犬の皮膚病や消化不良、食物アレルギーにおすすめの療法食フード特集

著者の愛犬はここ最近、ロイヤルカナンの療法食に変更しました。

獣医師がすすめるだけあって、様々なメリットがありとても効果を感じています。

例えばうんちが臭わなくなり、大きさ自体も小さくなったのですが、これはしっかり栄養素として体内に吸収されているからだそう。

不要なカス=うんちとして排出されますが、栄養の吸収のよさには驚きました。

獣医師にすすめられてロイヤルカナンの療法食に変更した方もいるかと思いますが、我家は診断後に勧められたわけではなく独自で療法食に変更しています。(※療法食は変更前に獣医さんに確認した方がいいです)

病気になってしまったのは、獣医さんの診断で確実だったのでフードを変更しましたが、同じロイヤルカナンの皮膚・スキンケアシリーズでも、種類がたくさんあり調べるのが手間でした。。。。

ただ病院で購入するよりも、Amazonの方が安いですし、重い荷物を運ばずに済みますよね。

なので今回は、ロイヤルカナンの療法食の「皮膚にアプローチした、ロイヤルカナン療法食フード」をわかりやすく解説していきますね(*´・ω・)

そもそも療法食ってなに?

「療法食」とは特定の病気に対応するために、特別に栄養のバランスが調整された食事を言います。

食事の成分や量などを調整することで、病気の進行を抑えたり、症状を軽減させたり、病気の臓器を守ることを目的としています。

人間でも、糖尿病や腎臓疾患、心臓疾患に対して、特別な食事によって治療をサポートすることが行われています。

同じように犬や猫でも、健康管理のために食事の内容を考えることが必要となります。

病気にかかった場合、症状を悪化させる栄養素を減らしたり、病気の改善に効果のある特定の栄養素を増やしたりしてあげないといけません。

しかし飼い主さんが、ペットの病気に合った栄養バランスの食事を、美味しく、毎日作り続けるのは、かなり難しいことです。

継続して効果的な食事を与えることができるように、病気の種類や症状にあわせた療法食が作られるようになりました。(参照元:高円寺アニマルクリニック

動物病院にも置いてあるフードで、何らかの疾患を抱え病院へいったところ、獣医師にすすめられたのがきっかけで与えている飼い主さんが多いです。

ロイヤルカナン療法食 アミノペプチドフォーミュラ ドライ

シリーズの中でもこのタイプが最も売れていて、アマゾンでも高評価のフードです。

主に消化器と皮膚に疾患を抱えていて、肥満気味の愛犬へ。

Amazon評価内容からおすすめする犬のタイプ

★食物アレルギーとアトピー性皮膚炎があり獣医の勧めで食べさせ始めました
★手術をした後の食事として購入しました。お陰様で術後の食欲も然程落ちず、お陰様で元気になりました。
★血便がなおらず、獣医さんで処方してもらいました。すぐに治って驚いています。
★飼い犬が食物アレルギーで酷かったのが、この商品にしてからピタっと症状が治まりました。

食物アレルギーによる皮膚疾患、および消化器疾患の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。
この食事の窒素源はアミノ酸およびオリゴペプチドで構成されており、炭水化物源としてコーンスターチを使用しています。

原材料
コーンスターチ、加水分解フェザーミール(アミノ酸およびオリゴペプチド)、ココナッツオイル、大豆油、植物性繊維、チコリー、フラクトオリゴ糖、魚油、動物性油脂、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、タウリン、L-トリプトファン、DL-メチオニン、ヒスチジン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
※粒の色、形、大きさ等のばらつきは天然由来の原材料を使用しているために起こるもので、品質に問題はありません。
※輸送、保管時の気温の変動により、油脂成分が粒の表面に溶け出してくることもありますが品質に問題はありません。

引用元:https://www.royalcanin.co.jp/

ロイヤルカナン 療法食 セレクトプロテイン(ダック&タピオカ)

チキンがアレルギーの犬種にも◎

上記のタイプと比べると、ダックが原材料でタンパク質がやや高めなので、運動量豊富な犬だったり年齢の若い犬に向いています。

Amazon評価内容からおすすめする犬のタイプ

★植物アレルギーと、皮膚のアレルギーがあり、獣医さんに勧められました。これに替えたら、すぐ下痢が治り、皮膚アレルギーも出ていません。

★一般のドックフードと比べると7-8倍の高価ですが、それでもお医者さんで買うよりは2割ぐらい安く入手できて助かっています。しばらく続けて、アレルギー(皮膚炎)が出なくなれば、さらに割安な8Kgの方にしようと思っています。

★医者で出してもらった商品と同じなので、良いと思います。薬も併用していますが、嘔吐が無くなりました。

★アレルギー持ちのトイプードルで、今回が2回目ですが、こちらのご飯だと腸の調子も良く、安定的に食べてくれるから安心です。また注文致します。

食物アレルギーによる皮膚疾患および消化器疾患の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、アレルギーの原因となりにくく、また消化性の高いタンパク質および炭水化物(ダック、タピオカ)を使用しています。

原材料
タピオカ、ダック、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、植物性繊維、動物性油脂、ビートパルプ、魚油、大豆油、サイリウム、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(L-チロシン、DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)、ミネラル類(K、P、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B1、B2、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
※粒の色、形、大きさ等のばらつきは天然由来の原材料を使用しているために起こるもので、品質に問題はありません。
※輸送、保管時の気温の変動により、油脂成分が粒の表面に溶け出してくることもありますが品質に問題はありません。

引用元:https://www.royalcanin.co.jp/

ロイヤルカナン スキンサポート ドライ

主に皮膚疾患がメインの、ドライフードです。

Amazon評価内容からおすすめする犬のタイプ

★潰瘍がいくつもできて膿だらけという皮膚病にかかっており、背中の毛はほとんど抜け落ちていました。病院で抗生剤や塗り薬を出してくれるのですが、薬が強くて下痢になってしまう。最後にたどりついたのがこの商品です。
これはかなり喜んで食べてくれたし、便も良い状態だったので、しばらく続けていたところ、数か月で嘘のように皮膚病は完治、さらに、潰瘍のせいですっかりハゲになっていた箇所に毛も生えてきました。
値段は高いような気がしますが、病院通いになってしまう事を思えばずっと安いので、今後もずっと購入を続けていくつもりです。

★愛犬が食物アレルギーで困っていましたが、この商品は身体に合うようでアレルギーは良くなりました。

★嫌がらず食べて、痒みもよくなった感じです。あとは、毛が生えてくるのを待つだけ^_^

★我が家の愛犬はアトピー性皮膚炎がなかなか良くならないので、このフードは欠かせません。

★うちの柴犬は春先と秋にアレルギーが出て足の毛を噛みむしって困ってました。スキンサポートに変えてアレルギーが治まりました。

犬用 スキンサポートは、皮膚疾患の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、食物アレルギーの原因となりにくい高消化性の原材料を使用し、また、ω3系脂肪酸(EPA、DHA)やクルクミン、アロエおよび抗活性酸素物質を含有しています。

原材料
米、肉類(鶏、七面鳥)、動物性油脂、植物性繊維、加水分解動物性タンパク、魚油、ビートパルプ、大豆油、クルクミン、ルリチシャオイル、アロエベラエキス、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、ゼオライト、アミノ酸類(タウリン、L-チロシン)、ミネラル類(K、P、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B1、B2、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
※粒の色、形、大きさ等のばらつきは天然由来の原材料を使用しているために起こるもので、品質に問題はありません。
※輸送、保管時の気温の変動により、油脂成分が粒の表面に溶け出してくることもありますが品質に問題はありません。

引用元:https://www.royalcanin.co.jp/

まとめ

今回は何種類かある中でも、特に人気の皮膚病・アレルギー疾患、消化器にアプローチした療法食フードを特集しました。

注意していただきたいのは、療法食とは「毎日の食事から病気を改善していくこと」を目的としていますので、飼い主の独断で療法食を与えないよう注意してください。

単純にそれはどういうことかというと、どこも悪くないのに食事で治療することになってしまいます。。。^^;

購入前に必ず獣医師に相談しましょう。

犬の熱中症&夏バテ対策と食べないときの対処法

2017.05.17

愛犬が毛艶を褒められるように!おすすめサプリとドックフード

2016.10.01

この記事が気に入ったらシェアしよう!