犬用おすすめオーガニックシャンプー【皮膚病・アトピー・ダニノミ】

スポンサーリンク

犬用オーガニックシャンプーは、一体どれがいいのか迷うほど種類が豊富!

適当なオーガニックシャンプーを使ってしまうと、余分な皮脂を取りすぎて皮膚を傷つけてしまったり、化学成分に反応して皮膚が荒れたりと皮膚トラブルの原因に。。。。

様々な皮膚病や、アトピー性皮膚炎に悩まされている飼い主さんも多いと思います。

最近では人間同様、犬にも無添加・オーガニック製品の体にも環境にもやさしい、犬用オーガニックシャンプーが人気の傾向にあり、愛犬のオーガニックシャンプー選びには相性の良いオーガニックシャンプーを選りすぐりましょう。

今回はユーザー評価の高い、おすすめの犬用オーガニックシャンプーをご紹介します!

フレブル♂承太郎
とその前に・・・・・よりいいサイトにするために、アンケートにご協力おねがいしますわん!

【アンケートにご協力ください】

あなたの性別を教えてください

Loading ... Loading ...

住んでいる地域を教えてください

Loading ... Loading ...

あなたの職業をおしえてください。

Loading ... Loading ...

あなたの年齡を教えてください。

Loading ... Loading ...
雑種猫♀キキ
ご協力ありがとうにゃ♡

そもそも“オーガニック”ってなに?

オーガニックとは【有機栽培】のことをいい、通常の栽培方法よりも化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法です。

手間とコストがかかり、その分オーガニック製品はコスト高となっていますが、安心して使用できると最近では犬のシャンプーにもオーガニックが浸透し、オーガニックシャンプーなるものが種類豊富に出回っています。

農薬や化学肥料を使用していない安全な植物が使用されているので、アトピーや皮膚病、肌が弱い愛犬を持つ飼い主にも非常に高評価を得ています。

オーガニックには以下のような基準が定められています。

化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない

放射線照射はしない

3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培する

合成添加物の使用制限

遺伝子組み換え原材料は使用しない

化学肥料などが使用されていない【植物を使って製品化されたもの】をオーガニックと呼びます。

愛犬にオーガニックシャンプーをおすすめする理由

人間と犬の皮膚で、大きく違うのは「表皮」です。

表皮とは・・・細胞がレンガのように積み重ねられた層のことをいい、(一番外側)人では10~15層程度(約0.1mm)の細胞層ですが、犬や猫では2~3層程度(約0.05~0.1㎜)と人の半分以下の厚さなのです。

引用元:http://chojabaru.com/

人の半分の皮膚の薄さしかありませんので、人間よりも気を使ってあげる必要があると著者は思っています。

ではおすすめの犬用シャンプーを紹介していきます。 

A.P.D.C. ティーツリーシャンプー

公式サイト

ブランドの特徴

オーストラリアのオーガニックブランド。

シリーズ累計140万本を突破した人気ブランドなので、ペットショップなどでもよく見かけます。

植物化学者や犬や猫の専門家と共同開発し、安全と効果の両方にこだわったブランドです。

商品の特徴

現在でもオーストラリアでは薬事法で使用が認められているほど、高い抗菌力を持つティーツリーオイルという植物が主成分。

サービスタイトル

シリーズが豊富で、毛の仕上がりや香りによって選べる

ウォータレスシャンプーもあり

商品購入はこちら↓

JOE
ぼくもこのシリーズだいすきだワン!

ジョンマスター オーガニックペットシャンプー

公式サイト

ブランドの特徴

人間用のオーガニックシャンプーとして有名な、ジョンマスターシリーズ。

最近ペット用の新商品も発売し、ジョンマスターが提案する100%植物由来原料で作られたペット用シャンプー&コンディショナー。

自身も愛犬家であるジョンマスタ―が、彼の大切なペットにもオーガニックのアイテムを、との思いから開発されたそうです。

商品の特徴

さまざまなエッセンシャルオイルと18種類のオーガニック認証成分を配合

石油由来の化学成分一切不使用

泡立ちがよく泡切れがいい

レモングラスやユーカリ、オレガノのさわやかな香り

オーガニックハーブがツヤツヤの仕上がりに

ご購入はこちらから↓

JOE
ぼくこれちょっと使ってみたいワン!ママ〜!

ノンバルサンシャンプー

公式サイトなし(アメリカのブランド)

ブランドの特徴

ノミなどの害虫に悩まされている際には、こちらのシャンプーがおすすめです。

細菌に強い薬用シャンプーで、元々は犬の先進国であるアメリカで開発され、日米の動物病院で多く使用されている薬用シャンプーです。

低刺激なので皮膚トラブルが多いが、ノミ・ダニに悩まされている犬種に最適です。 

商品の特徴

主成分はクロルヘキシジン酢酸塩。無臭で抗菌作用が高い

ノミ・ダニに悩まされている子にオススメ

表在性膿皮症やマラセチア皮膚炎、真菌症の皮膚炎に有効なシャンプー

リンスインシャンプーで手入れが楽

皮膚が赤かったり、発疹出ているときにも使用できる

ご購入はこちらから↓

  

メイドオブオーガニックス ドック

公式サイト

ブランドの特徴

オーガニック成分配合率97.8%を弱アルカリ性シャンプー。

良質なエッセンシャルオイルと植物成分で高い洗浄力・保湿効果が期待できます。

精油のやさしい香りが特徴的。子犬や老犬にもおすすめです。

商品の特徴

天然由来成分が一番高く、飼い主の手にもやさしい

オーガニック認定のオリーブ油、ココナッツ油、アマニ油、紅花油、その他、良質な植物性オイルから作られた、100%天然由来成分の石鹸シャンプー

犬の皮膚に合わせた弱アルカリ性

植物性グリセリンを保湿成分としているので、特に敏感肌・乾燥肌の犬におすすめ

ご購入はこちら↓

 

皮膚病やケガで洗えないけど臭いが気になる

体臭が気になっても、手術や病気、ワクチン接種などで洗えないときがあります。

そんなときは、水に濡らさなくても消臭&除菌ができる、ペットが舐めても安心安全なスプレーがあると便利です。

カンファペット 消臭除菌スプレー

公式サイト

ブランドの特徴

業務用レベルの強力な消臭効果を確保しながら、ペットの目や口に入ってしまったとしても安全な消臭剤として開発されました。

消臭除菌技術は、野菜加工場、水産加工場、畜産業界、ゴミ処理施設、病院等、安全性の基準が非常に厳しい人間用の食品業界を含め、本当に幅広い業界で使用されています。

商品の特徴

ペットの耳や目、肛門周りなどデリケートな部分にも使える

シャンプーできないペットの消臭&除菌効果あり(舐めても大丈夫)

ペットの臭いが染み付いた布団や、臭いの気になる部屋中に吹きかけてもOK

ペットに限らずたばこの臭いの消臭や、カーペットなどの消臭除菌効果あり

皮膚病やアトピーがひどく、シャンプーできないけど清潔を保ちたい人におすすめ

>>ご購入は画像をクリック<<

皮膚病・アトピーのスキンケアとしても  AVANCE(アヴァンス)

ママがお試し用(¥1,000)をみんな(猫×2)にスプレーしてくれたけど、とっても毛艶がよくなったよ!アトピーや皮膚病のこにもおすすめわん!

ブランドの特徴

犬の被毛と肌に効果のある、別府温泉の「温泉藻」を主成分として使用。
「塗る温泉」で、愛犬をやさしくケアします。

オーガニック認証を受けており、化学薬品を一切不使用。

元々人の化粧品開発をしていた会社のため、品質には厳しい基準をクリアしています。

商品の特徴

ノンアルコール、無添加、防腐剤フリー

シャンプー後の乾燥対策、日頃のブラッシング時に使用してもOK

温泉藻を主成分としていて、犬の肌にも優しい

お試し価格¥1,000でミニボトルを試せる

口や目の周りなどにも安心して使用できる

アトピーの乾燥、シャンプー後の保湿液としても◎

皮膚病やアトピーの症状緩和

>>ご購入は画像をクリック< 

人間用のシャンプーを犬にも使用していいの?

皮膚の違いを上記でも説明したとおり、犬の皮膚と人の皮膚は構造や機能が全くちがいます。

犬は半分以下の皮膚の薄さなので、人用のシャンプーだとどんなに低刺激の物であっても、犬にとっては刺激が強くなってしまいます。

必ず犬用のシャンプーを使用しましょう。

皮膚病がある場合は、その症状に適した「薬用シャンプー」を使用する事をおすすめします。

薬用シャンプーとは、皮膚や菌に作用する薬剤の入ったものです。

JOE
薬用シャンプーは抗菌性・保湿性・角質溶解性・止痒性シャンプーとかがあって、それぞれ期待される効果が変わるんだよ!

子犬のシャンプーはいつからしていいの?

一般的にはワクチン接種後の、一週間後がいいようです(参考サイト:ハンダ動物病院

まだ肌がデリケートな子犬にも、オーガニックシャンプーがおすすめです。 

シャンプーの適切な頻度

健康な皮膚の犬の場合は、汚れたり「臭いがキツくなってきたな〜」と感じてきたら、洗うという感覚でもよいでしょう。

目安は月1~2回程度

皮膚病のある子の場合、時期(季節)や症状、シャンプーの種類によって頻度は異なり、自宅でシャンプーする場合は必ず獣医師の指示に従ってください。

犬のシャンプー 前準備編

シャンプーする前に用意しておくと、慌てずに済みます。

用意するもの(飼い主さんや犬種にもよります)

長毛種さんはシャンプー前にブラッシングをしておきましょう。

先に毛をとかしておいた方が、シャンプー時に汚れが落ちやすくなります。

シャンプーやリンス

バスタオル(湯船の蓋の上などに置いといておいた方がいいですよ!)

ドライヤー

ブラシやスリッカー

シャンプーやリンス

シャンプーのやりかた

JOE
ぼく水きらいや・・・シャンプーも怖いわん。。やさしくやってね

最初の洗い方と温度

水を怖がるこは犬となるべく同じ目線に座り、やさしく声をかけてあげましょう。

36度前後のぬるま湯を、まずは足からかけます。

※特に冬場に湯の温度が高いと、うちの愛犬は皮膚が乾燥し粉を吹きます。。。
犬は体温も高いので、温度には充分気を付けましょう^^

水が苦手な場合、いきなり身体からかけるのはびっくりさせてしまうのでNGです!

シャンプーは薄めて使用する

身体全体をゆっくり濡らしていったら、シャンプー液を作ります。
※原液で使用するシャンプーは使用方法の通りに。

私は桶にシャンプーを適量いれ、その上からシャワーで液を薄めていきます。

シャンプーの泡で身体を洗う

汚れは泡で落ちます。胴体は、指でマッサージするように洗ってあげましょう。

顔を洗うとき

特にうちの子は水だいきらいなので苦労しました^^;

絶対に水やシャンプーが、眼や耳の中に入らないように(これやってしまうと発狂しますw)、ゆっくり丁寧に、濡らしたスポンジでや指で、丁寧に洗ってあげます。

足の指の間もしっかり洗う

細菌が繁殖して臭いの元になりやすいです(それが好きな方もいますよね^^;)

洗い流し

リンス(いる方は)が終わったらすすぎです。シャンプーやリンスを洗い残してしまうと、皮膚炎やフケの原因となります。

やさーしく、ゆっくーりやると、犬も気持ちよさそうにします♡w

参考動画も載せておきますね^^

まとめ

いかがでしたか?
今回は愛犬の皮膚トラブルや被毛のことを考え、オーガニックシャンプーを中心にご紹介させていただきました。

寒い季節には保湿効果の高いものを、暖かくなる季節は、犬種によっては害虫問題などが発生しますので、虫よけ効果があるものを。
シーズンによって使い分けるのをおすすめします。

犬猫ハムスターなどの臭い対策にはカンファペットがおすすめ

2017.01.04

皮膚病で悩んでいる飼い主におすすめの薬用&無添加シャンプー

2016.05.24

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!