ジャンガリアンハムスターの飼い方・特徴・色種・寿命や病気など

スポンサーリンク




ハムスターの中でも人気の高いジャンガリアンハムスター。

今回はジャンガリアンハムスターの飼育を考えている方に、これを読めば飼育の一通りのことがわかるようまとめました。

ぜひ参考にしてください。

ジャンガリアンハムスターの歴史

ジャンガリアンハムスターの原産地は、カザフスタン共和国、シベリアから中国北部です。

中国のジュンガル盆地に生息することが名前の由来です。

実際にはシベリアに多く分布しており海外では「シベリアンハムスター」「ロシアンハムスター」とも呼ばれています。

日本においては、ジャンガリアンハムスターは実験動物として紹介され、1993年9月からペットとして広まっていきました。

大きさや独特の愛らしい仕草から人気が高く、ドワーフハムスターの中では、最も人気なのがジャンガリアンハムスターです。

ジャンガリアンハムスターの性格

ドワーフハムスターの中では一番おとなしく、マイペースな種類と言われていますが性格に個体差が大きくでます。

基本的には人に懐きやすく世話もしやすいですが、他にあまり動かず食べてばかりいるおっとりタイプや、比較的落ち着きがなく不満があると怒って噛むタイプもいます。

子供の頃の飼育環境や元々の性格で左右します。

人を怖がらない子は飼ってすぐすんなりと手に乗ってくれる場合もありますがその分怖がらないので、不満があるとすぐに噛んでくる子もいます。

ハムスターは性別により性格がかなり違います。

オス
・好奇心旺盛で懐きやすい
・縄張り意識が強い
・環境の変化やストレスに弱い
メス
・順応性が高くストレスに強い
・気の強いところがある
・オスより力が強い

特にメスは妊娠中、出産後は攻撃的な面が顕著になるのでオスとは別に飼育したほうが良いでしょう。

ジャンガリアンハムスターの特徴

✔目
夜行性なので暗闇の中も見えますが近視で視力は良くありません。
色は識別できないと言われています。

✔口
歯は16本で黄色っぽい色が普通です。
上下4本の歯は生涯伸び続けます。
顔の両側にほお袋を持ち、巣穴にごはんを持ち帰って貯蔵します。

✔鼻
とても優れた嗅覚を持っています。
飼い主のにおいを覚えることもできます。

✔耳
嗅覚に並ぶ聴覚を持っています。

遠くの飼い主の足音に反応したり人には聞こえない超音波を聞き取ることができます。

✔四肢
前肢は4本、後肢は5本あり、足の裏に毛が生えています。

尖った爪をもつため、伸びすぎて危ない場合にはカットが必要です。

✔尻尾
上下運動せず高いところでバランスをとる必要がないため、退化しています。

✔臭腺
マーキングに使用される臭腺が左右の口角に1対、へその部分に1つあります。

✔毛色
・ノーマル
・スノーホワイト
・サファイヤブルー
・プディング(イエロー)

基本の飼育グッズ

✔ケージ
ジャンガリアンハムスターはサイズは小さいですが運動量が多いハムスターです。

ケージの中に巣箱や食器を置いても、スペースが十分確保できるサイズが心身の健康のためにもおすすめです。

下記のようなものならセットで付いてくるので、別で回し車など買わずに済むので楽です。

✔床材
床材は寝床になったり、落ちた時のクッションにもなります。

ジャンガリアンハムスターが潜れるぐらいにたっぷり敷くようにします。

✔巣箱
狭いところに潜る習性があるハムスターは、巣箱があると安心します。

種類は色々ありますが、かじっても心配のない木製がおすすめです。

屋根が取り外せたり、底のない木製巣箱は掃除もしやすくおすすめです。

✔食器
ひっくりかえすこともあるので、重いものか引っかけるタイプを選びます。

✔給水機
飲みたい分だけ出てきて床を汚さない給水ボトルがおすすめです。
買う前にし使用しているケージに取り付けられるかどうか確認をしましょう。

✔トイレ
決まった場所にする習慣がつくと、健康チェックや床材の掃除がしやすくなります。

出入りしやすい高さ3㎝くらいものを選びましょう。

※注意・・・固まる砂は絶対に使わない。水を吸うと固まる砂は口に入れてしまったり、足にくっついて取れなくなり危険なのでやめましょう。

✔回し車
中に入って回しながら走ります。

隙間があるとケガをしやすいので隙間のないものを選びましょう。

✔その他
・温湿度計
・予備ケージ
・かじれる木
・砂浴びグッズなど

快適な環境づくり

温度変化とストレスに注意が必要です。

室温目安:22~24℃

厳しい暑さや寒さは体に負担をかけます。

エアコンや冷却・保湿グッズを利用し1年を通して温度管理をするようにします。

昼間は直射日光を避け、日差しが柔らかく差し込む部屋にケージを置きます。

夜はケージにカバーをかけてあげると良いでしょう。

騒がしすぎる環境は、ジャンガリアンハムスターのストレスとなります。

ケージを設置する場合には、振動を感じやすい床面ではなく1メートルぐらいの高さを目安に設置します。

テレビの横など、音が良く出る場所からはできるだけ離して飼うようにします。

ジャンガリアンハムスターの飼い方

ジャンガリアンハムスターは夜行性の動物です。

ハムスターの一日のサイクルでは、昼間はほとんど眠っています。

ずっと眠り続けるのではなく、時々起きてはまた眠るの繰り返しで、夕方頃から活動しはじめます。

人が起きる6時ころにまた、眠りはじめます。

ハムスターが起きだして動き出す夕方以降にお世話をするようにしましょう。

部屋で遊ばせるときの注意点

✔家具の下や壁との隙間や狭いところに入り込むのでふさぐようにしましょう。
✔戸締りをしているか確認してから遊ばせましょう。
✔同居動物とは遊ばせてはいけません。
✔たばこの吸い殻や輪ゴム、毒性のある観葉植物を置かないようにしましょう。
✔電気コードにはカバーをして感電しないようにしましょう。
✔カーペットの下に潜り込んだりすることもあるので足元にも注意しましょう。

毎日の世話

✔エサと水の交換(活動時間にあわせて夕方~夜にかけて行います)
✔巣箱のチェック(貯食習性があるため巣箱に野菜や果物などが残っていないかチェックします)
✔トイレと床材の一部交換(汚れた部分だけ捨てて補充します)
※月に1度はケージや食器、給水ボトルなどを丸洗いし熱湯消毒するようにしましょう。

留守番

1~2泊までにしましょう。

エサと水は大めにしますが、野菜や果物は一回分のみにします。

エアコンは温度調節して留守中も常に適温を保つようにします。

慣らし方〜3つのポイント

いつも世話をする人をまずは覚えてもらう

ハムスターは視力が良くないため、声やにおいで飼い主を確認します。

おいしいものをくれる人と覚えてもらう

食べ物を手で直接渡します。

このときに怒ったり、噛みにきても叱らずに数日あけてからもう一度挑戦してみます。

少しづつ覚えてもらいます。

自分から手に乗ってきたらしばらくは動かない

手にのってきたらしばらく動かないようにしましょう。

乗ったばかりのハムスターは危険がないかを確認しています。

1分くらいしたら、人差し指で頭を優しく撫でてみましょう。

嫌がらなければ慣れてきたサインです。

慣れないときにはコップを利用

ジャンガリアンハムスターの中には、なかなか慣れず噛みに来る子も少なくありません。

掃除をしたいけどなかなか触れないときには、尾としても割れないプラスチックのコップを利用しましょう。

ケージの中を掃除する方法

手順
・コップを横にして、ハムスターをコップの入り口に誘導します。
・コップに入るように手でやさしく追い込みます。
・コップに入ったら必ず手で蓋をして移動するようにしましょう。
・噛む場合には軍手を使いましょう。

次ページ>>かかりやすい病気の種類

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!