は、段ボールや毛布などを敷いた上にケージを乗せると床からの冷気を遮ることが出来ます。

また、暖房をつけられない夜や留守の場合は、ケージ周りを段ボールや毛布で覆うと暖かさが逃げません。専用のカバーも販売されています。

ケージ周りを覆う際の注意点として、うさぎに中からかじられないように少し空間を空けましょう。さらに、ケージ内の温度が上がりすぎていないか、寒すぎないか、温度計などで確認出来るようにしておくと安心です。

寒さから守って快適な冬を

警戒心が強くて繊細なうさぎは、普段と違った物にも敏感に反応することがあります。様々な寒さ対策をご紹介しましたが、何か新しく防寒グッズを用意しても、うさぎが慣れるのに時間がかかることが多いようです。厳しい寒さになってから対策するのではなく、少し冷えてきたかなと思ったら早めに準備してあげたいですね。

子どもうさぎや高齢うさぎは、特に温度変化が苦手なので要注意です。

また、うさぎの体調はうんちと食欲で表れることことが多いので、毎日お世話している中で特に気を付けてみてあげましょう。

 

 

 

 

 

 



この記事が気に入ったらシェアしよう!