【2020年】もっと車内を快適に!ペット用ドライブシート・ドライブマット

車で愛犬や愛猫とお出かけする機会も多いと思いますが、ドライブシートやマットをご使用ですか。

車のシートの汚れも心配せず、万が一のオシッコや抜け毛などの掃除もとても簡単に出来ます。

機能性が高くコスパが高い商品も多いので、ペットと一緒にドライブする飼い主さんには是非おすすめです。

 

ドライブシートと使うメリット

  • ドア周りの革部分を、爪などで傷つけられる心配がない
  • 泥や毛、オシッコなどの汚れからガード
  • 手洗いか洗濯機で洗うことができるので、衛生的
  • 車シートの間なのに砂や食べ物、ペットの足が挟まるなどの心配がない
  • ドアの出入り口を塞いでくれるタイプなどは飛び出し防止になる
  • キャンプなどアウトドアの時に野外シートとして使用可能

誤った使い方をすると、かえって怪我や事故の原因になりますので注意して下さい。

ドライブシートの選び方

失敗しないためにも、購入する前に抑えておきたいポイントです。

素材にこだわる

基本的には汚れに強くなっていると思いますが、丸洗い出来たりと掃除しやすくなっています。

水はけが良い素材や丸洗いできるかなどはチェックしておくといいでしょう。

形にこだわる

ペットの大きさや性格などにも考慮して選びましょう。

元気な子には、動けるスペースが確保できるようなものを。

寝たりのんびりとドライブを楽しみたい子にはボックスタイプなどの自分のスペースが確保できるようなものを。

また、どの場所に設置するかも考えてから購入しましょう。

付属品で選ぶ

飛び出し防止のリードが付いていたり、収納できるポケットが付いていたりと便利な付属品も選ぶポイントになるかもしれませんね。

車内だけではなく、そのままレジャーシートとして使えるようなシートもあります。

ペキュート[Pecute] 新型ペット用ドライブシート(トランク用)

Amazonの犬用カー用品のランキング1位のドライブシートです。(2020.07現在)

シートが滑りにくい、厚みがある、簡単に汚れが取れる、取り付けが簡単との高評価なレビューが多かったです。

1年のメーカー保証付きです。

「トランク用」と「後部座席用」がありますが、こちらはトランク用の商品です。

耐久性と快適性のための5重補強設計により、泥、こぼれ、傷、ふけ、髪、汚れ、さらにはよだれから車のブーツを保護します。

  • 上層:耐久性のある600Dオックスフォード布地は、傷が付きにくく、耐摩耗性があり、防水性があります。
  • 第2層:PVC防水フィルム、耐水性のための二重保険。
  • 第3層:sit柔らかいPPコットン、ペットがより快適に座ったり横になります。
  • 第4層:190Dオックスフォードの裏地の布、堅い材料。
  • 底層:silicone滑り止めのシリコンポイントベースはカバーを所定の位置に保ち、周りを滑らない。

 

シートの汚れは、拭き取り、手洗い、押し洗いが可能なので、雨の日・アウトドア・海の帰り・おしっこや泥汚れにもいいですね。

便利な小物収納も付いています。

ウェットティッシュやお水などスグ出し入れできるのも嬉しいポイントですね。

直接乗り降りするワンちゃんが排気管で火傷しないように覆うことができます。

車の後部の汚れ防止にもなりますね。

サイズはこちらです。

トランクにはもちろんですが、レジャーシートとしても使えるそうです。

車から降りた後にも、取り外して使用できるのは便利ですね。

 

 

ペキュート[Pecute] 新型ペット用ドライブシート(後部座席用)

 

こちらの商品は後部座席用のシートです。

 

  • 上層:超音波プレス技術を採用する、防水能力UP ↑
  • 第2層:柔らかいPP綿、ペットがより快適に座る
  • 第3層:TPU防水フィルム、防水性のための二重保険
  • 下層:滑り止めPVCメッシュ

600Dオックスフォード防水材料を採用しており、ポリエステル製の表面には防水加工されています。

生地も厚くしっかりして、耐久性や耐摩耗性に非常優れています。

ペットのおしっこ、抜け毛、泥などが簡単に掃除でき、皮革製の座にペットの爪などからの傷を防止し、車を綺麗に守ります。

メッシュになっていると、エアコンの風もよく届きますし、なにより愛犬の様子が一目で分かるのはいいですよね。

愛犬が前に来ることもないので、運転に集中できますね。

窓の両側にジッパーがあるのがとても便利だとレビューにありました。

小物収納ボックスにはお水やウェットティッシュなどすぐに出し入れするものを入れておけるので便利ですね。

サイズは、幅137×奥行45×高さ37cm。

全車種対応です。

ベルト長さで調整可能なので、SUV、トラックなどの車にも対応できます。

取り付け簡単で、折りたたみ式なので、スペースを節約できます。

元気のいいワンちゃんにはこのタイプがいいかもしれません。

ボックスタイプで落ち着くというよりは、体も伸ばせて、多少歩き回れますし、運転席に飛び乗ってくる可能性も低そうです。

 

 

ペット用ドライブボックス 折り畳み式 コンパクト BEEWAYS

 

15kg以下のペット用のドライブボックスです。黒とグレーの2色タイプ。

ボックスタイプは自分のスペースが確保できるので、安心感がありますね。

助手席はもちろん、どの席にも設置できるのも嬉しいですね。

メンテナンス性に優れたオックスフォード生地なので耐久性も抜群です。

ペットのおしっこ、抜け毛、泥などが簡単に掃除できます。汚れが気になった場合は丸洗い出来ます。

ヘッドレスト固定ベルトは長さ調節が可能ですので、ペットが外を見通せる高さに合わせられますね。

飛び出し防止リードも付いています。

前面には小物収納ポケットもあります。

重量もわずか1kgと軽いので、簡単に設置、片付けができますね。

コンパクトに収納できるので、使わない時や持ち運ぶ時にも便利です。

また、最新版では支える棒が強化され丈夫になりました。

以前のレビューに「犬が手をかけると沈んでしまう」というようなことが書かれていましたが、しっかりと改良されています。

より安全に使えるように工夫してくれているのは嬉しいですね。

 

安全で居心地の良い空間でドライブを

今回は持っていると便利な、ペット用のドライブシートをご紹介しました。

まずは愛犬愛猫が安全にドライブを楽しめることが大事ですね。

その安全が確保されていないと飼い主さんも不安で運転に集中できません。

安全にドライブを楽しむるためにも、必要な物かもしれませんね。

また、新しいシートなどには匂いが付いていたりして、落ち着かない、車酔いなどの原因にもなりますので、気になれば使用する前に一度丸洗いしてもいいかもしれません。

いつも使用している毛布やタオルなども一緒にいれてあげると安心します。

犬とおでかけ!気を付けたいポイント

2020.01.04

この記事が気に入ったらシェアしよう!