犬の歯磨きのやり方と必要性のまとめ5つ

スポンサーリンク




犬に歯磨きって必要なの?なんて思ってる方は要注意! 結論から言うと、犬の歯磨きは必須です! 歯磨きをしないと、人間と同じように犬も歯周病や口臭、虫歯になってしまいます。
歯周病がさらに進行すると菌が繁殖して目の下に穴が開いたり、顎を骨折したり、内臓疾患につながることも。歯だけでは済まされないんです。 人間は歯医者にいって治療することができますが、犬の歯の治療はそう簡単なものではありません。

愛犬にとって歯の治療は身体への相当なリスク、飼い主さんにとっては費用負担がのしかかってきます。そのリスク・負担を回避するために愛犬の歯磨きはとっても大切な習慣だと言えるでしょう。
そこで今回は、具体的な歯の治療リスク、犬の歯磨きノウハウをご紹介したいと思います。

歯の治療のリスク

歯が痛くなったら歯医者!と直感的に思い浮かべますが、犬の場合は残念なことに動物専門の歯科はかなり少ないです。
ではどうやって治療するのかという問題ですが、いつもお世話になっているであろう動物病院に治療をお願いします。 人間の歯科のように削ったり詰めたりという複雑な治療工程はありません。
なぜなら、動物病院は歯科専門ではないからです。(獣医は総合的にさまざまな科を診ています)

画像引用元:http://www.lunahp.com/sgry_dental.html

また、抜歯・歯石除去などの治療は、全身麻酔・麻酔無しで治療できます。ですが麻酔は犬にとって身体への負担が大きく、死のリスクを伴います。歯磨きをしていなかったばかりに歯の治療で身体に負荷をかけるなんて、元も子もないですよね・・。
愛犬の歯の治療を経験した飼い主さんは身をもって気づくはずです。 愛犬の歯磨きはとっっっっても重要!だと。

慣れさせるしつけ

突然、「じゃ歯磨きしますよー」と愛犬の口の中を掃除しようとしても、愛犬は抵抗に抵抗を重ねることでしょう。
まずは、愛犬に歯磨きを嫌がらないしつけが必要です。

【口の周りを触れて慣れさせる】

母親が子を叱るときに口の周り部分を咥えることから、犬にとっては口の周りを触る=優位性を確認する行為として本能的に認識しています。
そのため、口の周りを触られることを嫌がる犬が多いのです。そこで、毎日愛犬の口の周りを触って触られることを慣れさせましょう!
最初は数秒、次は何十秒と触る時間をどんどん増やしていくと良いでしょう。

画像引用元:https://jp.pinterest.com

【口の中に指を入れて慣れさせる】

口の周りを触れると同様に口の中に指が入ってきても、嫌がったり噛んだりしないように慣れさせましょう!最初は、遊びの延長で指を入れたら出すを繰り返してください。段々慣れていくかと思います。
指を入れられることに慣れたら、次のステップはガーゼなどを指に巻いて歯を撫でてみましょう!お腹あたりを撫でながらリラックスした状態で行ってくださいね。最初はそれは嫌だ~と抵抗するかもしれません。根気よくトライしてください。

画像引用元:http://dog-oral.jp/

【歯ブラシに慣れさせる】

怖がりな犬は歯ブラシを見せただけで逃げ回ってしまうかもしれません。
まずは、これは安全だよー怖くないよーと歯ブラシの臭いを思う存分嗅がせてあげましょう!
嗅がせたあとは、口に歯ブラシを入れてみて、口の中にいれても平気な様子だったら、、奥歯や前歯、外側や内側など歯ブラシを口の中で動かして慣れさせましょう。
最近では、味付きや臭い付きの犬用歯磨き粉があるので、それを活用して歯ブラシに対して興味を持たせる方法もいいかもしれません。

使いやすいおすすめの犬用歯ブラシ7選

2015.08.11

犬猫の安心&安全なオススメな歯磨き粉

2015.08.11

歯磨きの上手な方法

しつけができたら実際に歯磨きをしてみましょう!口元を支え、歯ブラシを口の中に入れます。基本45度の角度をつけあて、歯と歯茎の間の溝に毛先を入れるイメージで。

まずは前歯の外側からゆっくりやさしくブラシをあて動かします。前歯が終わったら、ゆっくりと奥の歯に向かって移動します。
外側が終わったら、次は内側を、同様にやさしく磨いていきます。 歯磨きが終わったらご褒美としておやつを与えてあげましょう。歯磨き=楽しいことと愛犬にイメージ付けをさせることが大事です。

歯磨きの頻度

毎日歯磨きしてあげることが理想です。毎日歯を磨くと、犬も歯磨きが習慣になって歯磨きに対する抵抗がより少なくなります。
愛犬の慣れ度合によってだと思いますが、毎日が難しい場合は最低でも週3~1日おきに歯磨きをしてあげましょう。

また、普段与えてる食事によって歯垢の付着度が異なります。ドッグフードのドライタイプは歯垢の付着率は低く、ウェットタイプは付着度が高いです。それを踏まえたうえで飼い主さんが責任をもって愛犬の歯磨き管理をしてあげましょう。
愛犬の歯と歯茎の間に歯垢(黄白色)が溜まって見て取れるときはかならず歯磨きをしてくださいね。

画像引用元:http://www.fuji-ah.com/byouki013.html

歯磨きグッズ

歯茎の間の溝の内側まできれいにするには、やはり歯ブラシが最適。
ですが、どうしても歯ブラシでの歯磨きを嫌がる犬も多いかと思います。
歯ブラシ以外にも、デンタルケアをできるグッズはいろいろとあるのでさまざまななケアグッズを試してみて、愛犬と相性のよい歯磨きグッズを活用するのも一つの手です。

①歯ブラシ・・・ブラシの部分が小さくて、毛が軟らかいタイプがベスト。犬の歯はエナメル質が人間よりも薄いので、堅いブラシだと歯や歯茎を傷つけてしまいます。犬用歯ブラシで360℃ブラシが付いているタイプはおススメです。

②歯磨き粉・・・ジェル・スプレー・リキッドタイプがあります。歯ブラシにつけて使うもの、歯やよく遊ぶおもちゃに直接つけるものなどいろいろな種類があります。愛犬が飲み込んでも問題ない無添加のものを選びたいですね。下の商品は、チキンフレーバーとなっているので、犬猫ちゃんが喜んでる歯ブラシしてくれる可能性あり♪



③ガーゼ・・・犬の歯磨き専用のガーゼ(シート)や、水に濡らした普通のガーゼを自分の指にくるくる巻き付け、愛犬の歯と歯茎の間を撫でるように磨いてあげてください。歯磨きが苦手な犬には、歯ブラシの次に歯垢除去の効果があります。

④歯磨きおもちゃ・・・噛んで遊びながら口臭や歯周病を予防できるデンタルケアタイプのおもちゃ。骨型のデンタルボーンや、香りのついたソフト素材のぬいぐるみなど噛むことで歯垢を落とすことが目的です。
しかし完全に歯周病を予防できるという訳ではないため、あくまで歯磨きができなかった日などに数時間与えてあげるといいかもしれません。

まとめ

歯の健康は寿命と深いつながりがあります。
愛犬を健康に長生きさせてあげるためには、まずデンタルケアから!ご褒美のおやつなどで歯磨きを楽しいイベントだと愛犬に覚えさせ楽しい歯磨き習慣を送りましょう!

使いやすいおすすめの犬用歯ブラシ7選

2015.08.11

犬猫の安心&安全なオススメな歯磨き粉

2015.08.11

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!