東京都内☆外でたっぷり遊べる無料のドッグラン5選

スポンサーリンク

日本の首都である東京。
人口はもちろん、それに比例して登録されている犬の頭数も相当なものです。
コンクリートジャングルな東京ですが、やっぱり飼い主としては、犬を思い切り遊ばせてあげたい・・・・そう、お考えの方も多いのでは?

今回は犬にとっても飼い主にとってもうれしい!、無料開放している東京都内のドッグランをたっぷりと紹介します。

代々木公園ドッグラン

公式HP:http://yoyogidogrun.net/
住所:東京都渋谷区代々木神園町2-1 代々木公園
電話番号:03-3469-6081
営業時間:24時間

image02

画像引用元:http://yoyogidogrun.net/

都立代々木公園の園内にあるドッグラン。
広さは3620㎡で都内最大級を誇ります。
四季それぞれの木々たちに囲まれながら、自然の中でたっぷりと運動することのできるドッグランとなっています。

image05

画像引用元:http://yoyogidogrun.net/

ドッグラン内は3つのフィールドで区切られています。
5kgまでの「超小型犬エリア」12kgまでの「小・中型犬エリア」10kg以上の「中・大型犬エリア」です。

image10

画像引用元:http://yoyogidogrun.net/

image14

画像引用元:http://yoyogidogrun.net/

また、利用には登録が必要です。
代々木公園サービスセンターにて登録用紙に記入をしてください。
「畜犬登録(鑑札)」「狂犬病予防接種済票」が必要です。

 

駒沢オリンピック公園ドッグラン

公式HP:http://www.tef.or.jp/kopgp/dogrun.jsp
住所:東京都世田谷区駒沢公園1-1
電話番号:03-3421-6431
営業時間:24時間

image12

画像引用元:http://www.tef.or.jp/

駒沢通り南側第二駐車場の隣にあります。
広さは1200㎡で大中小型犬共用スペース800㎡、小型犬専用スペース400㎡で区切られています。

週末や休日は行列のできるほどの盛況ぶりです。
また、世田谷区という立地上近所にはおしゃれなカフェやショップもたくさんありますので、ドッグランでたっぷりと遊ばせた後に一休みしたい方にもおすすめです。

image01

画像引用元:https://www.tef.or.jp

image16

画像引用元:https://www.tef.or.jp

利用には登録が必要です。
オリンピック公園案内所で行います。ドッグランから少し距離がありますので案内図を参考にして下さい。

「鑑札」「狂犬病予防接種済票(紙ではなく、プレート)」を用意して行ってくださいね。

 

七国公園ドッグラン

公式HP:http://www.city.hachioji.tokyo.jp/
住所:東京都八王子市七国3丁目125
電話番号:042-620-7269
営業時間:4月~10月(9:00~17:00)11月~3月(9:00~16:00)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(引用元:http://www.city.hachioji.tokyo.jp/)

image04

(引用元:http://www.yumeori-park.com/)

八王子市が初めて開設したドッグラン。犬の遊び場というだけではなくマナーアップにも尽力しています。
しつけ教室の開催をはじめとし、飼い主同士・犬同士が直接触れ合うことで人と犬どちらにもマナーが身につくことをコンセプトとして運用しています。

image00

(引用元:http://www.city.hachioji.tokyo.jp/)

ドッグラン内は小型犬スペースと大型犬スペースに分かれています。
大型犬スペースは平地で広め。小型犬スペースは半分が斜面になったようなつくりになっています。

image09

(引用元:http://www.yumeori-park.com/)

利用には登録が必要です。新規登録をする場合はゆめおりパークにて説明会を受ける必要があります。

詳細については公式HPをご確認ください。

 

城南島海浜公園つばさドッグラン

公式HP:http://seaside-park.jp/park_jonan/tsubasadogrun/
住所:東京都大田区城南島4-2-2
電話番号:03-3799-6402
営業時間:7:30~21:00

image15画像引用元:http://seaside-park.jp/

大田区にあるドッグラン。
人口島の海岸に沿うように作られており、羽田空港からほど近い場所にあるので、海の近くで飛行機も見える開放的な施設となっています。

ドッグランは全体で2800㎡と大変広いです。
手前に小型犬専用スペース(300㎡)奥がフリースペース(2500㎡)となっています。
中は芝生が敷き詰められており、犬の水飲み場やベンチも完備されています。

image13

画像引用元:http://seaside-park.jp/

image08

画像引用元:http://seaside-park.jp/

利用には事前の登録が必要です。
「鑑札」と「狂犬病予防接種済票」が必要ですが、コピーでも構わないようです。
郵送での登録も受け付けているので、利用する前に登録しておいても良いでしょう。

 

篠崎公園ドッグラン

公式HP:https://www.tokyo-park.or.jp/announcement/025/detail/2210.html
住所:東京都江戸川区上篠崎一・四丁目、篠崎町五・六・七・八丁目、西篠崎一・二丁目、谷河内
電話番号:03-3670-4080
営業時間:9:00~17:00

image06

画像引用元:https://www.tokyo-park.or.jp/

image07

画像引用元:https://www.tokyo-park.or.jp/

江戸川に隣接する都立公園の中にあるドッグラン。

静かで植物が多い篠崎公園は近隣の方の散歩コースとして人気です。
江戸川に隣接するA地区から5~10分ほど離れたB地区にあります。

サポーターズがしっかりと管理を行っており、フレンドリーな雰囲気が人気の理由なんだそうです。

ドッグランは2000㎡。小型犬エリアと中・大型犬エリアに分かれています。
小型犬エリアは8kgまでの犬のみ、中・大型犬エリアは大きい犬はもちろん社交性がありしつけがしっかりとされている小型犬も利用することができます。

image11

画像引用元:https://www.tokyo-park.or.jp/

 

利用には登録が必要で、A地区にあるサービスセンターで行っています。
鑑札狂犬病予防接種済票(どちらも原本)が必要です。

 

まとめ

東京都が運営する公園に設置されているドッグランは無料で利用できることが多いです。
どこのドッグランもしっかりとした登録制度を設けていますので、その点安心できますね。

管理者がいる場合もありますが、大体の公園は飼い主の管理が必須です。犬から目を離さないようにし、マナーを守りながら楽しく利用しましょう。

厳選!代々木公園周辺のおしゃれドックカフェ5選

2016.09.05

【厳選】神奈川県おすすめドックラン5選

2015.05.26

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!