フレンチ・ブルドッグの性格・飼育方法・しつけなど

スポンサーリンク




最近ますます人気のフレンチ・ブルドッグ。

ピンと立った大きな耳に、くりくりした大きな目、フガフガブヒブヒ、こちらをじっと見ながら一緒に遊ぶのを待っている仕草は、完全に話しかけている証拠です。

今回はそんな表情豊かなフレンチ・ブルドッグの歴史や性格、特徴などを掘り下げてご紹介していきたいと思います。

気難しい?と言われる理由や、テンションがマックスになってしまう、そんなフレンチの興奮スイッチはいったいどこにあるのか、興奮しすぎた時の落ち着かせ方なども解説しています。

飼育方法やしつけのコツもフレンチならではのポイントがあるのでぜひ参考にしてもらえればと思います。

フレンチ・ブルドッグの歴史

フレンチ・ブルドッグは、すべてのマスティフ系の犬種と同様に古代ローマの軍用犬の血を引くモロシアン犬種に由来があると考えられ、ブルドッグの祖先やフランスのボルドー・マスティフなどとも関連があるとされています。

wiki

ブルドッグはイギリス原産ですが、フレンチ・ブルドッグに関してはフランス人が「自分たちが作った犬だ!!」と主張しており、原産国はフランスになっています。

1860年ごろのイギリスでは、大きなサイズのスタンダードなブルドッグが好まれ、小さめのブルドッグはあまり注目されていませんでした。

小さなブルドッグの多くは、そのためかフランスへと渡っていったとされており、1880年代になると小さなブルドッグはパリの下町で飼われるようになります。

熱心なブリーダーによって今のフレンチ・ブルドッグに近い犬が出来上がり、パリ中央市場の労働者や肉屋、卸問屋などが飼っていましたが、やがて上流階級や芸術家の間でも人気となりました。

フランスでフレンチ・ブルドッグが犬種として正式に公認されたのは、1898年のことでした。

当時は今ほど外見が統一されておらず、フレンチ・ブルドッグのような立ち耳(バットイヤー)とブルドッグのような垂れ耳(ローズイヤー)の両方がいました。

イギリス人はコウモリのような立ち耳のフレンチ・ブルドッグに対し「ブルドッグにあらず!!」と反発しますが、パリの人たちは立ち耳のフレンチ・ブルドッグに夢中になります。

やがてその人気はフランスからヨーロッパ諸国、アメリカに広がりをみせました。

アメリカの愛好家たちは、「バットイヤーの犬のみをフレンチ・ブルドッグと認めるべき」と主張し続け当時は論争にまで発展しました。

その結果がどうなったのかは、現在のフレンチ・ブルドッグの耳を見れば一目瞭然です。

タイタニック号とフレンチ・ブルドッグ

『タイタニック』(1997年公開)豪華客船タイタニック号の沈没を描いた、有名な作品です。

実際のタイタニック号には、数多くの動物も乗船していました。

そのうち事故から生還したのは飼い主によって保護されて救命ボートに乗り込むことができた3頭の犬のみで、他の動物たちはタイタニック号とともに行方不明となりました。

実際にタイタニック号には12匹の犬が乗っており、その1匹がドッグショーに向かうチャンピオン犬、フレンチ・ブルドッグの“Gamin de Pycombe”だったという記録があります。

フレンチ・ブルドッグの性格

明るくてひょうきん、好奇心豊かで人なつっこい一緒にいて楽しい犬種です。

ただ陽気なだけでなく、気立てがよく優しさや頼もしさを備えている点もフレンチの魅力です。

飼い主に対してはとくに深い愛情を寄せまるところもたまらなく愛おしさを感じさせますが、執拗になとわりつくタイプではありません。

まったりしているように見えますが、実は大変パワフルな犬種です。

いったん興奮するとハイテンションになりすぎてしまうところがあり、人を見ると遊びに誘い遊んでもらうとうれしくて生き生きと動き回ります。

快活という言葉がぴったりの犬種です。

ブルドッグの気質である多少頑固な面がみられることもありますが、小さなことでねちねち不満を言ったりしせん。

フレンチ・ブルドッグは気難しい?

フレンチ・ブルドッグは愛嬌のある魅力的な犬種ですが、一部では「怒ったり興奮しやすく扱いが難しい犬種」と言われることもあります。

そういう一面もありますが、すべてのフレンチ・ブルドッグがそうだというわけではありません。

フレンチ・ブルドッグの中にはおおまかに2タイプに分かれると言われています。

フレンドリーで温厚タイプ
フレンドリーだけど感情の起伏が激しいアクティブタイプ

アクティブタイプのフレンチ・ブルドッグも、決して元々の気性が荒いとか気難しいというわけではありません。

例えば、運動不足による不満や、ほかの犬を前にした緊張などでストレスを感じているときに怒りとなって現れているだけなので、それを解消してあげれば落ち着くことがほとんどです。

愛犬がなんらかのスイッチが入って興奮したときには、悪い子と決めつけずに何が嫌なのか苦手なのかを気づいてあげることが大切です。

フレンチ・ブルドッグの特徴

フレンチ・ブルドッグは一度見たら忘れられないインパクト抜群の容姿の持ち主です。

ぺちゃんこのつぶれた鼻、深くて長いしわは他の犬種とは一線を画したファニーフェイスです。

表情も豊かでうれしいと口をニッと開けて笑っているような表情をみせてくれるところも魅力です。

表情を伝えてくる瞳は少し出ていてダーク色をしています。

楽しいときにはキラキラ輝いたり、飼い主の顔をのぞき込んだりとじつに表情豊かです。

ボディは、小柄ですがしっかりした骨格を有する短めボディで、触るとプリッとした感触がはっきりとわかるほど大変筋肉質です。

お尻の低い位置にある短い尻尾もフレンチの特徴です。

光沢のある美しい被毛は、上毛と下毛のダブルコートです。

ボディに密着するように全身を覆っていて感触は滑らかで抱き心地も最高!♡

中でもフレンチの際立った特徴を作り出しているのは、バットイヤーとスカル(頭部)です。

角形で大きなスカルに、まるでコウモリが翼を開いたような大きな耳がニョキッと立っているところもフレンチらしい陽気さを感じさせます。

お尻の動き

一見断尾しているようにみえますが、うまれつき短い尻尾です。

お尻に密着するように生えていて、先が細くこぶ状になるかねじれています。

尻尾を振ろうとすると、腰ごとブンブン動いてしまう姿がユニークです。

気持ちによってアンテナのように動く耳

大きな耳は、フレンチの感情が豊かに現れる部分です。

リラックス状態では開口部が前を向き、頭の上にほぼ真っ直ぐに立っています。

驚いた時や、探検をしているとき、怖がっているときなど感情によって横を向いたり、伏せたりと自在に耳の角度が変わります。

嬉しいときも怖がっているときも耳を後ろにひくことがあり、耳だけでなく総合的に判断すると怖がっているのかわかります。

なりやすい病気の種類

水頭症

水頭症は頭に水が溜まってしまう病気です。

フレンチ・ブルドッグでは、先天性水頭症が見られることがあり、遺伝の関与が疑われています。

頭に丸い腫れがみられ、頭蓋骨が完全に閉じていないので頭頂部を触ってみると隙間が空いているのがわかります。

発症すると疲れやすくなり元気がなくなります。

進行すると、歩行異常や旋回運動、視力障害をはじめ、ぼんやりしていたり、性格が凶暴化したりといった症状が複合して起こります。

薬で脳圧を下げる治療を中心に行ないます。
先天性水頭症の根治は困難で、生涯つき合って行かなくてはなりません。

外鼻腔狭窄

外鼻孔狭窄は生まれつき鼻の穴が狭いことが原因で呼吸がしずらくなります。

鼻呼吸するときに「ヒューヒュー、ゴーゴー」という音がしたり、呼吸が荒い、いびきをかく、鼻水をよく飛ばす、暑がってべたっと床につけて体温を下げようとするなどの症状がみられます。

穴が狭く、空気が通りずらい状態のままにしておくと次第に鼻の奥の上気道も狭くなり呼吸機能も衰えるため、早めの整復手術が必要になります。

角膜炎・角膜潰瘍

角膜は、黒目をおおっている膜のことで、角膜に傷が付いたりウイルスに感染して起こる炎症のことを角膜炎といいます。

角膜炎は痛みを伴い、目やにがたくさん出て、しょぼしょぼした目になります。

悪化すると痙攣が起きたり、腫瘍になったりすることもあります。

フレンチ・ブルドッグは、比較的目が突出しているので少しのことで傷ついてしまいます。

軽度の場合には通院で治療しますが、悪化し進行する場合には手術が必要な場合もあります。

アレルギーー性皮膚炎

フレンチ・ブルドッグは皮膚がデリケートな犬種です。

アレルギー性皮膚炎には、一時的なものと慢性的なアレルギーとあります。

慢性アレルギー性皮膚炎には、ハウスダストや花粉、食べ物など具体的なアレルギー物質を特定できる場合もあれば、特に原因がなくても症状を繰り返す遺伝的な場合もあります。

愛犬がアレルギーかも?種類・原因・症状・治療費・改善方法など

2017.10.24

犬のアトピー性皮膚炎に悩んでいる飼い主におすすめのサプリメント

2017.01.20

強い痒みが出るので、犬は掻かずにはいられなくなります。

悪化すると皮膚がただれて脱毛や乾燥がみられますので、十分な保湿が必要になります。

犬の保湿には、以下の記事で紹介している「温泉成分AVANCE(アヴァンス)」がおすすめ。

犬の皮膚に安心・安全なおすすめのシャンプー

2016.02.16

慢性化しやすい病気で、何が原因か探りながらの治療になります。

体重・大きさ

メス体重  8~14kg
オス体重 8~14kg 

寿命はどのくらいか

10~12歳ぐらい
※他の小型犬よりも寿命が短いと言われていますが個体差はあります。

7歳を過ぎると老いがはじまってくることから、小さな変化もすぐに気づけるよう毎日の健康チェックは大切なポイントです。

毛色の種類

パイド

https://petcube.jp/shiru/prof.html

白地にブリンドル班があります。

多いのは白地にダーク・ブリンドルの班です。

白地にフォーンが入るタイプは通称ハニーパイドと言われています。

ブリンドル

https://petcube.jp/shiru/prof.html

フレンチ・ブルドッグでは、黒味が勝ったタイプが多く、よくみると褐色の縞模様になっているのがわかります。

ブリンドルの中でも明るい差し毛がはっきりと入り縞模様のようになっているのはタイガーブリンドルと呼ばれています。

フォーン

https://petcube.jp/shiru/prof.html

ッグはレッド~ライトブラウンまであります。

フォーンの中でも顔が黒いタイプはブラックマスクと呼ばれます。

クリーム

https://petcube.jp/shiru/prof.html

フォーンの一種でとくに色が薄く白っぽいものを指し、最近人気のカラーです。

元々はブリンドルのみでしたが派生して、白っぽい単色のクリームと、フォーン、白がベースでブリンドルかフォーンのブチが入ったパイドがつくられました。

アメリカでは、パイドの中でもホワイト&フォーン、ホワイト&ブリンドルの名称で別カラーとして定義しています。

フレンチ・ブルドッグのミックス犬種類

フレンチ・ブルドッグ×ボストンテリア

 

Exploring the lake when I was small enough to be carried everywhere! Happy #tbt furiends! 🐳🐠🌊

Charlieさん(@frenchtoncharlie)がシェアした投稿 –

フレンチ・ブルドッグ×柴

http://pfirst.jp/

フレンチ・ブルドッグ×チワワ

https://www.min-breeder.com/

飼育方法

フレンチ・ブルドッグを飼ううえで気を付けたいのが暑さ対策です。

暑さに弱い犬種なので、一瞬の油断が熱中症を招きかねません。

犬の熱中症&夏バテ対策と食べないときの対処法

2017.05.17
夏場の雨の上がったあとの曇り空の散歩には要注意

雨が上がった直後はス一見涼しそうに感じますが、実際には濡れた地面から水蒸気が立ち上りサウナ状態ともいえます。

高湿度で犬の放熱が妨げられるため大変苦しい状況なので、愛犬の様子を見ながら散歩することが大切です。

お出かけ先で大興奮、テンションMAXには要注意

陽気で楽しいことが大好きなので、嬉しすぎてハイテンションになることがあります。

飼い主もうれしくて一緒にはしゃいでしまいがちですが、愛犬がテンションが高くなりすぎて呼吸が早くなりすぎて、自ら体温をあげてしまいます。

涼しい場所に移動し一度首からお尻にかけて毛並みに沿ってなでて落ち着かせましょう。

夏場の車から建物へのわずかな移動時も要注意

エアコンの効いた車内から突然気温の高い屋外にでると大きなダメージを受けてしまいます。

犬を地面に下さずに移動しましょう。

人と犬の密着で体温も上がるので保冷剤を当てるなどしたほうがよいでしょう。

去年までは大丈夫だったという思い込みが招く3年目

犬の飼育では、迎え入れてから「慎重の1年目」「様子見の2年目」「油断の始まる3年目」と言われています。

去年も大丈夫だったから今年も大丈夫と思わず、犬の年齢は早いスピードで過ぎていくので、過信せずに愛犬の様子は常に把握しておきましょう。

肥満に注意

暑さとならんで、注意していきたいのは、肥満です。

食欲旺盛な子も多い犬種なので、おのずと体重が増えていくことも多いです。

理想骨格ががっちりとした筋肉質な体型なので、それを「ぽっちゃり体型」と勘違いし安心して食事をたくさんあたえてしまうのは危険です。

フレブルのように活発で太りやすい犬種には、高タンパクフードが向いています。

フレンチブルドックの性格とおすすめ厳選ドックフード2選

2015.05.26

肥満になると心臓や呼吸器官など様々影響してくるので体重管理も必須です。

短毛でお手入れが楽というイメーがありますが、実は抜け毛が多い犬種です。

ラバーブラシなどでこまめなブラッシングが必要です。

蒸しタオルなどで身体を拭いてあげたあとに、乾いたタオルで湿っているところがないように拭いてあげるだけでも抜け毛を除去でき、皮膚も清潔に保てます。

必要な運動量

1日に30分程度の散歩がおすすめです。

しつけ方法

フレンチ・ブルドッグは、マズルや尻尾が短いため、顔を反らしたり、しっぽを振ったりのボディランゲージが他の犬種よりもわかりずらいところがあります。

普段の生活の中で遊びやスキンシップをとりながら、何が好きか、何が苦手かをまずは理解していくことが信頼関係を築きしつけやすくなるポイントです。

日頃の生活の中で少しずつ基本の「オスワリ」「マテ」「フセ」「コイ」などを理解させていきます。

フレンチ・ブルドッグはテンションが高くなりやすい面もあるので、オスワリをさせてから、ゆっくり撫でて落ち着かせる時間を覚えさせることも大切です。

興奮スイッチが入りやすいポイント

ほかの犬や人と接触している

他の犬や人と接触させると緊張してしまう犬も多いです。

フレンチ・ブルドッグは我慢強いところもあるため、大人しくしていますがそのときの状況や相手との相性によってはストレスを感じることがあります。

愛犬が心細いときには側によって来るので、その場を離れるべきかどうかの判断はここでします。

我慢をさせている

急に怒りだすのは基本的にそれまで不快なことを我慢していた結果になります。

犬が何か嫌な思いをしていないか察して、除去できるようであればしてあげましょう。

犬が不快を招く要因には、騒音、気温や湿度、ニオイ、といった環境要因と本人の健康状態の場合があるので、体調や動作をみます。

健康上の問題を抱えている

持病というほどではなく、細かいトラブルを抱えていることが多いので、機嫌が悪そうな時には、体調不良も疑ってみます。

食欲が落ちていないか、多飲多尿になっていないか、歩き方がおかしくないか、触られるのを嫌がるなどあればまずは動物病院を受診します。

興奮してしまったとき

何かのきっかけで興奮してしまったときには、暴れたり噛んだりしないよう捕まえる必要があります。

後ろに回って首輪、難しければリードを手でつかみ犬の動きを止めてクールダウンするのを待ちます。

この時に、犬の体を無理に抑え込んだり、つかもうとはせず、首輪やリードを使って、動きを制することがポイントです。

もう一方の手や自分の足を犬の体にくっつけておきます。

犬が落ち着いていないのに抱っこしようとしたり移動しようとすると逆に抵抗します

クールダウンしはじめたら、「大丈夫だよ」と安心させるように撫でてあげます。

スイッチが入りそうなとき

行動を観察していると少しずつ、スイッチが入りそうなサインがわかってきます。

✔あくびを始める
✔呼吸が早くなるなど

その犬特有のサインがでたときには、そのままにせずスイッチが入る前におやつなどを使って、「フセ」などをさせて気をそらせます。

スイッチが入りそうだからといって、「だめだよ」「いけないよ」や、無理に抱っこしたり、引っ張ったりしないようにしましょう。

その行動がスイッチを促すことになりかねません。

噛み癖するこには

フレンチ・ブルドッグは興奮しやすい面もあるので怒るともっと興奮して噛みにくることもあります。

噛んできたら、怒るよりさっと無言で立ち去りましょう。

フレンチ・ブルドッグは、飼い主が大好きです。

噛んだらみんなから無視されて相手にされないと分からせることが大切です。

「噛むことは悪いこと」と小さなうちから教えることが何よりも大事で、特にフレンチ・ブルドッグは、顎の力も強いので大けがのもとになります。

無駄吠え対策

吠える理由には、縄張り意識や、怖かったり、逆に飼い主に構って欲しいなどそれぞれあります。

縄張り意識からの無駄吠えは、気を反らせて気にさせないようにします。

コマンドやご褒美のおやつをつかって落ち着かせ慣れさせます。

ほかの犬や知らない人を怖がって吠える場合には、社会化不足によるものもあります。

いろんな音や環境に慣らすことが大切ですが、無理に近づけてはいけません。

愛犬の許容範囲が少しずつ広がるようサポートします。

飼い主さんに構って欲しいという要求による吠えの場合には、要求に応じないことが大切です。

フレンチ・ブルドッグは飼い主の表情をしっかりみているので、「イケナイ」という言葉とともに立ち去るか構わないようにします。

手入れ・ケア方法

皮膚の手入れ

ブラッシングはせきるだけ毎日してあげましょう。

マッサージがてらに、ラバーブラシで取ってあげると嫌がりません。

1日1回は固く絞った濡れタオルで身体を拭いてあげます。乾いたタオルで乾拭きしてしあげます。

しわの部分は汚れが溜まりやすいので、とくに目と鼻の間は念入りにふき取ります。

タオルを指に巻き付けしわに差し込みしわの奥まで拭き取ります。

犬の皮膚に安心・安全なおすすめのシャンプー

2016.02.16

鼻にできるよごれ

鼻の頭のフチに小さな粒状の黒いかたまりができやすいです。

雑菌増殖の原因になりますので、優しいガーゼなどを指に巻き付けカリカリこすってとってあげましょう。

耳の手入れ

大きな立ち耳は埃が溜まりやすいので、見える範囲でイヤークリーナーとコットンを使って拭き取ります。

フレブルのサロン費用

シャンプーコースで、爪切りや耳掃除、肛門腺絞りなどのコースでおおよそ4000~6000円です。

 

飼うなら購入より里親になろう

日本でも動物愛護の精神が高まりつつあり、新しい犬を迎えるにあたり保護団体や里親サイトを利用する方も増えています。

新しい命を増やすまえに、いま愛情を必要としている成犬や成猫たちがたくさん待っています。

成犬成猫から飼うという選択肢は、これまで生きてきた環境により性格も様々ですが、保護されている期間にある程度の性格も把握されているため飼いやすいなどのメリットもあります。

12万~22万円位が価格相場のようですが、何十万というお金を出して購入するより、殺される命やお迎えを待っている子を保護しませんか。

保護団体・里親サイト:ペットのおうち

事情によりペットを飼えなくなってしまった飼い主や、ペットを保護している保護活動者などと、ペットを飼いたい(里親になりたい)と考えている方が交流できる場所が「ペットのおうち」です。

会員登録を行えば、すぐに里親募集情報の投稿、里親申し込み(里親応募)、コミュニティの利用が可能です。

まとめ

今回はフレンチ・ブルドッグの歴史や特徴、性格などを掘り下げてご紹介しました。

気難しいと言われる理由や、興奮した時の対処法、飼育の注意点やしつけのコツなどフレンチならではの性質をいかしたポイントをまとめました。

楽しいフレンチ生活が送れるよう、かかりやすい病気や手入れ方法などもぜひ参考にしてもらえればと思います。

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です