猫のこわい感染症のまとめ【原因・対処法・治療法】

スポンサーリンク




主にお外の猫や、元野良猫が感染症にかかり命を落とすことは多くありますが、感染症にも種類があり症状は様々です。

あなたはどの程度の種類と対処法をしっていますか。

飼い主が正しい知識を持つことで、感染した猫にとってベストな猫生を送らせてあげることが可能となります。

例えば「エイズ」と診断されたとしても、症状が出ないまま長生きするこもいたりし、またトキソプラズマ症はきちんと配慮すれば妊婦でも危険はありません。

今回は猫を飼っているなら知っておきたい、感染症の種類や各感染症の対処法などをお伝えします。

猫免疫不全ウイルス感染症

原因

猫エイズとも呼ばれ、ウイルスによって怒る免疫不全症で、いろいろな慢性疾患を伴う病気です。

人間や猿のエイズウイルスと同類のウイルスが病原体で、末期になると、エイズ(後天性免疫不全症候群)の症状が出てきます。

が、人間のエイスとは似ていても別の病気で、ウイルスも別のもの。

人間とねこの間でウイルスが感染することはありません。

ほとんどの場合接触感染が原因で、ねこ同士が喧嘩して噛み合ったときにできた傷に、ウイルスを持つねこの唾液が接触すると感染します。

http://sagamihara-neko.jp/

症状

感染すると最初の数週間から1年間くらいは、リンパ線がはれたり、軟便が続いたりしますが、そのうち症状がなくなることが多く、外見上は健康なねこと区別がつきません。

この状態を無症状キャリアと呼びます。

その後数年たつと、徐々にほかの慢性の病気が進行します。

そのうちもっとも多いのが口内炎です。

口の中に潰瘍ができたり、歯茎が盛り上がったり、口臭やよだれが目立ち、餌をたべるときに痛がるようになります。

またやせ細ったり、下痢や熱が続くこともあります。

病気に対する抵抗力が減退していくのが特徴で、この時期はエイズ関連症候群と呼ばれます。

それから徐々に病気は悪化して、ガリガリに痩せたり別の感染症や腫瘍を併発し、いよいよエイズの段階になります。

エイズになったねこは急速に衰え死んでしまいます。

エイズは、まず免疫不全ウイルスが体中の免疫を破壊するため抵抗力が落ち、その結果他の感染や悪性腫瘍が起こりやすくなるという2段階を経ます。

ですが症状がでないまま、長生きするねこが多いのも事実です。

検査法と治療法

感染しているかどうかは、血液検査で調べます。

ただ、検査結果が陽性というだけで悲観したり、ねこを手放すべきではありません。

感染していても、無症状キャリアの状態はそれほど申告ではなく、治療もとくに必要ないからです。

病気がひどくなってエイズの基準を満たすものだけがエイズと診断されると、生命が危険になります。

このウイルス自体を死滅させる治療法は現在のところありませんが、エイズの時期に入る前ならば、症状によって正しい治療法を行うことが可能です。

症状によっては抗生物質などによる治療もでき、その場合は命を取りとめることもできます。

またこの病気は急性の感染症ではないので、若い猫が感染して急に死亡するようなことはありません。

早期発見が何より大切なのです。

予防

ワクチンがないため、ねこを戸外へ出さないことがいちばんの予防法です。

日本では野良猫や捨て猫、外にでる飼い猫がアメリカなどに比べると圧倒的に多く、この病気の感染率もアメリカの10倍になっています。

ただし、喧嘩の傷から感染するケースが多いので、近所にねこがいないとか、喧嘩をしないねこならば、避妊や去勢手術をして外に出すならそれほど危険はないでしょう。

たとえ感染したとしても、家の中でストレスを与えない飼い方をすれば、寿命を延ばすことができます。

また感染したねこと感染していない猫を同居させるには、別部屋で飼うなどして、できるだけ2頭が接触すつのを避けましょう。

そして新しく猫を飼うときは、必ずウイルス検査をしてからにしましょう。

いずれにしても、早期発見で適切な治療を行い、末期症状のエイズになる前に食い止めることが大切です。

日頃の健康チェックを怠らないよう、心がけてください。

トキソプラズマ症

原因

ねずみや豚などの哺乳類のほか、鳥や爬虫類、魚、土など自然界の至ることろに分布している原虫のトキソプラズマが病原体で、これに感染して移る病気です。

ねこの場合は、ねずみや生肉、土、または他のねこの便から移ることが多いようです。

症状

猫に感染しても、多くの場合は無症状のまま終わってしまいますが、症状が出ることもあり、治療を受けないと死亡します。

症状は発熱したり、元気と食欲がなくなり、嘔吐や下痢、呼吸困難、黄疸が見られ、目や神経に異常が現れたりします。

http://www.119.vc/

検査法と治療法

症状が他の病気とかなり似ているため、区別を付けるのは中々むずかしく、決め手は血液検査で高い抗体価が発見されるかどうかにかかわってきます。

診断されるとサルファ剤などの投与で治療を行います。

予防

かつてはこの病気が人間へ感染するとして、ねこがとくに危険視されたこともありましたが、現在では衛生的な配慮をきちんと行えば、妊婦がねこを飼っても危険はないと考えられます。

食事の前には手を洗い、ねこの便は一日以内に片付けるようにしましょう。

便の中の原虫の卵は一日たたないと感染する形にまで成熟しないため、それ以前に処理をしてしまえば問題はないわけです。

それでも心配ならばゴム手袋し、トイレの掃除には熱湯消毒を行えば安心です。

ねこの便以外に感染の危険のあるものは、豚肉やラム肉などです。

生や半生の状態では絶対に食べさせないこと。

人間への感染が気になるなら、血液抗体検査を受けてみてはどうでしょう。

トキソプラズマ症に対する抗体を持っている人は免疫ができているので、感染の心配はありません。

その他の感染症についてはこちら↓

飼い主ならしっておこう!猫のこわい感染症4種

2017.11.22

まとめ

こうしてまとめてみると、猫を飼っているなら一度ぐらい聞いたことがあるような病名もあったかと思いますが、症状をみると想像しただけで辛そうな病気ばかり・・・。

ワクチンがない感染症にならない対策方法は、やはり完全室内で飼育してあげることです。

我が家では完全室内飼いですが、年1で3種混合ワクチンを打ちに行っていますので、そうした予防も元気に長生きしてもらう大切なことだと思います。

関連記事&スポンサーリンク



この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です