あの脚の短さで有名なマンチカンの飼い方・性格・特徴・かかりやすい病気

スポンサーリンク




マンチカンといえば、なんといってもチャームポイントの短い足です。

その足の短さはとにかく可愛らしく、ただ歩いているだけなのに、キャットタワーに登ろうとしているだけなのに、なぜか他の猫種にはないマンチカンならではの愛らしさがいっぱいです。

その他にも、足が短いことだけじゃないたくさんの魅力がつまっています。

今回はそんなマンチカンの歴史や性格、特徴などをご紹介していきたいと思います。

見た目とのギャップや、足が短くないマンチカンのこと、被毛の長さや毛色の種類についても書いているので是非参考にしてもらえればと思います。

マンチカン特有のなりやすい病気や気を付けたいこと手入れの仕方、里親サイトもご紹介しています。

マンチカンの名前の由来や、マンチカンのギネス記録についても書いてあるので是非読み進めてもらえればと思います。

歴史

猫界の「ダックスフンド」と呼ばれているマンチカンの歴史は浅く、初めての存在は、1944年にイギリスのジョーンズ博士によって初めて報告されたとされています。

突然変異でそのような姿になったとされていますが、第二次世界大戦の頃(1939年~1945年)には姿を消してしまいました。

その後も1953年にはロシアから、1964年にはアメリカはニューヨークで、同じように足の短い猫が出現しました。

1970年にはニューイングランドでも足の短い猫の存在が確認されていました。

ブラックベリーという野良猫がマンチカンの第一歩

世界あちこちで報告された足の短い猫の突然変異は、ブラックベリーと呼ばれる野良猫により現在のマンチカンへの大きな一歩を踏み出すことになります。

1983年、アメリカはルイジアナ州で、トレーラーの下で暮らしていたブラックベリーと呼ばれていた野良猫は妊娠していました。

発見当時、産まれた子猫は4頭で、そのうちの2頭が足の短い猫でした。

ちょこちょこ短い足で歩く様が可愛らしいことから、この短足の子猫のうち、トゥールーズと名付けられたオス猫がブリーダーに引き取られることになりました。

このときから、足の短い猫の育種が始まったのです。

交配猫には、近親交配による遺伝子疾患の危険性を減らすために、あえて足の短くない猫たちで行われました。

マンチカンの名前の由来

児童文学作品の「オズの魔法使い」には、マンチカンと呼ばれる小さな小人たちが出てきます。

猫のマンチカンの足が短くてよちよち歩く様子が、このマンチカンを彷彿させたため、それにちなんで名づけられたとされています。

育種されたマンチカンは、1991年ニューヨークで開かれたキャットショーで初めてお披露目されることとなりました。

足が短く、小さなマンチカンのその姿は、様々な観点から論争が起きました。

足が短いことから、遺伝子疾患や免疫力の弱さを懸念する人たちとがいました。

この足の短い猫の何とも言えない愛くるしさにすっかり魅了され、その健全性を信じようとする人たちもいて、両者の間で論争が巻き起こりました。

この時のキャットショーと以降の評判では、「単なる突然変異」と結論づけて終わりましたが、後にこの足の短い猫はアメリカの色々な場所で見つかり、魅了された人たちの手によって、また育種のために使われました。

スタンダードとしてのマンチカンと今の現状

近親交配の危険性の低下により、TICA(世界最大の猫の血統登録機関)は、1995年にスタンダードを作成し新しい猫種として認定することとなりました。

マンチカンの育種について、倫理見解の相違は猫愛好家や遺伝学者の中で様々な立場の違いがあり、以下団体では、2014年現在、マンチカンを猫種として公認していません。

CFA(アメリカにある猫血統登録団体)

GCCF(イギリスの猫血統登録団体)

FiFe(ヨーロッパ最大の猫血統登録団体)

純血種としての育種が開始されて20年ほどの浅い歴史のマンチカンは、今後さらに時間をかけてマンチカンの健全化と固定化がまたれるところです。

性格

陽気で好奇心旺盛、人懐っこくておもちゃで遊ぶのも大好きです。

無邪気な性格で、少々ビビり屋さんなところはありますが、自分より体格の大きい猫などが相手でも立ち向かって遊びに誘います。

スキンシップをしてもあまり嫌がらず、喜んでくれるところもマンチカンの良い所です。

小さな子供がいる家庭でも仲良く過ごせます。

甘えん坊で家族のことが大好きなので、一緒に遊んであげることで、飼い主との信頼関係を築くことができます。

マンチカンのオスがメスよりも、よりやんちゃで甘えん坊な傾向があり、甘え上手でさらに社交的なので、猫を飼うのが初めての人にも向いています。

元気はつらつで穏やかなので多頭飼いにも向いています。

特徴

スタンダード

✔体型

厚みがあるボディは胸元は丸く、腰はしっかりとしています。

✔頭部

丸みのあるくさび型です。

体とバランスの良い大きさで頬は高めです。

✔眼

クルミ形で優しい瞳をしています。

耳の根元に向かってわずかに傾き離れ気味に付きます。

✔四肢

前肢と後肢は、ほぼ同じ長さで、丸くてコンパクトです。

まっすぐな短い脚は、足指がわずかに外側に向いています。

✔尾

ボディとほぼ同じ長さなので、しっぽがふさふさ長いのが特徴です。

尾は丸い先端に向かって先細りします。

✔被毛

シルキーです。

その他マンチカンの特徴

足は短いですが、意外と足も速く動きは機敏でコーナリングも得意です。

二本足で立ち上がったり、ジャンプをしたり木登りなども大好きですが、足が短いため跳躍力があまりありません。

キャットタワーの高さは低めに調整し、ケガのないようにしましょう。

体の重さが増すと、体に負担がかかるので体重管理にも注意が必要です。

おもちゃで遊ぶことも大好きなので、遊ぶためのおもちゃや、駆け回るスペースは十分に用意してあげましょう。

小さいころは、余計に足が短いので、耳を掻こうとして届かずにひっくり返ったりもすることもあるので仔猫のうちにはとくに注意して見守ってあげましょう。

マンチカンの四肢タイプ

マンチカンは、足が短い猫ですが必ずしも生まれてきた猫全員が、足が短いタイプとは限りません。

四肢の短いタイプが生まれるのは、2割程度と言われていて、とても貴重な可愛い要素と言えます。

足長のマンチカンは、マンチカンの特徴である短い足の猫ではないため「足長」と表記されていますが、その長さは普通の猫ほぼ同じくらいです。

短足と足長の中間くらい長さの「中足」のマンチカンもいます。

マンチカンの被毛の長さは2種類

短毛種のマンチカン(中くらいから短めの長さ)

https://www.pinterest.jp/

長毛種のマンチカン (セミロングの長さ)

https://www.pinterest.jp/

ギネス認定の世界最小猫はマンチカン

世界で一番小さい猫としてギネスに登録されているのが、2013年10月19日に達成した9歳のメスのマンチカンです。

床から肩までの高さ(体高)が、13.34㎝という記録です。

マンチカンがなりやすい病気

椎間板ヘルニア
マンチカンは猫のダックスフンドと言われるように足が短く、肥満になると体重がかかりやすいため、犬よりも発生率は低いですが、椎間板ヘルニアになりやすい猫種と言われています。

体重の有無に関わらず、加齢や遺伝でも椎間板ヘルニアが発症してしまうマンチカンもいるので、日頃からの観察が重要となります。

肥満にさせないよう体重管理をしたり、高いところからの飛び降りや急激なダッシュ、コーナリングをあまりさせないようにするなど、できるだけ足腰に負担がかからないようにしましょう。

歩き方がいつもと違ったり、いきなり失禁するようになったなど、違う変化が見られた場合には早めに受診します。

肥満
体内に脂肪がたまりすぎた状態です。
肥満は様々な病気を引き起こす原因になり、成猫の1歳になると基本的にそこから大きくは体重は変わりません。

1歳の頃の体重を基準に体重管理を行いましょう。
猫の場合は、家庭でも体脂肪率を測ることができます。

肥満度チェック

定期的に体脂肪率を測定して肥満の予防に役立ててください。

胴回り(第9肋骨の周囲の長さ)を測ります。

✔次に脚の長さ(ひざからかかとまでの長さ)を測ります。

✔胴回りの数値を(A)、脚の長さの数値を(B)として下の表に対応させると体脂肪率がわかります。

✔目安として体脂肪率が30%以上だと肥満と考えるとよいでしょう。

https://www.royalcanin.co.jp/

毛球症
グルーミングをするときに、舐めて飲み込んだ毛は胃腸を通過し便とともに通常排出されます。

それが上手に排泄されず、塊上の毛球となって胃の中でたまり胃粘液を刺激して起こる消化器症状を毛球症と言います。

ロングヘアのマンチカンでありうる病気です。

胃粘膜を刺激するので、刺激による嘔吐や食欲不振などの症状が見られ、嘔吐の時に毛玉を吐く症状もよく見られます。

毛玉を吐く頻度が、数か月に一度程度であれば、さほど心配はいりませんが、頻繁に吐くよであれば治療が必要です。

治療は、すでにたまった毛が便と共に排泄されやすくするサプリメントや毛球症用のフードを利用したりする方法があります。

胃内の毛球が胃を通過して腸に入り込み、そこで詰まって腸閉塞を起こしている場合には、外科的に詰まった毛球を取り除く手術が必要になることもあります。

大きな粒より小さな粒のフード、ドライフードよりもウエットフードの方が腸管内に停滞しにくいようです。

ブラッシングをして飲み込む毛の量をなるべく減らしたり、ストレスのたまらない環境作りでグルーミングが過剰にならないようにしてあげることも大切です。

尿路結石症
尿路結石症とは、腎臓・尿管・膀胱・尿道の中に結石や結晶ができる病気です。

症状
✔尿が少ししか出ない、もしくは尿が全く出ない
✔トイレでじっとしている
✔尿をするとき痛がってなく
✔血尿が出る

尿が全く出ない場合は要注意です。
尿道に結石や結晶が詰まってしまって出なくなっていることが多く、これを放置していると、腎臓に負担がかかり、食欲がなくなったり嘔吐がみられたり、命に関わる状態になりかねません。

尿路結石症は性別に関係なくかかりますが、オスは尿道が細長くペニスの辺りでさらに細くなっているので結石が詰まってしまうことが多いです。

尿路結石症が増える傾向にある季節は、冬です。
冬場は寒いため、猫の水分摂取量が減る傾向があります。
濃い尿が長い時間膀胱に溜まることになるので、結石ができやすい状態になります。

慢性腎臓病
高齢の猫に多い病気で、慢性的に少しずつ症状が進みます。

症状
✔多飲多尿
✔食欲不振
✔体重減少
✔嘔吐
✔貧血
✔口内炎など

腎性高血圧から眼や脳、心血管系に異常をきたす場合もよく見られます。

腎障害が進行し、腎臓から尿への老廃物の排泄がうまくいかなくなると腎不全、さらには尿毒症を引き起こし、最終的には死亡してしまいます。

一度悪くなってしまった腎臓の組織は治療しても元には戻りませんので、早期に発見して進行を遅らせるような治療をするのが重要となります。

糖尿病
血糖値を下げるように調節するインスリンの分泌不足や作用不足により高血糖状態が持続し、多飲多尿や脱水、体重減少、後肢の虚弱など、末期には糖尿病性ケトアシドーシスによる食欲不振や衰弱、死亡を引き起こす病気です。

中~高齢で多く発症すると言われおり、一番わかりやすい症状は、明らか多飲多尿です。
今まで以上に、多量に水を飲むようになり尿量も増え、オシッコの色が薄くなるような症状です。

この段階で異変に気付けると治療もスムーズに進むことができますが、放っておくと入院での集中治療が必要になる場合もあります。

早期発見できるよう、多飲多尿が気になったらなるべく早めに受診するようにしましょう。

体重・大きさ

オスメスでは、大きさはあまりかわりません。

メス 体重3~6kg 体長60cm程度
オス 体重3~6Kg 体長60cm程度 

寿命

一般的な猫と比べると少し短めですが、マンチカンの寿命は10~13才位とされています。

毛色

マンチカンはあらゆる毛色と被毛の長さが存在し、すべてのカラーが認められています。

✔レッドタビー

✔ブラウンパッチドタビー

✔キャリコ 

✔ホワイト

✔ブラック

✔シルバータビ

✔ブルーなど

マンチカンと言ってもいろいろです。

※タビー・・・猫のシマシマの縞模様のことを言い、その色味や模様の入り方によって色々な種類があります。
※キャリコ・・・三毛のことを言います。被毛が黒、オレンジ、白の三色です。

向いている食事

遊びがだいすきなマンチカンは、栄養が豊富で適度なたんぱく質が含まれたフードのは向いています。

マンチカンにおすすめのフード↓↓

モグニャンってどんなキャットフード?成分分析・口コミ・効果など

2017.12.07

手入れ・ケア

✔被毛

短毛でも長毛でも、抜けている毛の量というのは、実は一緒です。

特に長毛のマンチカンは抜けた毛をそのまま身体につけておくと、皮脂や抜け毛どおしが絡まって毛玉になってしまう場合があります。

日頃からブラッシングをしてあげると毛玉はできにくくなります。


毛玉予防だけでなく、毛づやも良くなりますので、2~3日に一度のブラッシングはスキンシップや病気の早期発見などにもおすすめです。

猫の毛が抜ける時期とその理由〜対策をご紹介

2016.08.10

✔耳掃除

汚れが少ない場合には2~3週間に1回程度、コットンとイヤーローションを使って軽く拭き取る程度にします。

汚れが溜まりやすい場合には週に1回程度が望ましいですが、耳はデリケートなので気を付けましょう。

✔シャンプー

シャンプーは身体を清潔にするために必要な手入れではありますが、猫は本来濡れることを嫌うのであまり頻繁にシャンプーするのはストレスになります。

あまり無理をせず、臭いや汚れが気になる場合に適度にする位で問題ありません。

冬場のシャンプーは風邪をひかせないように注意します。

サロン相場費用

短毛タイプのマンチカン:6000~7000円

中長毛タイプもマンチカン:7000~8000円

中長毛で毛玉が多い場合にはバリカンなどで処理することもあるの、毛玉料金が追加でかかることもあります。

飼うなら購入より里親になろう

日本でも動物愛護の精神が高まりつつあり、新しい犬を迎えるにあたり保護団体や里親サイトを利用する方も増えています。

新しい命を増やすまえに、いま愛情を必要としている成犬や成猫たちがたくさん待っています。

成犬成猫から飼うという選択肢は、これまで生きてきた環境により性格も様々ですが、保護されている期間にある程度の性格も把握されているため飼いやすいなどのメリットもあります。

12万~22万円位が価格相場のようですが、何十万というお金を出して購入するより、殺される命やお迎えを待っている子を保護しませんか。

保護団体・里親サイト:ペットのおうち

事情によりペットを飼えなくなってしまった飼い主や、ペットを保護している保護活動者などと、ペットを飼いたい(里親になりたい)と考えている方が交流できる場所が「ペットのおうち」です。

会員登録を行えば、すぐに里親募集情報の投稿、里親申し込み(里親応募)、コミュニティの利用が可能です。

まとめ

今回はマンチカンの歴史、性格、特徴などをご紹介しました。

マンチカンの名前の由来や、マンチカンのギネス記録についてもご紹介しています書いてあります。

その他にも、足の短い見た目とのギャップの動きや、注意すべき点、かかりやすい病気なども参考にしてもらえればと思います。

マンチカンのタイプも足の長さや、被毛の長さ、毛色や里親サイトもあわせて書いてありますので、これからマンチカンを飼おうと思っている方におすすめです。

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です