老犬や肝臓に持病がある犬におすすめのドックフード「モグワン」

犬も年を重ねると、動きが遅くなってずっと寝ていたりするのは当たり前だと思っていませんか。

犬に肝臓に持病があって、療法食を与えているけれど、食いつきが良くないとあきらめていませんか。

犬が年をとったり病気をしたりすると、動物病院でのサポートが必要不可欠です。

それに加えて行って頂きたい、お家で飼い主がしてあげられる一番のお世話は「毎日のドッグフードの見直し」です。

この毎日のドッグフードを高たんぱく・低カロリーの「モグワン」に変えるだけで、老犬でも病気を患った犬でも、あきらめていた食いつきがよみがえるかもしれません。

それに加えて「モグワン」のドッグフードは添加物も不使用。

今回はそんな悩みを抱えている飼い主さんに、「モグワン」ドックフードをご紹介します。

老犬の症状ってどんな?

犬が年をとって老犬になると、若い時には見られなかった変化があります。

通常の老化現象は、どの犬にも起こりうる事です。

運動能力が衰える
ジャンプが苦手になり階段が登れなくなる
散歩に行きたがらない
ご飯の量が減る
消化吸収能力が低下する
食べているのに痩せてくる
寝ている時間が多くなる
毛艶がなくなる
毛色が薄くなり、白髪が出てくる

その老化現象は、飼い主が毎日の生活に気を付けていれば、進行を遅らせる事だって可能です。

毎日散歩にもいかず、刺激の少ない生活を送っていては、老化現象も早まります。

人間も毎日刺激的な生活を送っていたり、大好きな事に没頭していたりしたら、年齢の割にこの人若い!と感じる事が多いはずです。

犬も同じ事が言え、大好きな飼い主と一緒にたくさん遊んで適切な栄養を取っていれば、老化現象を遅らせる事が可能です。

老犬の適切な栄養とは

老犬になると、どんな栄養が必要になるのでしょうか。

人も同じですが、犬も「たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル」のバランスが取れた栄養素に加え、たっぷりの水が必要です。

老犬になると、活動量が減ってくるので、1日に必要となるエネルギーの量は少なくなります。

そのため、若い頃と同じような食欲がある犬では、同じ量を与え続けていると、運動量よりも食事量のエネルギーが多くなるために肥満に繋がります。

肥満は様々な病気を引き起こす原因となります。

愛犬のお腹や胸のあたりを触って肋骨が触れないような肉が付いてきてしまったら、食事量を減らすか運動を促してください。

食欲が低下し、老化に伴う消化・吸収能力の衰えが起きる事により、若い頃と同じようなドッグフードを与えていては、消化・吸収に必要以上にエネルギーが使われて痩せてくる可能性があります。

老犬で痩せてしまうと十分な栄養も吸収できなくなってしまい、ますます痩せてくるという悪循環に陥ります。

老犬には高品質のたんぱく質を

老犬になると、運動能力が低下し、筋肉も徐々に落ちてきてしまいます。

筋肉を作る要素となるのが、たんぱく質を構成しているたくさんのアミノ酸です。

老犬のドッグフードには、このアミノ酸を効率良く作製することができる「高品質のたんぱく質」が必要です。

実は、犬が消化吸収するのにもエネルギーが必要です。

老犬になって食べ物からのエネルギー変換の効率が落ちる中、消化吸収されにくい栄養素があると、老犬の体に余計に負担がかかります。

たんぱく質には大きく分けて2種類存在します。

牛肉、豚肉、鶏肉、魚などの「動物性たんぱく質」

犬は本来肉食ですので、動物性たんぱく質を消化・吸収するのは比較的簡単です。

小麦、トウモロコシ、大豆などの「植物性たんぱく質」

反対に植物性たんぱく質を消化・吸収するのは雑食性であれども苦手で、植物性たんぱく質を消化するのに必要以上にエネルギーを消費して、体に負担がかかってしまいます。

動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質の方が手に入りやすい・値段が安い・扱いやすいなどの人間からの利点が多いため、粗悪なドッグフードでは大量に植物性たんぱく質が使用されます。

ドッグフードの原材料名記載には、一番多く含まれているものから書くというきまりがあります。

一番初めに書いてある原材料が「トウモロコシ、大豆、小麦」などであれば、苦手な植物性たんぱく質が多く含まれています。

ペットフード公正取引協議会で認定されている成長期ごとの最低限必要なたんぱく質量は、植物性たんぱく質でも動物性たんぱく質でも同じ「たんぱく質」として考慮されてしまいます。

消化吸収がしやすいかどうかは考慮されていません。

老犬に与える時は、原材料を注意して見ましょう。

老犬は低カロリーなフードを

老犬になると運動能力が衰え、基礎代謝量も減ってきます。

体全体で必要となるエネルギーが、若い頃と比較すると減ってきているので、若い頃と同じドッグフードを同じ量与えていると、当然ながら太ってきます。

犬が食べたドッグフードから得られるエネルギーが、犬が使用するエネルギーを超えてしまうので、犬の体に脂肪としてどんどん蓄積され肥満になります。

画像引用元:淀川中央動物病院

脂肪として蓄積されると、運動を行うのがおっくうになってしまい、もっとエネルギー消費をする機会が減って、また脂肪がたまってしまうという悪循環に陥ります。

老犬になった犬にとって、肥満は糖尿病をはじめとする病気を起こす引き金になる恐ろしいものですので、ドッグフードの食べ過ぎによる肥満には注意したいものです。

初めから低カロリー設計のドッグフードにすれば、安心して犬に与える事が出来ます。

犬の肝臓病とは

肝臓に炎症が起きたり、細胞が壊れたり、細胞に脂肪がたまりすぎるなどして、本来のはたらきができなくなることを肝臓病(肝疾患)といいます。

肝臓の働きは多岐にわたっていて、細かく分けると150種類以上の働きをしているとさえ言われています。
主に5つの働きを見てみましょう。

画像引用元:リリー動物病院

代謝作用…消化吸収された栄養素が肝臓に入って、犬の体内で必要な場所へと合成して運ばれていきます。

分泌作用…脂肪の消化・吸収を助ける胆汁を腸内に分泌します。

貯蔵…エネルギー源をグリコーゲンという形で蓄え、体内で糖が不足した際にグリコーゲンをブドウ糖に変換して血糖値を一定に保ちます。

血液循環…古い血液を新しい血液に変換したり、胆汁の原料として排出したり、余分な血液は貯蔵します。

解毒作用…体内に入った・作られたアンモニアなどの有害物質を分解して無毒化します。

肝臓は、沈黙の臓器と言われるように80%以上のダメージが無いと、自己症状がありません。
何か症状が出た時には既に手遅れという状態になってしまっている事もあるほどです。

犬が肝臓病になる原因

肝臓病で一番多い原因とされているのが「毎日の食事」です。

犬が口から取り入れた全ての栄養素が、いったん肝臓を通って、体が利用できる形に再合成されて再び体の中へ送り込まれます。

その際に、添加物いっぱいのドッグフードや嗜好性向上のための高脂肪ドッグフードばかりを与えていると、肝臓に負担がかかります。

肝臓でのアンモニアの解毒が出来なくなると、体内にアンモニアが溜まってしまい、脳へと蓄積されると脳障害の「肝性脳症」を引き起こします。

出来るだけ肝臓に負担がかからないように、毎日の食事は消化しやすく添加物などの無駄なものが一切入っていない、手作り食が一番望ましいと言われています。

手作り食となると、犬の栄養学を一から学んだ方でも毎日作るのはとても大変!

そこでおすすめしたいフード「モグワン」ドックフードです。

肝臓疾患の犬に嬉しい!添加物不使用のモグワン

添加物不使用のドッグフードは、お家で手作りご飯を目指さない限りは無理だと言っても過言ではありません。

今回紹介する「モグワン」というペットフードは、新鮮な状態を保つために製造工場から直接あなたのお家に届くため、余分な添加物は全く入っていません。

流通コストやお届けまでの時間を徹底的に取り除く工夫をしているからこそ、犬の体に不必要な添加物が入っていないのです

老犬や肝臓疾患の犬にモグワンをオススメする3つの理由

高品質なたんぱく質を使用

ドッグフードのモグワンに使用されているたんぱく質は全て高品質な動物性たんぱく質です。

原材料を見てみると、チキン&サーモン53%を使用し、チキンは新鮮な生肉を贅沢に使っています。

イギリス産の平飼いで育てられたチキンは、脂質が低く上質なたんぱく源となるため、消化吸収が衰えた老犬に最適です。

サーモンは、良質な産地として世界的に知られるスコットランド産だわん!

サーモンには、酸化を防ぐ働きがある還元作用の強いアスタキサンチンという成分が含まれていたり、健康を維持するDHA・EPAが含まれているので、老犬にとって嬉しい成分です。

良質なたんぱく質は、消化・吸収に負担がかからないうえに、体の中に余分な廃棄物が最低限で済みます。

そのため、廃棄物を処理する臓器である肝臓にも負担がかかりにくくなります。

必要以上に肝臓を動かさなくても良いので、肝臓疾患がある犬にも優しい配慮がされたフードになります。

添加物不使用

添加物というのは、手元に届くまでに品質を保つための「保存料」や、ドッグフードをカラフルにみせる「着色料」などがあげられます。

特に安く仕上げるために粗悪な原材料を使用すると、保存状態を長持ちさせなければならないために大量の保存料を使用する事になります。

モグワンのドッグフードは、できる限り自然に近い食材だけを厳選して使う事にこだわっています。

保存料には自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)を使用しています。

素材そのものの色や味を大切にしているために、人工調味料や着色料は一切使用していません。

犬とって不必要な材料は全て取り払って作られているのが嬉しいですね。

添加物は、消化吸収能力や解毒作用が劣っている老犬や肝臓疾患の犬にとっては寿命を縮める以外の何物でもありません。

素材にこだわっている

モグワンに使用されている素材は、全てヒューマングレードです。

ヒューマングレードとは、人間が食べれるレベルの食材を使ったフードのこと

ホームセンターなどで安売りされているドッグフードは、人間には使用できないくず肉などを利用して、製造者にとって手に入れやすい安いたんぱく質を配合していたりします。

くず肉の臭いや保存状態を保つために、犬に必要とない香料や酸化防止剤などを入れたりしています。

飼い主であるあなたが賢い選択をしなくてはいけないという事を、学んで欲しいと思います。

モグワンが目指しているのは、お家で丁寧に手作りをしたご飯です。

愛犬にこんなご飯を作ってあげたいという飼い主の思いを詰め込んであるので、無駄なものは入っていません。

モグワンドッグフードの気になる口コミは

モグワンを試してみたいと思っている方は口コミが気になりますよね。

実際に購入した方の口コミを見ると 「食いつき」の評価が高いのが嬉しいポイントです。

毎日のご飯をモグワンに変えるとこんなメリットが

体に負担がかからない消化吸収で、毎日の生活にハリがでる
添加物なしで臓器に優しい
良質なたんぱく質でつやつや被毛の手助けに
フードジプシーに陥らない、圧倒的な食いつき
穀物不使用で、小麦アレルギーにも対応
小粒サイズで老犬に最適
健康的な毎日を過ごせる
大切な愛犬に健康な食事をあげている安心感
このような嬉しいメリットがたくさんあります。

気になるお値段

内容量 価格 送料 対象年齢
1.8kg 3,960円
※定期購入すると
3,564円
10,000円以上の
購入で無料
全ライフ
ステージ用

初回から定期購入するとお安く購入でき、最大で20%オフになります(!)
詳しくは下記の画像をクリックしてください。

さいごに

老犬になるのは、どんな犬でも同じです。

病気になってしまったのなら、病気を嘆くのではなく、今できる事をしてあげましょう。

添加物を使用しない、動物性の良質なたんぱく質を多く含む安心・安全のモグワンなら、老犬になるスピードや病気の進行を遅らせる事が出来るかもしれません。

毎日のご飯を選ぶことができるのは、飼い主のあなた以外にはいないのです。

食べ物を変えるという、本当に基本的で簡単な事だけで、愛犬と一緒にいる今後の時間が長くなるのは素敵ですよね。

ドッグフードの「モグワン」ぜひ試してみて下さい。

本当に犬猫の身体に良いの?プレミアムフードのまとめ

2017.01.12

実はそのドックフード添加物だらけかも?!正しい選び方

2016.05.17

この記事が気に入ったらシェアしよう!