猫の毛が抜ける時期とその理由〜対策をご紹介

スポンサーリンク

室内飼いの猫の悩みのひとつとしてよく挙げられるのが、抜け毛問題。

毛が抜けるのは避けられないこととはいえ、無数に舞う抜け毛に困る飼い主は多いようです。

せめて簡単に効率良く、抜け毛対策できれば・・・と考える人もいるのではないでしょうか。

そういった飼い主の悩みに応えるような抜け毛対策の商品が、数多く登場しています。

また最近では、長毛種の猫にサマーカットを施すペットサロンや病院もあるのだとか。

今回は、抜け毛の時期やサマーカットの是非、室内飼い猫の抜け毛対策などについてご紹介します!

猫毛の種類と毛玉ができる原因

猫の毛は大きく分けて、上毛と下毛という2種類に分かれているのは知っていますか。

・上毛・・・表面に生えている外部からの刺激から体を守る毛

・下毛・・・皮膚側に生えている、体温調節のためのフワフワとした毛

下毛は冬場など寒い時期に増え、暑くなる夏前に抜けます。

夏前に猫の抜け毛が増えるのは、夏の暑さに備えて下毛を夏仕様に変えるためです。

画像引用元:いぬ・ねこのきもち

この下毛がきちんと抜けないと、毛玉の原因になってしまうのです。

猫の抜け毛が増える時期「換毛期」

猫の抜け毛が増える時期は「換毛期」といい、人間で言う衣替えのような時期です。

猫の換毛期は、春過ぎと秋過ぎの2回に分かれています。

春過ぎには夏に備えて短い毛が、秋過ぎには冬に備えて長い毛が生えてくるためです。

image04

室内飼いの猫も、この換毛期に悩まされるのか・・・と思いますよね。

しかし、室内飼いの猫には、この換毛期が関係ないのだとか。

なぜなら、一年を通して室内にいる猫は、大きな気温差を感じずに生活しています。

そのため、夏や冬に備えて毛を変える必要が無いのです。

言い換えれば、室内飼いの猫にとっては一年中が換毛期。集中して抜ける時期がない代わりに、一年を通してまんべんなく抜けているのです。

室内飼いの猫ほど、こまめなブラッシングが大切だと言われています。

このような理由とは別に、ストレスで抜け毛が増えることもあり、例えば避妊手術をしていない猫が、発情期にストレスで毛が抜けてしまうというもの。

発情期は猫にとって、特にストレスの多い時期です。

室内飼いとはいっても、手術が可能な年齢になったら避妊手術をしてあげると、猫にとってこういったメリットもあります。

抜け毛対策は猫のためでもある

猫って、よく毛づくろいをしますよね。元来綺麗好きであることに加えて、猫のルーツが元々高温な砂漠にあることも理由のひとつです。

毛づくろいで体に唾液をつけることによって体温が下がり、気温の高い砂漠でも生きていけたのだとか。

ストレスや緊張を感じた時に、毛づくろいによって気分転換をはかる意味もあるそうです。

image02

このように、猫は毛づくろいをする理由であふれているとも言えます。

抜け毛を飲み込んだ猫はどうなるの?

心配なのは、毛づくろいによって抜けかけの毛を飲み込んでしまうこと。

通常飲み込んだ毛は排泄させるか、毛玉として吐くことによって猫の対外に排出されます。

思わぬ所で吐かれて困った経験のある人も多いのでは?

うまく排出されればいいのですが、時々出し切れず残った毛が胃の中に溜まって、腸への入り口をふさいでしまうことがあります。

これは「毛球症」と呼ばれ、長毛種の猫や加齢の猫、そしてあまりブラッシングをされていない猫に多く起こる病気です。

毛球症にかかってしまうと除去剤を使うか、最悪の場合手術で胃から取り出さなくていけません。

飼い主が抜け毛対策に無頓着だと、思わぬところで猫がつらい目にあってしまうのです。

こういったことを避けるためにも、抜け毛対策はしっかりとしましょう。

ブラッシングを嫌がる猫の我家の対策方法

こういうタイプの猫も多いのではないでしょうか。。。

まさに我が家の猫がそうで、ブラッシングしようものならブチ切れて逃げていきます。。。w

そこで取った対策が「外に連れ出してブラッシングする」ことです。

「外には興味があるけど、でも怖い・・・」ってタイプだったので、よく抱っこしてお散歩へ行っているのですが、外には猫の興味を惹く鳥や車の音などが溢れているので、ブラッシングしても気にならないようです。

雑種猫♀キキ
この方法だとストレスを感じないニャ

猫のサマーカットをおすすめしない理由

サマーカットとは、ペットサロンなどで毛をカットしてもらうことです。

長毛種の犬がやってもらっているのはよく目にしますよね。最近では、サマーカットをする猫も増えてきています。

猫のサマーカットされた姿が可愛い!という声も耳にしますが、実際のところ、猫にサマーカットを施すのはあまりおすすめできません。

image03

猫にとってサマーカットは不本意

サマーカットをする場合、大抵はペットサロンか、対応している病院で行います。

そこは猫の縄張りの外であり、サマーカットをする人は猫の知らない人で、大嫌いな水をかけられ、大きくて不快なバリカンやドライヤーの音に囲まれます・・・。

猫のストレスになる物ばかりに囲まれた環境なのです。

あまりの恐怖とストレスに、失禁してしまう猫もいるのだとか。

猫はサマーカット中に暴れる可能性が高いとして、病院では鎮静剤や全身麻酔をされることがあり、そこまでリスクをおってまでサマーカットする必要があるでしょうか。

猫のサマーカットは不必要

猫は毛が抜けることで体温調節を行いやすくしています。

人間側が見ていて「暑そう」と思う毛でも、日差しを遮ったり、毛の中に空気を溜めて体温調節をするなど、きちんと機能があるのです。

そういった機能を無視して毛を刈ったり短くしたりした場合、猫が人間と同じような涼しさを味わえるかということも、保証されていません。

猫の毛が生えなくなる危険性も

サマーカットをされ、バリカンで毛を剃られた猫の中には、ショックやアレルギーなど様々な原因で、その後毛が生えなくなってしまう猫がいます。

高齢の猫は若い猫に比べて毛が伸びるスピードが遅く、生えてこなくなったり、生え方がまだらになったりします。

こういった理由から、例え長毛種であったとしても、猫のサマーカットはやめた方がいいと言われています。

高齢猫は毛が抜けにくい

猫は10歳で人間で言う50代半ば、15歳で70代半ばだと言われています。

10歳を過ぎたあたりから、個体差はあれど高齢猫に分類されるのです。(参照元:http://www.konekono-heya.com/rouka/aging.html

高齢になると、猫は毛並みが若い時に比べ悪くなります。

これは体力の衰えから毛づくろいの回数が減っていき、抜け毛が固まったり、毛玉になったりすることが原因です。

毛が抜けなくなると言うよりは、抜けかけた毛が抜けきらなくなって溜まっていくといった所でしょうか。

長毛種に限らず、短毛な猫でも高齢になると毛玉ができるようになります。

image00

毛玉は放置しておくと塊になり、時には耳の穴にまで溜まってしまうことも。

そうなると耳が炎症を起こし、ひどい場合は手術が必要になります。

猫が高齢になったら、今まで以上に積極的に飼い主が抜け毛ケアをすることが大切です。

力強くブラッシングすると猫の体が傷付いてしまうので、あくまでも優しくブラッシングをしましょう。

毛玉が無くなり清潔になると共に、猫自身の血行を良くするマッサージ代わりにもなります。

おすすめのブラシはこちらの記事を参考にしてください。

もっと早くに知りたかった・・重宝する犬・猫のトリミンググッズたち

2016.06.07

猫の抜け毛を減らす2つの対策方法

室内飼い猫の抜け毛対策は、大きく3つに分けられます。

ブラッシング
シャンプー
image01

おすすめ猫用ブラシ

爆発的に人気が上昇しているこちらのペット用ブラシ、フーリー。

注目すべきはその質の高さです。

獣医やトリマーの視点から開発された本物志向のブラシで、ヨーロッパでペット用ブラシの売り上げNO.1を誇ります。

一見真っ直ぐな刃が一本あるように見えますが、刃の先は細かくギザギザになっていて、優しくブラッシングしただけで驚くほどごっそり抜け毛が取れます。

衝撃が少ないので、猫の中にはブラッシングされていることに気付かずうとうとしてしまう猫も。

フーリー同様こちらも人気急上昇中のペット用ブラシ。

上毛と下毛のうち、下毛のみを集中的にブラッシングできる優れものです。

抜け毛の除去率90%を超えるステンレススチール刃は、技術特許取得済みだそうで、その実力は折り紙付きです。

一回優しく撫でただけで下毛がしっかり取れるので、力強くやる必要がなく、猫もご満悦。

バリア機能のある上毛はきちんと残すので、必要のなくなった毛だけを効率よくブラッシングすることができます。

抜けた毛はワンプッシュボタンで取ることができるので、とても楽です。

猫の毛抜け時期にはシャンプーが効果的

室内飼い猫の抜け毛対策には、シャンプーも効果的です。

猫の毛には、人間の毛と同じように毛周期と呼ばれるものがあります。毛周期は大まかに成長期、退行期、休止期の3つに分けられます。

①60日~90日と言われている成長期の間、猫の毛の元となる細胞が活発に分裂し、新しい毛として生えてきます。
②40日~90日の退行期になると、毛の成長は止まります。
サービスタイトル サービスタイトル

猫をシャンプーする時は、この毛周期を意識してシャンプーすると良いでしょう。

休止期から成長期の間に抜け毛が増えるので、この時期を狙ってシャンプーすると効果的に抜け毛ケアをすることができます。

猫用毛抜け時のおすすめシャンプー 

猫用シャンプーでおすすめしたいのは、この3つです。

この泡シャンプーは根元から優しく毛や汚れを浮き上がらせてくれるので、がしがし力強く洗わなくても大丈夫です。
そして何より、水が必要ないことが最大のポイント。

浮き上がった抜け毛や汚れを拭き取るだけでいいので、水を嫌がる猫でも安心して抜け毛ケアができます。
100%天然成分で作られているので、猫が万が一舐めても大丈夫。

ロアジススパは、アメリカのレキシントンという名馬の聖地で、デリケートな競走馬のために作られたシャンプーを猫用にアレンジしたものです。

ロアジススパの特徴は、石油系洗剤を一切使わず、100%天然のココナッツ由来の洗浄成分を使っていること。
保湿効果や抗炎症作用に優れたココナッツ成分が、猫の体をしっとりと優しく洗い上げてくれます。

オーガニック天然素材で作られた除菌・抗菌用シャンプー。もちろん抜け毛対策にも使えます。

精製水やココナッツオイルを始め、成分一つ一つにこだわっているので、猫の体にも安心です。

エッセンシャルオイルが入っているので、除菌・抗菌の他に、乾燥やフケ、かゆみも抑えてくれます。

猫飼育家庭に必須のコロコロ

気を付けていても、気付くとついているのが猫の毛です。

猫を飼っている家では、コロコロなお馴染みの抜け毛対策グッズですね。

最近では小さなコロコロも登場し、外出先でも衣服についた猫の抜け毛を取れるようになってきました。

今回おすすめしたいコロコロは、こちらの抜け毛取りクリーナー。

よくある粘着テープを用いたコロコロとは違い、何度でも使える所が経済的かつ実用的です。

粘着テープが変な所に貼りつく心配もないので、外出先にも手軽に持って行けます。取れた抜け毛はクリーナー内部のダストボックスに溜まり、簡単に捨てることができるので、手にまた抜け毛が付く心配もありません。

ブラシやシャンプー同様、人間向けのコロコロやクリーナーも進化してきているのですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一口に抜け毛と言っても、時期やサイクル、様々な理由があるのですね。

最近は、手軽に、人間にも猫にも負担が少なく抜け毛ケアができるアイディア商品がたくさん発売されています。

愛猫の健康のために知っておきたいキャットフードのこと

2016.08.23

猫用おすすめ爪とぎamazonランキング9選

2016.07.13

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!