春夏用のおしゃれな犬ベッド特集【熱中症対策】

スポンサーリンク

じめじめ蒸し暑い梅雨から、犬にとってはもう「夏」が始まり、熱中症になりやすくなります。

気温もそうですが、湿度が原因。
23℃あるいは湿度60%を超えれば熱中症になる可能性が高まるのです。

梅雨は湿度が高いこともあり、たとえ60%に満たなくても、エアコンを付けずに閉め切った部屋で何時間もお留守番というのは大変危険です。もちろん38℃になる真夏も然り。

そこで、愛犬が夏でも快適に過ごせる今のうちから備えておきたい便利グッズをご紹介します!

ラタン調コクーンベッド

一般的なベッドのように生地が身体に接触しないこと、編み目からエアコンや外からの風が通り抜けることから、耐感度が下がり、愛犬が快適に夏生活を送ることが出来ます。

このほか、各企業から様々な特徴のベッドが販売されているようです。

このままベッドとして使用することも可能ですが、クッションやひんやりジェルマットを敷いてあげると、より愛犬に心地よく寝てもらえると思います。

プレート用ベッド

最近では「ジェルマット」や「アルミシート」、「大理石タイル」の商品が販売されています。確かに涼しさはピカイチであるものの、こういった固いものは寝心地が非常に悪いのです。

さらに、首を置く枕の部分あるいはもたれかかる縁の部分がないため、首・腰・足に負担がかかってしまいます。

愛犬の涼しさも寝心地もどちらも必須!という方にオススメなのがこちらの「プレート用ベッド」。

アルミ製のひんやりプレートと組み合わせて使うことで、寝転んでも涼しく快適。

これなら夜もぐっすり眠れることでしょう。

しかも、綿100%だからムレにくく、いつもサラサラです。防ダニ綿入りなので安心ですね。

ひんやりジェルベッド

中に保冷材を入れることが出来る画期的なベッドです。

保冷剤は付属されていますが、自宅にある保冷剤を入れてもOK。
さらに、ベッド内部にはひんやりジェルとアルミ蒸着シートも内蔵されているので、効果はかなり期待出来るでしょう。

3つの効果で、冷たさも長続き。

底に敷くマットはジェル面とメッシュ生地面の2WAY使用が可能という優れものです。

犬に生肉をおすすめする理由と栄養素について

2016.03.23

夏に使える犬用便利グッズ12選

2015.08.03

犬の熱中症対策に!夏に使える便利グッズ7選

2015.07.20

ポリプロピレンカドラー

本体がポリプロピレン製なので熱が滞りません。

さらに、クッション生地はリバーシブル仕様になっていて、表面はサラサラ、裏面はあったかボア生地です。

夏はサラサラな表面で快適に過ごせます。

本体は汚れたら水洗いも可能、クッションカバーは取り外して洗えるので、いつでも清潔に保てます。

付属のクッションは別に使用して、ジェルマットや他で購入したひんやりクッションなどを入れると、より涼しく◎

ペットベッド オーバル

こちらもポリエチレン素材なので熱が滞らず、ダニも付かない、安心かつお手入れも簡単なベッドです。

そのままでも使用可能ですが、ジェルマットやひんやりクッションを敷いてあげると快適さが増します。

さわやかマリンスクエアソファー

夏といえばダニ。座面に防ダニ綿使用なので、春先から安心して使えるベッドです。カバーは取外して洗えるので、蒸し暑い夏でも衛生的です。

敢えて保冷剤やアルミシートを使用しないのが特徴。生地に付着させたマイクロカプセル剤が、31℃前後の快適温度を保つことで涼しさを感じさせる仕組みです。

保冷剤を使用したベッドだと冷えすぎて体調を崩すわんちゃんや体温調節機能が衰えてきた高齢犬にもオススメです!

まとめ

暑さ対策をする際に必要なことは、愛犬の負担にならずに、病気を予防しつつ、愛犬にゆっくり休んでもらうこと。

今年の夏は最新ベッドで愛犬にくつろいでもらいたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

まだ赤ちゃんの愛犬にも、遊び盛りの愛犬にも、高齢犬の愛犬にも、使える高機能ベッドについての紹介でした。

秋冬犬猫おすすめおしゃれベッド特集13選

2016.09.19

春夏の愛犬用ベッドはもう購入した?おしゃれなベッド特集

2016.07.11

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!