2017おすすめの犬用キャリーバック・リュック14選

スポンサーリンク

愛犬とお出かけするにはキャリーバックは必須です。最近では、キャリーケージ、コンテナ、カート、リュックなど様々な形態の商品が販売されるようになってきました。
そこで、私たちは安心・安全で愛犬も心地よく居られるものを選ぶ必要が出てきました。最近の売れ筋商品を調査しまとめてみましたので、参考にして頂ければと思います!

 

組み立て・折りたたみらくらくキャリー

飛び出し防止のベルトが付いているので、愛犬のリードに固定して安全に移動が可能なデザインになっています。内側に底板が付いているので安定感があり、肩紐の長さも調節可能と機能性抜群の商品です。 メッシュ素材で通気性もあります。

 

お出かけ便利 2WAY キャリー

蓋や側面はメッシュ素材で通気性もあり、飛び出し防止のリードに付けるフックも付いているので安全です。外出用小物を収納する便利ポケットも付いているので、移動も楽々。

 

軽くて丈夫なハードキャリー

車や飛行機での移動にも使用できるIATA(国際貨物輸送協会)の基準をクリアした機能的なキャリーです。左右両方から開けられる両開きドア、ハンドルロック構造などの多機能構造仕様です。

 

Amazonオリジナルドッグキャリー

2重のシートベルトと2つの取っ手、調整可能な肩ストラップが付いているので、安定的かつ安全に移動出来ます。扉はフロントと上部にあり、愛犬を入れるのも楽々。4側面全てがメッシュのため、十分な空気循環も可能に。

 

お洒落軽量犬用キャリー

飛び出し防止ベルト付きで安全なキャリーバッグです。
手で持つスタイルと肩にかけるスタイル双方に対応したベルト付きなので、多様な場面で活躍してくれます。

 

クレート型キャリー

3つのドアが愛犬を守るくありークレートです。天面ドアは、顔を出したり、抱えて出し入れできます。正面メッシュドアは、愛犬が出入りする入口やのぞき窓に。側面メッシュドアは、風の通り道に。
本体カバーは丈夫なナイロン製なので丸洗いもOK。汚れがふき取りやすいよう内側は撥水加工されています。

 

クッション付き多収納キャリー

フリース素材のマットが付いています。組み立て、折りたたみが簡単で、折りたたみ時には、幅約50×奥行約8×高さ約38にまで小さくなります。
また、ショルダーバックとトートバックの2Wayで使用でき、用途に合わせて使い分けも可能。シ外側にペットシーツなどを収納できる便利なポケットが付いているのも飼い主に優しい仕様になっています。

 

4way仕様(リュック/車のシート/キャリー/手持ち)キャリー

「キャリー」「リュック」「手持ち」「車のシートに固定」と4通りの使い方ができます。
キャリーバーは丈夫で軽いアルミ製、両サイドには小物を入れるのに便利なポケット付き、飛び出し防止機能付きなど、高性能モデルです。

 

バックパック型ひろびろキャリー

超軽量設計の3WAYキャリーバッグ。バックパックキャリーの重量はわずか1.2kg。女性でもお子様でも軽々と持ち運びできる超軽量設計。猫や小型犬を入れても十分その軽さは体感できます。

長時間の移動や、手荷物がある場合はリュックベルト兼ショルダーベルトが移動時の力になってくれます!本体のサイド部分は一方のみフルオープン可能。出入りも楽々で、通院にも最適です。
小型犬や猫には狭すぎず、広すぎず丁度いいサイズです。底にはしっかりとした中敷マットが取り付け可能で、裏面にはズレ防止のマジックテープが取り付いています。しっかり固定できるので、ペットも安心して移動が可能です。

 

スポーティ-な3WAYキャリー

内側に飛び出し防止のベルトが付いており、リュック・ショルダー・手提げの3通りの使い方ができます!
ポケットとサイドポケットも付いているのでかさばる小物も収納可能です。

 

Aursen 4wayペット用キャリー

キャスター&ハンドル付きキャリーです。「キャリー」・「リュッシュ」・「手持ち」「車用ケージ」の4Way仕様。
車のシートベルトに固定することができるので、ドライブ中に安心して運転できるのは嬉しいですね。
両サイドは小物を入れるのに便利なポケットも付いていて、出入り口は上下2箇所に分かれているので用途によって4通りの使い方ができます。

 

安全・安心の高機能ハードキャリー

上下連結バックルに誤作動予防のストッパーボタンが付いているほか、扉部分にはロックフリー、ハーフロックが選べる二段ロックシステムを採用している、究極に安全性を追求したキャリーバックです。

 

クラシカルキャリー

籐素材のキャリーバッグです。見た目もお洒落で、お出かけするには最適。もちろん、見た目だけではなく機能もしっかりしています。
前面に格子状の窓があり、大きく開閉できますし、耐久性も通気性もプラスチックやポリエステル以上です。

 

最新型宇宙船カプセルキャリー

2016年に新新発の商品です。これまでのキャリーやリュックでは、メッシュ素材かそのまま開けておくかだけしか選択できませんでしたが、なんとこちらには「窓」も設置可能な仕様になっています。
リュックで歩くとき、後ろが振り返ることができず、愛犬が落ちないか心配・・・という悩みも解消される最新型キャリー。皮革とポリエステルでできており丈夫なので、お値段以上です。

まとめ

キャリーって出かける場所や目的によって必要な機能が異なってきます。それをカバーできるように、最近では何通りもの使い方ができる仕様のものが多々売られています。
安心安全に、そして何より、愛犬が快適に過ごせるキャリーを見つけてくださいね。

犬に生肉をおすすめする理由と栄養素について

2016.03.23

犬用おすすめオーガニックシャンプー【皮膚病・アトピー・ダニノミ】

2016.02.16

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!